Wi-Fi税


まだ多くの議員は無視しているが、ブッシュ大統領の予算提案における通信帯域の料金に関して、2006年2月の演説で登場し、米国政府が導入に動き出したと噂になり始めた「Wi-Fi」に課税される税金の総称。Tales from the Sausage Factoryは噂になり始めた米国政府が導入に動き出した「Wi-Fi税」について、それを阻止するために「STOP THE WIFI TAX RUMOR」を公開した。いずれは政府が通信帯域に向けて税金をいろいろ提案するようになると想像され、その一環として「Wi-Fi税」の導入が仕組まれる可能性は高いと報告している。詳細情報はURL(http://www.wetmachine.com//item/426)で知ることができる。デジタルTVへの移行で、テレビで使用されなくなった通信帯域の争奪戦に巻き込まれ、せっかく米国で「Wi-Fi」が急速に広がろうとしている動きを止める可能性まで危惧することになり始めている。米国の下院司法委員会(House Judiciary Committee)は2006年5月25日に、20対13で高速インターネット・ネットワーク・プロバイダが属しないサービス、コンテンツ、およびアプリケーションを差別するのを防ぐ法律「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」を承認したと発表した。詳細情報はURL(http://judiciary.house.gov/media/pdfs/Ifreedomcmtepass52506.pdf)で知ることができる。米国のゴルフ雑誌「Gofl Digest Magazine」が2006年10月に、ゴルフコースのランキングを提供する「Go2」と共同で、モバイルウェブ・アプリケーションを開始し、ゴルフ場の設備、小売、2007年のPGAツアースケジュール、地方の天気予報、コースのアンジュレーションを提供し始めたと報告した。自宅で読むゴルフ雑誌では、ゴルフ場で役立たない!ゴルフ場で、プレイしながらゴルフ情報を読み、コースを知り、アクティブな情報を提供するから役立つ!だから売れるし、読者も増える!当然の流れといえる。詳細情報はURL(http://www.golfdigest.com/)で知ることができる。これでさらに必要になったことは、ゴルフ場にモバイル用アンテナが必要になったと言うことで、できればWi-Fiを構築し、ユーザーに最新ゴルフ情報を提供するゴルフ場の専用テレビ局の登場といえる。とくにゴルフ場が提供する攻め方と、アンジュレーション情報、さらには風向き情報なども、リアルタイムで提供するサービスが必要になる。