zero tolerance

皆無包容


「tolerance」とは、包容や寛容、度量、雅量という意味があり、世界の平和などといったことに一切耳を傾けず、エゴイスティックに金儲けばかりを考えている企業や個人などを形容する言葉。本来、インターネットはデータを共有し、不足した知識をお互いに補い合うツールとして発達したにも係わらず、zero tolerance企業が一部の技術やマーケットを独占する一人勝ち、早い者勝ち現象を起こし、中には著作権というもっともらしい名目で若いクリエイターの活力を削ぎ、さらには政治団体を設立して政治の力で法律まで自分に有利なように改訂するなど、あらゆる手法でインターネット長者、巨大企業になろうとする現象が起こり、同時にハッカーやクラッカーがzero tolerance企業や個人などを攻撃できる環境も整ってきていることから、インターネットの世界は混沌とした状態になり始めている。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2002年12月9日に公開した、新しいマーケットにおける税金のある方について資料レポート「New Markets Tax Credit: Status of Implementation and Issues Related to GAO's Mandated Reports. GAO-03-223R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-223R)で知ることができる。