WPANs(Public Access WLANs)

PWLAN>>public WLAN>>WLAN hotspots>>hotspots

公衆無線LAN>>デュアル・ホットスポット

ホテル業界や空港、駅などを中心に拡大を始めた、無線LAN規格「IEEE802.11a(5.2GHz/最大36Mbps)」と「Wi-Fi(IEEE802.11b)(2.4GHz/最大11Mbps)」の両規格に対応した、公衆エリアで提供されている無線LANインターネット接続サービスの総称。ホットスポットとも呼ばれ、2001年末時点で2,000軒弱であったWLAN対応ホテル数が、2006年までには4万7,000軒を超えると予測され、ドイツのT-Mobile社やMobilCom社、イギリスのBT、スペインのTelefonica、日本のNTTコミュニケーションズ、J-フォンなど大手通信事業者による公衆無線LAN市場へ参入している。韓国ではHanaro社とKorea Telecoms社が共同でホットスポットを展開し、2002年末までに2万5,000か所のホットス ポットを開設を目標にしている。さらに韓国ではSK Telecomが追従するなど、躍進を続けている。また、スペインではTelefonica社が先行したが、Airtel社も追従するなど業績を伸ばし、世界中からWPANsが注目されるようになっている。米国のTeleAnalytics社は公衆無線LANのマーケットが急速に拡大していることを示す28か国を対象に行なったレポート「Public Access WLANs Worldwide 2002-2006」の抜粋版を2002年4月に公開した。詳細情報はURL(http://www.teleanalytics.com/WPAN.htm)で知ることができる。イギリスも政府がWi-Fiで使用される2.4GHz帯の商業使用に対する規制を撤廃し、BT Groupが2002年6月24日に、ヒースロー空港のヒルトンホテルなど、3つのWPANs(Public Access WLANs)の立ち上げを発表した。2002年8月までに20カ所、2003年6月までに400カ所設置する計画である。ただし、これは規制の関係から世界では後発参入となった。詳細情報はURL(http://www.groupbt.com/mediacentre/index.htm)で知ることができる。神戸メリケンパークオリエンタルホテルは2002年7月15日から、IEEE 802.11bに準拠した無線LANを利用して、最大11Mbpsの無料インターネット接続を6階〜13階の全客室、4階の大宴会場、3階のロビーとロビーラウンジで提供するサービスを開始した。また、宿泊客には有料で無線LANカードやパソコンも貸し出すことを2002年7月8日に発表した。詳細情報はURL(http://www.meriken-oh.co.jp/news.html)で知ることができる。東京都総務局IT推進室は2002年8月1日から、無線LANを活用したインターネット接続を公共施設で提供するホットスポット実験を3ヶ月の予定で実施することを発表した。実験場所と実験にに参加する企業は、東京都庁第一本庁舎1階及び2階(担当企業:松下ネットワークオペレーションズ/理経)、東京都庁第二本庁舎1階及び2階(担当企業:京セラ)、東京都庁第一本庁舎3階都民情報ルーム(担当企業:アイ・ティーテレコム&イー・アクセス)、東京都庁第一本庁舎南展望室(担当企業:NEC/NECシステム建設)、東京都庁第一本庁舎北展望室(担当企業:日本テレコム)、都民広場地下 旅券の窓口(担当企業:理経)、都立中央図書館(担当企業:アイ・ティーテレコム&イー・アクセス/NTTコミュニケーションズ)、東京ビッグサイト(担当企業:NTT東日本&ISP企業各社/朝日ネット/NTT-ME/NTTPCコミュニケーションズ/ニフティ/NEC/ぷららネットワークス/松下電器産業)、東京国際フォーラム(担当企業:NTT東日本&ISP企業各社(東京ビッグサイトと同様)/モバイルインターネットサービス、都営地下鉄大江戸線 新宿西口駅(担当企業:NTTコミュニケーションズ)ということである。詳細情報はURL(http://www.taims.metro.tokyo.jp/soumu/musen.nsf/)で知ることができる。第一生命保険は2002年7月26日に、晴海アイランドトリトンスクエア2階で、WPANsに対応したホットスポット付きお客様来社型店舗として、ロビースペース「Communication Plaza X HARERU」を2002年7月29日に開設すると発表した。詳細情報はURL(http://www.dai-ichi-life.co.jp/)で知ることができる。大手コーヒーショップチェーンのStarbucks Coffeeが2002年8月21日に、T-MobileのWi-Fi(WLAN/IEEE802.11b)サービスを拡張利用し、欧米で1200店舗でHP/Compaq製品をコーヒーブレイク中の顧客に提供するホットスポット・サービスを展開し、2002年内には2000店舗まで拡大する最大規模のサイバー・カフェ・チェーンへと変貌させることを発表した。詳細情報はURL(http://www.starbucks.com/aboutus/pressdesc.asp?id=262)または、URL(http://www.starbucks.com/hotspot/)で知ることができる。Wireless Developer Networkは2002年8月27日に、ニュージーランドのRoamAD社が、IEEEの802.11b規格と互換性を持ちながらわずかな数のアクセスポイントで都市全体をカバーできるような無線LANネットワークを実地テスト中であることを報道した。詳細情報はURL(http://www.wirelessdevnet.com/news/newsitem.phtml?newsitemid=4647&channel=wireless)で知ることができる。