X世代

Gen X>>generation X

ジェネレーションX

ほどほどの人生で満足する米国の20代から30代にかけての世代。非懐古的、非感傷的な世代の代名詞にも使われ、理解できない、定義づけしにくい連中ということから、このように呼ばれている。
米国社会を引っ張ってきたベビー・ブーム世代からは、無気力で怠け者、ぶつぶつ文句ばかりを言う、経済的に自立できないと嘆かれている。しかし、X世代はコンピュータとネットワークを自在に使いこなせる最初の世代でもある。最近はFOX-TVのドラマ「メルローズ・プレイス(Melrose Place)」やクライスラーのMeronなど、X世代をターゲットにした番組や商品が大ヒットするようになり、X世代を代表する作家クープランドやリンクレイター(Richard Linklater/1962〜)監督の作品と証言、ベビー・ブーマーからの反論、X世代をテーマにしたパソコン通信のやり取りなどを収録したZ世代読本としてダグラス・ラシュコフが「ジェンXリーダー」を編集し、話題になっている。日経新聞ではNIKKEI-Xトレンド情報をインターネットで提供している。ドイツでは16-26歳の若者を「ヌル・ボック世代(Nullbockgeneration/無気力世代)」という。米国のPIP(Pew Internet & American Life)がベビーブームとインターネットの関係を調査し、2002年11月14日に公開した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/releases/release.asp?id=53)で知ることができる。
Nielsen//NetRatingsは2003年7月29日に、ブロードバンド環境が半数を超えて迎える初めての夏休みということで、子供たちのインターネット利用動向にどのような傾向が見られるかを調査し、50代以上の高年齢層とともに、小学生以下(2〜12歳)のインターネット利用の伸びが目立つことを発表した。詳細情報はURL(http://www.netratings.co.jp/)で知ることができる。
ニューヨークのハーレムに住む10代の少年達がレポートし、記事を書いて発行しているWebマガジン「HarlemLiv」について、Columbia Daily Spectatorがレポートし、2003年11月9日に「Harlem teens tell stories online」として紹介し多。詳細情報はURL(http://www.columbiaspectator.com/vnews/display.v/ART/2003/11/07/3fab685c07a3a)でまた「HarlemLiv」についてはURL(http://www.harlemlive.org/)知ることができる。
米国のKaiser Family Foundationは2005年3月9日に、1999年からの子供(8歳〜18歳)とメディアに関する調査研究レポートを公開し、子供はコンピュータやテレビゲームを含んだニューメディアと、多くの時間を過ごし、1999年と比較すると1日あたり7時間29分から8時間33分へと1時間以上増え、テレビを見る時間を削っていないことも判明したと報告した。詳細情報はURL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia030905nr.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/7250.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/7251.cfm)で知ることができる。
ロイターは2007年12月28日に、Deloitte&Toucheからの「米国のメディア民主主義(State of Media Democracy)」というニューメディア調査の第2版からの情報として、米国の消費者38%はオンラインでTVを見ていて、36%は携帯電話をエンターテインメント・デバイスとしてTVを見ていた。また、48%はWebで音楽、ビデオ、ブログのようなオンライン・コンテンツを作っていた。と報告した。
Deloitte&Toucheからの「米国のメディア民主主義(State of Media Democracy)」というニューメディア調査の第1版が公開された8ヶ月前には、24%は携帯電話をエンターテインメント・デバイスとしてTVを見ていたことから、50%上昇したと報告している。
13歳から24歳のmillennialsと呼ばれる世代の消費者は、62%が携帯電話をエンターテインメント・デバイスとしてTVを見ていた。
それは、2007年2月23日〜3月6日の間に行われた前の調査で46%であった。
25歳から41歳のジェネレーションXと呼ばれる消費者では、第1版の29%から47%に上昇している。
さらに消費者全体の20%は、毎日かほとんど毎日携帯電話で、ビデオ・コンテンツを見ていたと報告している。
もう、完全に、家庭のリビングに人が集まらなくなっている。
この数ヶ月で、米国の家庭は変わってしまったと驚いている。
これだけ短期間で、生活環境が急変しても人間は順応できるようです。
とんでもないことですね!
新しい未知の病気が見つかっても不思議ではない!
この期間がちょうどiPhoneの発売した時期に重なっていることもあり、大きく関係しているのかもしれない。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/domesticNews/idUSN2844258220071228)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8344)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8261)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月28日版最新レポート紹介で、Harris Interactiveによる「世代間の違いレポート」を紹介し、「Y世代(Generation Y/13-31歳)」は最も放縦で、「X世代(Generation X/32-43歳)」は最も革新的で、「ベビーブーマー(Boomers/44-62歳)」はもっとも生産的で、「沈黙の世代(Silent Generation/63-83歳)」と「最も大きい世代(Greatest Generation/84歳以上)」を最も賞賛している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/demographics/widely-held-attitudes-about-various-generations-studied-5813/)または、URL(http://www.harrisinteractive.com/news/allnewsbydate.asp?NewsID=1328)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10818)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年9月15日版最新レポート紹介で、The Parenting GroupとNewMediaMetricsによる「X世代とY世代のママのインターネットの使い方レポート」を紹介した。
