World Digital Library plan

WDL plan

世界デジタル図書館計画>>ワールド・デジタル・ライブラリー計画

2004年9月14日に、NSF(National Science Foundation)から「DIGARCH(Digital Archiving and Long-Term Preservation)」として資金提供を受けることが決定し、LoC(米国議会図書館/Library of Congress)が2005年5月4日に提案していた15年間のデジタル図書館計画の一環として2005年11月21日に作ると発表し、稀覯本、原稿、地図、ポスター、スタンプ、およびその他の材料のオンライン収集と他の国立図書館が協力し、何処から、誰でもインターネット・アクセスで自由にアクセスしやすい環境を創設するために運動を起こした、米国が協力し、ユネスコが推進する世界規模のデジタル図書館構築計画の名称。
Washington Postは2005年11月21日に、議会図書館の代表(head of the Library of Congress)のジェームス・H.ビリントン(James H. Billington)は、 人々が最も近いコンピュータ(これはCarthage, Tennessee?ともいえる)より、他の文化に関して居ながらにさらに学ぶことができ、インターネットに芸術的で、歴史的で、文学など、貴重な項目を置き、今までで最も野心的で国際的な活動になると抱負を解説していると報告した。
さらに、この世界デジタル図書館(the World Digital Library)プロジェクトは米国が協力し、ユネスコが推進することになり、全員の経験と他の無料の文化についてより多くを発見するための援助になるかもしれない。また、共有企業を通して彼らの文化の特徴的な要素を回復するのを手伝うことになると報告している。また、Google社がこのプロジェクトに対して、300万の基金を提供することを発表している。詳細情報はURL(http://www.nsf.gov/publications/pub_summ.jsp?ods_key=nsf04592)または、URL(http://www.digitalpreservation.gov/about/pr_050405.html)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/11/21/AR2005112101428.html)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/11/21/AR2005112101234.html)または、URL(http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=technologyNews&storyID=2005-11-22T071313Z_01_RID225748_RTRUKOC_0_US-GOOGLE-WORLD-LIBRARY.xml)または、URL(http://wwwnl.technologyreview.com/t?ctl=FE2A41:2EC8E1F)で知ることができる。
この最後の文は「Google Print」という貴重ですばらしいプロジェクトが、ヨーロッパの反発を受け、世界の文化戦争にもなりかねないことに対し、米国議会図書館が仲裁に入り、フランスに本部がある「ユネスコ(UNESCO)」が中心になって推進すると、方向転換したことになるのかもしれない。若い企業のすばらしいエネルギッシュな活動が、若さの至りで批判を受けていることに対する大人の仲裁として評価されることだろう。
ただし、注意すべきはLibrary of Congressの建築は、設計思想の根底にフリーメイスン(*FreemasonのSolomon神殿)の設計思想が隠されていることといえる。San Francisco Chronicleは2005年11月22日に、北カリフォルニアを教化するタイプのあふれるばかりな技術空想家で、デジタル・グルとの仲介役として知られ、インターネット・アーカイブの創設者Brewster KahleがGolden Gate Clubの演壇に立って、「人々の本を人々に取り戻そう!(Let's get the people's books back to the people!)」と言った報告した。詳細情報はURL(http://sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/c/a/2005/11/22/MNGQ0FSCCT1.DTL&type=tech)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2006年8月18日に、国立公文書・記録管理局(The National Archives and Records Administration)のデジタル・アーカイブ会計年度2006年プラン「Electronic Records Archives: The National Archives and Records Administration's Fiscal Year 2006 Expenditure Plan. GAO-06-906」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-906)で知ることができる。
International Herald Tribuneは2007年10月17日に、LoC(The U.S. Library of Congress/米国議会図書館)が、19世紀のブラジル女帝の写真集から、奴隷の孫息子で101歳の割礼記録まで、全世界の珍しい文化を収集し、デジタル化する壮大な計画を発表したと報告した。米国議会図書館は、パリのユネスコ(UNESCO)で約定書に署名し、継続中の世界デジタル図書館(World Digital Library)プロジェクトはまだテスト段階で、2008年まで公共で利用できるようにならない。
しかし、米国議会図書館による、アブラハム・リンカーンのゲティスバーグの演説を含んだ他の何百万もの歴史的な項目を掲示したオリジナルの広大なアメリカのMemoryプロジェクトがあり、今回の発表は、倣われるベンチャーに協力するためにバランスをとることが目的のようである。
米国議会図書館が米国中心主義で進めると、パリのユネスコ(UNESCO)で約定書に署名した継続中の世界デジタル図書館(World Digital Library )プロジェクトに対し、摩擦が起こりかねない。米国議会図書館館長からのビデオ論評で、世界デジタル図書館(World Digital Library )が7つの言語で探せ、オリジナルの地図、原稿、写真、および録音が収録されると解説している。また世界の利用環境はパソコンから携帯電話まで不揃いであることから、安価なラップトップのいくつかで利用可能になると言っている。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2007/10/17/business/library.php?WT.mc_id=newsalert)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=7549)で知ることができる。
CNet Newsは2008年1月17日に、Flickrが今週、歴史的に重要な写真を何10枚も公開したと報告し、多くの人が、新しい収集にリンクするためにタグ付けをすることで忙しいと報告している。
これは米国議会図書館(Library of Congress)による実験計画の一部で、記録保管所の写真3,115枚の一部で、知性を写真のメタデータにもたらす「群衆の知恵(wisdom of the crowds)」を試すため、公共のタグ付けで利用可能にした。
このプロジェクトはFlickrイニシアチブの「The Commons」として、2008年1月16日水曜日に着手し、開始した。
当分の間は、ライブラリはポピュラーな写真を共有するサイトとして、「カラーの1930年代40-年代」と「1910s.のニュース」という2つの異なった組分けを利用可能にする。
「The Commons」は、文脈を公共団体のアーカイブに披露し、追加するFlickrの試みとして、最初に、議会図書館とその他に、何らかの博物館と市民組織に提供される。
このプロジェクトで、注目に値する1つの局面は、写真には著作権制限がないと言われている新しいFlickr著作権カテゴリで管理されると報告している。詳細情報はURL(http://www.news.com/Flickr-brings-tagging-to-vintage-images/2100-1025_3-6226687.html?tag=cd.top%3Cbr%20/%3E)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8495)または、Flickrの「The Commons」のURL(http://flickr.com/commons)または、米国議会図書館(Library of Congress)のパイロット・プロジェクトについてのURL(http://www.loc.gov/blog/?p=233)または、米国議会図書館8Library of Congress)のPrints and Photographs Web pageのURL(http://www.loc.gov/rr/print/catalog.html)で知ることができる。