日立製作所中央研究所は、次世代のメトロ系(都市間)光ネットワークに向けとして、世界で初めて2kmのエラーフリー伝送を達成した40Gbps動作の光変調器の開発に成功したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2002/0918b/index.html)で知ることができる。空港、ホテル、カフェ、コンベンション・センターなどで「WPANs」を提供している米国のBoingo Wirelessは2002年11月14日に、「プロファイル・マネジャ」機能を使って、さまざまな無線LANネットワークの設定を保存して、PDAから802.11bネットワークに簡単に接続できるソフト「Pocket Boingo」を発表した。 詳細情報はURL(http://www.boingo.com/pr/pr24.html)で知ることができる。ガートナージャパンのデータクエスト部門は2002年11月17日、公衆無線LANサービスの予測として、2002年で15万7,000ユーザーが見込まれる公衆無線LANサービスの利用者数は、2002年で4万ユーザー強と小さな値に留まり、2004年でもその数は90万6,000程度と予測し、2004年以降無料サービスの利用に弾みがついて、2005年以降無料サービスに加え有料サービスも利用するユーザーの数も急増し、2006年には424万4,000ユーザーまで拡大すると発表した。詳細情報はURL(http://www.gartner.co.jp/press/pr20021107-01.html)で知ることができる。理経は2002年11月21日に、新宿西口エリアの新宿アイランドタワー、新宿野村ビル、新宿ワシントンホテル、センチュリーハイアット東京ホテルにアクセスポイントを設置し、公衆無線LANサービス「BizPortal」を2002年11月26日から開始すると発表した。ワンタイムカードとクレジットカードがあり、それぞれ500円(1日券)、1000円(7日券)ということである。詳細情報はURL(http://www.rikei.co.jp/jp/news/news.php3?id=185)または、URL(http://www.bizportal.jp/jp/)で知ることができる。インターネット上には、米国でWi-Fiが利用できる場所案内情報サイト「directory of wi-fi access points」が登場した。詳細情報はURL(http://www.80211hotspots.com/)で知ることができる。ベル・カナダ(Bell Canada)は2002年12月10日に、「AccessZone(Zone d'acces)」と英語とフランス語で表示した公衆電話を利用して、通行人にワイヤレス・インターネット接続を容易に提供できるサービスを実験的に16カ所設置することを発表した。詳細情報はURL(http://www.bell.ca/accesszone)または、URL(http://www.bell.ca/en/about/press/release/2002/pr_20021210.asp)または、URL(http://www.bce.ca/en/news/releases/bc/2002/12/10/69602.html)または、URL(http://www.bce.ca/fr/news/releases/bc/2002/12/10/69604.html)で知ることができる。Europemedia.netの2003年1月14日の報道によれば、オーストリアのWIP(Wireless Internet Provider/ワイヤレス・インターネット・プロバイダ)Metronetはホテル、カフェ、駅、空港など136のホットスポットを提供し、ニューヨークの115、サンフランシスコの102を抜いてウィーンが世界最大のワイヤレス・シティであると発表した。さらに世界でもっとも多くホットスポットを提供しているのは米国でStarbucksのホットスポット環境を1,950カ所で提供しているドイツのT-Mobileの2,006カ所で、タクシーのホットスポットを提供しているWayportが475カ所(空港でも10カ所提供)、スウェーデンのSwedish Telia Homerunはスウェーデン、ノルウェー、フィンランドでホットスポットを481カ所で提供していると言うことである。詳細情報はURL(http://www.europemedia.net/shownews.asp?ArticleID=14449)で知ることができる。米国のIntel社とMcDonald's社は2003年3月11日に、ニューヨークのマンハッタンにある10店舗のMcDonald'sで、ホットスポット・サービスを開始したと発表した。McDonald's社は今後、米国のニューヨーク、シカゴ、カリフォルニアの主要市場の店舗で、2003年終わりまでに数100のホットスポットを設置する計画である。詳細情報はURL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20030311corp_b.htm)または、URL(http://www.mcdwireless.com/)で知ることができる。数1000の島で成り立っているインドネシアでは、全ての村を電話回線で結ぶことが不可能であったことから、Dr. Onno PurboがIMF(International Monetary Fund)の資金を活用し、無線LANを利用したpublic Wi-Fi networks(WPANs/Public Access WLANs))でVoIP(Voice-Over-IP) Merdeka (Liberated VoIP)を立ち上げ、インターネットを利用して低価格で音声通話ができる環境を構築していると、「Australia.internet.com」が2003年3月17日に報道した。