X世代とY世代のママは、インターネットの使い方が異なっていたと報告した。
ツールを絶対に必要なもので持っているとき、X世代とY世代のママの両方が子育て情報を理解するためにインターネットを見るが、オンラインの行動と好みで重要な世代の違いがあった。
Y世代のママのためにインターネット共同体は、ブログなどのようなオンラインの他にママを接続するメディアに付けられ、ビデオ共有しているサイトに情報を得て、当てにするのを好み、彼らを助ける専門家よりむしろ同輩が親代わりとなる示した。
Y世代のメンバーであるママは、また、それら自身のコンテンツを作成するのに非常にかかわって、オンラインでテレビを見るのなど、タイム・シフト行動の優先を示した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/gen-x-and-gen-y-moms-use-internet-differently-6006/)または、URL(http://www.parenting.com/pdf/mommatters.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11001)で知ることができる。
2008年9月16日にCenter for Media Researchは、Parenting.comを訪問したママを調査したNewMediaMetricsによって行われた最近の研究結果を紹介し、X世代とY世代のママでデジタル活動に著しい違いがあったと報告した。
Y世代のママは、オンライン共同体、ブログ、ビデオ共有サイトなど、メディアにはるかに多くコンタクトを取り、X世代のママは、オンラインで買い物をするようなタスク指向の活動でWebをより受け入れ、写真をアップロードしていた。
研究調査は、マーケターがオンラインでママの次の新しい世代を狙う方法でシフト・インを意味するかもしれないと結論を下した。
Parenting.comを訪問したママのこの調査では、X世代とY世代のママの両方がオンラインでおかあさんの関連の問題を探る目的を共有し、Y世代のママは、直接他のママに接できるインタラクティブ・ツールを多く使用する傾向があった。
調査結果は、Y世代のママが、オンライン・プロフィール、ブログのコンテンツを作成し、所有して、他のママに、テキスト・メッセージ、写真、ビデオ、オンライン共同体とコンタクトして、インタラクティブ・デジタル・ツールを利用して活動をしていたことを示した。
自分を表現する。また、彼らが親を通した自分達の旅行にナビゲートするのを助けるために、より若いY世代のママの中で、一般的な経験に依存する傾向を明らかにした。
携帯電話で写真を撮るか、送る
総読者に対するX世代のママ:106
総読者に対するY世代のママ:127
携帯電話でテキストメッセージを送る
総読者に対するX世代のママ:91
総読者に対するY世代のママ:132
オンライン・プロフィールを維持
総読者に対するX世代のママ:78
総読者に対するY世代のママ:148
自分のブログがある
総読者に対するX世代のママ:71
総読者に対するY世代のママ:149
オンラインでテレビ番組を見る
総読者に対するX世代のママ:110
総読者に対するY世代のママ:151
自身のビデオを作成するか、または共有する
総読者に対するX世代のママ:96
総読者に対するY世代のママ:154
ママのオンライン共同体に参加
総読者に対するX世代のママ:105
総読者に対するY世代のママ:156
総読者に対するX世代のママ:86
総読者に対するY世代のママ:160
Source: NewMediaMetrics, August 2008
X世代のママは、オンライン技術を非常に異なって使用した。
オンラインショッピングなどで製品を研究調査し、見直して、写真をまとめるなど、より仕事を課す指向の活動に従事している傾向があった。
これがデジタル・ツールの使用のこととなると、彼らが比較でどうY世代のママが行動するかで、重要な世代交代を例証した。
オンラインで買い物
総読者に対するX世代のママ:124
総読者に対するY世代のママ:105
オンラインで製品を評価、または見直
総読者に対するX世代のママ:127
総読者に対するY世代のママ:125
オンライン写真サイトの使用
総読者に対するX世代のママ:129
総読者に対するY世代のママ:116
Source: NewMediaMetrics, August 2008
X世代とY世代のママの両方が、両親として自分達の需要を満たすのを助けるのにリソースとして技術を使用した。
しかし、それぞれのグループのメンバーがどう彼らの世界とデジタルにアクセスして、対話するかで明らかな区別がある、とレポートは結論づけた。
さらに、マーケターがそれらのママをターゲットにしてマーケティング戦略を追い立てるのに、これらのユニークな特性を理解して、この知識を使用することは、不可欠だと言っている。詳細情報はURL(http://www.mediapost.com/blogs/research_brief/?p=1794)または、URL(http://www.parenting.com/pdf/mommatters.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11011)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月24日に、VBSI(Viacom Brand Solutions International)による「伝統的な若者定義と現代の若者比較レポート」を報告し、「若者」の伝統的な人口統計の定義は、現代社会で適切ではなくなっていたと報告した。
そして、マーケターは彼らの生活年齢にというよりむしろ、若者文化への彼らの約束と参加に基づく消費者を狙うべきであると報告した。
世界中の人々として、感情的に大人としての責任と滞在の開始を遅らせる必要がある。
そうすれば、より長い間物理的により若く、より年取った人々が若々しい追跡に参加するのは、より許容にできるようになっている。
この傾向を支持するためにマーケターは、しばしば見落とされた25〜34年齢層がユース・マーケットの一部であると考えるべきであると、VBSIは言った。
研究調査には、「現代の若者は現在機能的、そして感情的な円熟の不在と定義されるべきで、子供などのように伝統的な責任を引き受けて、強い自己認識感覚と見解を開発することが遅れ、そして、後で起こるという事実を反映している。」と書かれていた。
すべての25〜34歳の52%は、「多くの成長」がまだあるのに同意し、そして、この感情はアジアで78%、ラテンアメリカで66%の市場で最も高いといっている。詳細情報はURL()または、URL(http://www.marketingcharts.com/topics/asia-pacific/youth-no-longer-defined-by-chronological-age-35-is-new-18-6530/)で知ることができる。