無線ネット中立

Wireless Net Neutrality


コロンビア大学法学部(Columbia University School of Law)のTim Wu教授がWorking Paperとして公開した「Wireless Net Neutrality: Cellular Carterfone and Consumer Choice in Mobile Broadband」で、無線環境で求められる通信帯域の最も良い用途利用方法の俗称。New America Foundationは2007年2月15日に、監視委員はワイヤレス業界と公衆、個人企業間で「Wireless Net Neutrality」に向けて闘争しながら過ごす時間が増加すると報告した。あらゆる点でもモバイル環境無線市場は驚異のままで残り、革新と消費者福祉への影響を理解するために、レポート「Wireless Net Neutrality, Beta 1.1」ではワイヤレス業界の習慣に注目して調査している。30年前にはサイエンス・フィクションであった装置は方針と技術革新の両方のおかげで、現在は広く利用可能になっている。しかし、これから10年間で、大規模経済の達成に向けた携帯電話事業はまだ「幼稚産業(infant industry)」段階といえる。米国には現段階で2億人以上の携帯電話の契約者がいて、US$1000億以上のモバイル収入がある。 産業とプラットホームが熟すとき、ワイヤレス業界は新展開を保証することになる。このレポートは複雑な状況になる。これから10年間で、ワイヤレス業界は、競争価格で無線電信を米国の一般市民に提供することに成功する。また同時に設備とアプリケーション市場で無線通信事業者が消費者の損傷に対して、積極的にプロダクト・デザインと革新を続けることになる。ワイヤードな世界では、それらの方針がいくつかの場合で、単に指導を誤られると考えられ、他の場合で言語道断で、恐らく不法であると考えられることが、
1) ネットワーク・アタッチメント(Network attachments)
2) プロダクトデザインと特徴のクリッピング(Product design and feature clipping)
3) 広帯域サービスの差別化(Discrimatory broadband services)
4) アプリケーションのごまかし(Application stall)
の 4つの領域で起こる可能性を含んでいる。と報告している。詳細情報はURL(http://www.newamerica.net/publications/policy/wireless_net_neutrality)、「Wireless Net Neutrality, Beta 1.1」はURL(http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=962027)でダウンロードできる。またTim Wu教授についてはURL(http://www.timwu.org/)で知ることができる。
Bentonは2008年7月9日に、Jonathan SteinがMother Jonesに書いたレポート「Where is Sen John McCain (R-AZ) on tech policy?(ジョン・マッケインの技術方針は何か?)」を紹介し、ジョン・マッケイン(John McCain/R-AZ)の選挙用Webサイトに、ブロードバンド・アクセス、米国の遅れたインフラ性能、米国政府の官僚制度における技術的能力、または政府の透明性を増加させるインターネットの能力について記述していないと報告した。
マッケインには、技術部門にわずかなファンしかい無いとまで書いている。
彼のキャンペーンWebサイトには、技術に関するセクションがない。
サイトの中で撒かれているのは、科学技術の問題で一握りしか記述がない。
彼は、税金から自由なインターネットを保つと約束しているので、「経済成長と繁栄のこのエンジン」は脅かされないだろう。
「21世紀の情報システムと技術の急速な展開」について提唱し、「国の境界線に対して医師を練習する」ことを許容している。
「ジョン・マッケインは商業化目標と締め切りに間に合うように政府計画から新技術を配備して、より多くの責任を必要とするための過程を能率化するでしょう。」
「研究所から市場までの研究をすばやく移行させて、ジョン・マッケインは急速な技術序論を確実にするでしょう。」
しかし、インターネットが米国の子供に引き起こす危険について言及するとき、マッケインのサイトは最も細かいく説明している。
また、彼のウェブサイトはNetwork Neutrality(ネット中立)に関する声明がない。
もっとも、「パイプを制御するとき、あなたはあなたの投資から利益を得ることができるべきです」と言っているので、彼は、それを反対するように思たと報告している。詳細情報はURL(http://benton.org/node/15059?sourcetracking=newsletter%2FBenton%27s+Headlines%2F15080%2F2008%2F07%2F09&)または、URL(http://www.motherjones.com/washington_dispatch/2008/07/john-mccain-no-technology-policy.html)または、URL(http://www.johnmccain.com/)で知ることができる。
つまり、共和党マッケイン大統領候補は、ハイテクやインターネットなど、今一番注目されている部分が苦手なようである。
それは、日本の偉い政治家も同じで、明確なことが言えるほど、理解しているとは感じられない。
もし、マッケインが次期大統領になると、米国国民のストレスはさらにふくらむことだろう。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10362)で知ることができる。