詳細情報はURL(http://australia.internet.com/r/article/jsp/sid/12883)または、URL(http://voipmerdeka.net/)で知ることができる。Wall Street Journalは2003年4月23日に、2001年と比較すると、2002年はWi-Fiデバイスが680万になり、160%の伸びで、2005年には世界で118,000のホットスポットが普及すると予測し、この無線LAN技術がステレオやテレビにも波及しはじめていると報道した。Cellular-Newsは2003年4月24日に、2002年と2003年第1四半期のホットスポットの伸び調査を報告し、20カ国以上で40以上の大きなプロジェクトが始まり、ブームを起こし、2002年に14,242カ所であったのが2007年には135,000カ所と5年間で10倍に成長すると予測した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/8741.shtml)で知ることができる。米国の地域電話会社最大手のベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications)社は2003年5月13日に、ニューヨーク市内で150カ所のWi-Fi無線LANアクセスポイントを設置し、近く1000カ所にすると発表した。詳細情報はURL(http://newscenter.verizon.com/proactive/newsroom/release.vtml?id=80218&PROACTIVE_ID=cecfc7cecbcdcecfcfc5cecfcfcfc5cececfcfc6c8c9c9cfc7c5cf)または、Verizon Communications社が設置したWi-Fi無線LANアクセスポイントの情報があるURL(http://www.verizon.net/wifi)で知ることができる。フランスのパリではFrance Telwcomとパリの地下鉄を運営する公団Mairie de Paris、市内交通を担うパリ市交通公団(RATP)が、米国のCisco Systems社の技術を利用して、カフェと街のワイヤレス・インターネットを融合し、パリの街中のどこでもワイヤレス・インターネット接続が可能になる環境を構築するプロジェクト「PARVI(Paris Ville Numerique)」を実現するため、市内を南北に結ぶバス路線沿いの10ヵ所余りの地下鉄の駅の外側にアンテナが設置し、2003年5月21日〜23日にテストを開始するとフランスのMacPlusが2003年5月18日に報道した。試行実験はWIXOS(Wi-Fi eXtensible aux Opirateurs de Services)という名称が付けている。詳細情報はURL(http://www.macplus.org/magplus/article.php?id_article=3897)または、URL(http://newsroom.cisco.com/dlls/prod_052603.html)で知ることができる。このプロジェクトは、バックミンスター・フラー(R.Buckminster Fuller)が1965年に発表したニューヨークの中心街を透明なドームで被うプロジェクト「Tetra City」のワイヤレス版ともいえる。The Buckminster Fuller Institute(フラー研究所)についてはURL(http://www.bfi.org/)で知ることができる。Cellular-Newsは2003年5月23日に、エリクソン(Ericsson)社がSIMカードを採用したGSM携帯電話を使って、WPANsへアクセスするデモ実験に成功したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/8927.shtml)で知ることができる。ホットスポットやWi-Fi、ドット・イレブン革命、デジタル・サテライト・ラジオ放送、スターバックス・エクスプレス、WPA(Wi-Fi Protected Access)、WPANs(Public Access WLANs)など、イレブン革命とも呼ばれているが、無線LANの環境は目に見えない。アクセスするまで存在が判らないことから、米国のWiFisense社は、パソコンがなくても単体で無線LANを検出し、無線LANの有無、パスワードの要・不要、電波の強さ、などを知ることができるウェアラブル機器を開発している。詳細情報はURL(http://www.wifisense.com/)で知ることができる。世界中でホットスポットが話題になっているが、米国の調査会社Forrester社は2003年6月19日に、ヨーロッパで2008年に2億86万のBluetoothを搭載した携帯電話やラップトップ、PDAが登場し、5300万人がWLANデバイスを持つことになるが、ホットスポット利用者が770万人に成長するが、携帯電話利用者には足下にも及ばないことから、ホットスポット・バブルは崩壊すると予測した調査報告書「Public WLAN Hotspots Will Be The Next Dot-Com Crash」を発表した。詳細情報はURL(http://www.forrester.com/ER/Press/Release/0,1769,806,00.html)で知ることができる。デジタル雑誌を提供しているデジタル雑誌プロバイダ「Zinio」は、Wi-Fiやホットスポットの情報を提供している雑誌「Wayport」も提供している。詳細情報はURL(http://www.wayport.com/)または、URL(http://www.zinio.com/)で知ることができる。URL(http://www.forrester.com/ER/Press/Release/0,1769,806,00.html)で知ることができる。イギリスのロンドンをにある調査会社BroadGroupは2003年7月25日に、ヨーロッパにおけるWLANの最新情報レポートを発表し、2003年末には45%の地域でWLANが実現すると予測した。詳細情報はURL(http://www.broad-group.com/reports/wirelesshotspots.asp)で知ることができる。McDonald社は2003年7月29日に、ニューヨーク都市圏の75店舗で、高速無線インターネット接続サービスを試験提供する計画を発表した。詳細情報はURL(http://crainsny.com/news.cms?newsId=6161)で知ることができる。FCC(Federal Communications Commission/米国連邦取引委員会)は2003年8月4日に、2003年8月5日からTwelfth Street, Courtyardと445 12th St. SWにあるワシントン本部の8階で、IEEE802.11aとIEEE802.11bプロトコルを利用した無料のホットスポット・サービスを開始したことを発表した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-237306A1.pdf)で知ることができる。MVN(Mobile Virtual Network)を米国で提供しているPadcom社は2003年8月6日に、フリーモント市警察(Fremont Police)で、CDPD(Cellular Digital Packet Data)からGPRSに接続し、TotalRoamというソフトを使いはじめたと報告したことを報道した。フリーモントの警察では、802.11b WLANを採用したホットスポットも活用しているということである。詳細情報はURL(http://www.padcomusa.com/releases/fremont-first.html)で知ることができる。また、Wi-Fiがどこで利用できるか国別、州別、市町村別、ネットワーク名などを指定すると検索できるサイト「Wi-Fi411」も登場した。詳細情報はURL(http://www.wifi411.com/)で知ることができる。フランスのAdael Wireless社は2003年9月9日に、パリの老舗高級レストラン「La Coupole」が、レストラン、会議室、ナイトクラブでWi-Fiサービスを開始すると発表した。 詳細情報はURL(http://www.adael.net/rp/LA-COUPOLE.pdf)で知ることができる。米国のDisruptive Analysisは2003年9月25日に、2006年にはPDAやラップトップ、携帯電話など、マルチモードの無線デバイスを世界で2500万人がマルチチャンネル高速WLANを利用していると予測したレポート「WLAN & Cellular Communications Due to Converge - 25m Hybrid Devices by 2006, According to Disruptive Analysis」を公開した。詳細情報はURL(http://www.disruptive-analysis.com/multimode_release_25_sep_2003.htm)または、URL(http://www.disruptive-analysis.com/multimode_mobility.htm)で知ることができる。Wi-Fi Allianceは2003年10月1日に、Wi-Fi ZONEプログラムを採用しているパブリック・アクセス・サービス・ロケーションが約50か国6,000か所に達したと発表した。詳細情報はURL(http://www.wi-fi.org/OpenSection/ReleaseDisplay.asp?TID=4&ItemID=158&StrYear=2003&strmonth=10)で知ることができる。NTT-MEとNTT東日本東京支店は2003年12月4日に、羽田空港「ビッグバード」で大規模公衆無線LANシステムを構築し、NTT-MEの「ネオモバイル」のプラットフォームを利用したした公衆無線LANインターネット接続サービスを2003年12月8日から開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.ntt-me.co.jp/news/news2003/nws031204.htm)で知ることができる。CNNmoneyは2004年1月7日に、イギリスのマクドナルド(McDonald's)が560店舗以上でホットスポット・サービスを開始し、イギリスの無線環境の鍵になると報道した。詳細情報はURL(http://money.cnn.com/2004/01/07/news/international/bt_mcdonalds.reut/?cnn=yes)で知ることができる。Los Angels Timesは2004年3月22日に、日本のマクドナルド市場でソニーが音楽ダウンロード・サービスを展開する目的で、米国のMcDonald社本社と接触したと報道した。ただし、米国のMcDonald社はすでに成功しているApple社とも話し合いに入っていることを発表した。すでに成功しているApple社のiTunesとこれから本格参入を計画しているソニーのどちらを選択するかによって、すでに経営的に問題が指摘されているMcDonald社の未来に大きく影響があることだろう。詳細情報はURL(http://www.latimes.com/business/la-fi-sony22mar22,1,611649.story?coll=la-headlines-business)で知ることができる。同様のサービスは、BusinessWeekが2004年3月11日に、スターバックスが2005年から2年以内に2,500の店舗で実施する計画で、店内の無線版ジュークボックス方式ダウンロード・サービスとして、カリフォルニアのSanta Monica店で開始する、店で流す音楽を5曲でUS$6.99、アルバムがUS $12.95でダウンロードできる音楽配信サービス「oh-so-posh Starbucks music」を取材し、報道している。詳細情報はURL(http://www.businessweek.com/bwdaily/dnflash/mar2004/nf20040311_7142_db016.htm)、最初の「Music Cafe」としてカリフォルニアのサンタ・モニカ(Santa Monica)でオープンした情報はURL(http://biz.yahoo.com/rc/040316/leisure_starbucks_music_2.html)で知ることができる。米国のStrategy Analytics社は2004年2月12日に、携帯電話ユーザーのオン・デマンド・アプリケーション導入に対する動向として、2001年と2003年を比較したレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.strategyanalytics.com/press/PR00099.htm)で知ることができる。米国のSpirent Communications社は2004年3月29日に、1つのアンテナで、「CDMA2000」「1xEV-DV」「WCDMA」「HSDPA」「UMTS」「FCCのE911(Enhanced 911)を採用したローカル・サービス」「WLAN」を送受信できる未来に向けたソリューソン実験を実施し、成功したと報告した。詳細情報はURL(http://www.spirentcom.com/wireless/newsletter.asp)で知ることができる。経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室は2004年4月12日に、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が策定し2003年8月に無線LANのセキュリティ啓発に関してパソコン・無線LANの機器メーカ等が遵守すべきガイドラインを、さらに簡単・確実なセキュリティ設定の実施に向けて改定したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005134/)で知ることができる。ComputerWorld.comは2004年4月13日に、米国のMcDonald社が2時間自由にWi-FiをUS$2.95で利用でき、それ以上は1時間単位で超過料金を請求するシステムと、1ヶ月間でUS$29.95のサービスを約700のホテルで提供しているWayport社と提携し、世界にある約3,000件の店でWi-Fiのサービス展開する世界最大のWi-Fiネットワークを構築し、音楽配信サービスを開始すると報告した。また、2004年4月14日にはBob Brewinによるコラム「You want MP3s with that?---McDonald's to use Wi-Fi network to deliver digital music files to fast-food customers」を公開した。詳細情報はURL(http://www.computerworld.com/mobiletopics/mobile/story/0,10801,92233,00.html)または、URL(http://www.computerworld.com/mobiletopics/mobile/story/0,10801,92196,00.html)または、URL(http://www.wayport.com/press/148)で知ることができる。FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2004年5月11日に、テレビで使用されていない周波数をWIPに解放することを提案した。また、テレビ放送を邪魔しないようにするため、未使用の周波数を識別する装置の適用を義務づけることも提案したと2004年5月13日に報告した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-247169A1.pdf)で知ることができる。silicon.comは2004年11月8日に、ロイターからの情報として、台湾の台北市が2005年に260万人を対象として無線LANでカバーする「M-City」計画を実現すると、ヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard/HP)社のワーキング・グループの一員で、台北市政府(Taipei City Government)のコンサルタントをしているプロジェクト・リーダーAndy Laiが2004年11月5日に話したと報告した。これは台北市の人口300万人の90%に相当する。また、「M-City」計画のネットワーク構築は台湾のQ-Ware社が落札し、市内1万5000〜2万カ所にアクセスポイントを設置するということである。詳細情報はURL(http://networks.silicon.com/mobile/0,39024665,39125681,00.htm)で知ることができる。外務省は2005年8月9日に、「平成16年度IC旅券調査研究報告書」を公開したと報告した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_houkoku.html)で知ることができる。また、「平成16年度IC旅券調査研究報告書」はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pdfs/ic_houkoku.pdf)でダウンロードできる。米国のMAP(Media Access Project)は2006年1月30日に「MAP Files Comments in Massport/Continental Airlines OTARD Proceeding」を公開し、「ラストワンマイル」の権利を空港が取得するのか、それとも航空会社が管理するのかという巨大空港とコンチネンタル航空(Continental Airlines)の攻防がつばぜり合いを開始したと報告した。航空機内でインターネット接続ができるようになり、空港に降り立ったとき、設定を変えるなどという面倒なことがないようにシームレスな環境を提供してくれるなら、ユーザーとしてはどこが管理しても問題はないといえる。詳細情報はURL(http://www.mediaaccess.org/)で知ることができる。


Public Access WLANs Worldwide 2002-2006
神戸メリケンパークオリエンタルホテルのリリース
東京都ホットスポット概念図
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
Starbucks Coffeeが2002年8月21日に発表したリリース
Starbucks Coffeeのホットスポット・ページ
Wireless Developer Networkが2002年8月27日に報道したニュース
MediaGuardianの無線を使うパイオニア「ラップランド」情報
McDonald's Wirelessの巻頭ページ
マンハッタンで最初のMcDonald's Wirelessの10店舗地図
VoIP Merdekaのポスター案-1
VoIP Merdekaのポスター案-2
VoIP Merdekaのポスター案-3
VoIP Merdekaのポスター案-4
VoIP Merdekaのポスター案-5
VoIP Merdekaのポスター案-6
VoIP Merdekaのポスター案-7
VoIP Merdekaのポスター案-8
VoIP Merdekaのポスター案-9
VoIP Merdekaのポスター案-10
Bell CanadaのAccessZone(Zone d'acces)
公衆電話設置ゾーンにあるBell CanadaのAccessZone(Zone d'acces)
フラー(Buckminster Fuller)が作ろうとしたニューヨーク・ドーム
WiFisense社の無線LANを検出試作器
GSM for Rural and Regional Mobile Operators white paper
Forrester社が2003年6月19日に発表した「Public WLAN Hotspots Will Be The Next Dot-Com Crash」
FCCでのホットスポット・サービス開始リリース
Parks AssociatesのPublic Hot Spots白書「One Truth and Two Myths」
Parks AssociatesのConnected Solutions白書Landscape and Supply Side Analysis
Parks AssociatesのConnecting Legacy Devices on the Home Network白書The Challenges of Connectivity
Parks AssociatesのTrends and Outlook for Wireless Home Networks白書
Parks Associatesの The Emergence and Growth of Entertainment-Centric Home Networks白書
パリの老舗高級レストラン「La Coupole」でのWi-Fi サービス開始リリース
GAOが2003年11月4日に公開したクレジットカードに関するレポート
羽田空港「ビッグバード」の無線LANサービス・エリア
NTIAの3650-3700MHz帯域を無線ブロードバンドで利用意見一般募集
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載されたStrassburg駅-1
Strassburg駅-2
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載された1845年11月30日のLondonの鉄道計画局前
利権を求めて集まった鉄道関係者
鉄道計画会議
鉄道計画室
鉄道企画室で図面を奪いあう関係者
Illustrirte Zeitung1846年4月11日号に掲載され北ドイツの鉄道信号サイン
鉄道手信号
鉄道信号操作風景
Telegraphで指示された鉄道信号
Telegraphの指示で信号を動かす鉄道員
鉄道緊急停止
Illustrirte Zeitung1847年3月6日号に掲載された列車事故防御服
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Spirent社が2004年3月29日に公開した1つのアンテナで複数の無線環境をサポートする概念
Spirent社が2004年3月に公開したホワイト・ペーパー
Spirent社が2004年2月に実験白書
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-1
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-2
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-3
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-4
Illustrirte Zeitung1851年11月29日に掲載された大西洋横断海底ケーブル敷設計画
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車のブレーキ・テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車の重量測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された車輪間隔測量
Illustrirte Zeitung1851年12月16日に掲載された枕木テスト測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された列車の昇降テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたBavaria汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたSeraing汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたVindobona汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたWieenerNeustadt汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたドーバー海峡トンネル計画図
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版概要
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版
Wayport社が2004年4月13日に公開したリリース
総務省が2004年4月26日に公開した無線LANのセキュリティ・ガイドライン概要
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン資料
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年12月17日に掲載されたパリの公共鉄道バス
FCCが2004年5月13日に公開したリリース
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機温度表示器
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載された急行汽車
列車方向転換装置
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたミュンヘンのカフェ
Illustrirte Zeitung1856年6月14日に公開されたポツダム橋列車落下事故
外務省が2005年8月9日に公開した平成16年度IC旅券調査研究報告書のリリース
平成16年度IC旅券調査研究報告書
外務省が2006年2月20日に公開した2005年1月〜12月の旅券統計

WAP(WLAN Authentication and Privacy Infrastructure)
ホットスポット
W-MAN
Mzone
Mフレッツ
NYCwireless
サイバー・カフェ
スターバックス・エクスプレス
ワイヤレス高度情報通信研究会
FREESPOT
中国インターネット・アクセス規制チェック
CWDM(Coarse WDM)
マルコーニ賞
WEP(Wired Equivalent Privacy)
Wi-Fi
ターボ・モード無線LAN
WWWD(WorldWide WarDrive)
Cometa Networks
隣接チャネル漏洩電力
MMS(Mobile Multimedia Service)
IP移動通信
BT Openzone
0半レポーター
インターネット列車
IMF(International Monetary Fund)
AccessZone
Zone d'acces
e-airportプロジェクト
Pocket Internet TV
RADIOSCAPE-WAN
パブリックビジネス
ACG(the Advanced Concepts Group)
Wider-Fi
マルチチャンネル高速無線LAN
Zone Finder
NTSB(National Transportation Safety Board)
W2F(Wireless World Forum)
WPA(Wi-Fi Protected Access)
WEP(Wired Equivalent Privacy)
WAPI(WLAN Authentication and Privacy Infrastructure)
ネオモバイル
EAP(Extensible Authentication Protocol)
PRISM Nitro XM Xtreme Multimedia
Connect
PMA(PersonalMedia Assistant)
Super G
Open Park Project
携帯電話と無線LANの融合
WiFi Finder
Wi-Fi電話
VoWLAN
FSS(Frequency Selective Surface)
TDD(Time Division Dultiplex)
Wireless Leiden
Hotspot Amsterdam
中国インターネット協会無線情報サービス専門委員会
McDs
マルチホップ型無線LAN
FMC(Fixed Mobile Convergence)
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
CRI(Customer Respect Index)