World Summit on Media for Children

WSoMC

世界子供のためのメディア・サミット

世界のメディア関係者や教育者が集まって、メディアが子供に与える影響に関して討論する会議の名称。詳細情報はURL(http://www.childrens-media.org)で知ることができる。映画をランク付けして、GP = Good physics in general、PGP = Pretty good physics (just enough flaws to be fun)、PGP-13 = Children under 13 might be tricked into thinking the physics were pretty good; parental guidance is suggested、RP = Retch, XP = Obviously physics from an unknown universeにランク付けして、分析しているInsultingly Stupid Movie PhysicsのURL(http://intuitor.com/moviephysics/mpmain.html)もある。また、「Entertainment Software Rating Board」では「Game Rating」を検索できるURL(http://www.esrb.org/)を公開している。イギリスのCyber-Rights & Cyber-Libertiesは1997-2002のステートメントをPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.cyber-rights.org/5th_year_statement.htm)で知ることができる。米国の民主党Joe Baca議員は2002年5月3日に、子供たちをビデオゲームのセックスや暴力から守る法案として「Protect Children from Video Game Sex and Violence Act of 2002」を議会に提出した。詳細情報はURL(http://www.house.gov/baca/pr020503.htm)で知ることができる。また、世界規模で子供達が作り上げたデジタル・アートやビデオなど、子供達が作り上げる子供達のための世界サミットも開催されている。これまでの子供サミットが、教育者や親たちが子供のためにという大義名分で開催されてきたのに対し、子供中心で、大人達はサポート役に徹することになっていることから、基本的に参加できるのは12〜16歳までに限定されている。第3回世界子供のためのメディア・サミット(3rd World Summit on Media for Children)はギリシャのテサロニキで2001年3月23日〜26日まで開催され、世界の子供達をリンクするプロジェクトWORLD LINK UPのURL(http://www.abc.net.au/children/linkup)やTE-MAT(小中学生向け算数と科学の資料制作提供プロジェクト/Teacher Education Materials Project:A Database for K-12 Mathematics and Science Professional Development)のURL(http://www.te-mat.org/)、NASAのC. Mayhew & R. Simmon (NASA/GSFC), NOAA/ NGDC, DMSP Digital Archiveから2000年11月27日世界の夜の画像をURL(http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/image/0011/earthlights_dmsp_big.jpg)で提供するなど、盛んである。ただし、親や先生がいないと何もできない子供を育ててしまったのか?WORLD LINK UPには、Australia、Canada、China、Germany、Greece、India、Indonesia、Korea、Kuwait、Malaysia、New Zealand、Thailand、United Arab Emirates、USAは参加しているが日本からの参加はなかった。詳細情報はURL(http://www.3rd-ws.org)で知ることができる。米国の民主党(Democratic Party)Joe Baca議員は2002年5月3日に、子供たちをビデオゲームのセックスや暴力から守る法案として「Protect Children from Video Game Sex and Violence Act of 2002」を議会に提出した。詳細情報はURL(http://www.house.gov/baca/pr020503.htm)で知ることができる。ヨーロッパのEP Reportはイギリス保守党(British Conservative MEP)のChristopher Beazleyがインターネットを利用するにあたって、子供への悪影響を考慮したプロテクションに関して1998年9月24日にEUのEuropean Parliamentへ初めて提案されたレポートの最終案を準備したことをEuroISPAが2002年4月11日に発表した。詳細情報はURL(http://www.euroispa.org/docs/childprot_final_110402.pdf)で知ることができる。1998年9月24日にEUのEuropean Parliamentへ初めて提案されたレポートはURL(http://europa.eu.int/comm/avpolicy/regul/new_srv/ermin_en.pdf)で読むことができる。米国のChildStats.govは毎年、米国の子供白書とも呼べる「America's Children」という湖どのに関する調査報レポートを公開している。また、1997年からは全文を誰でもPDFでダウンロードできるようになった。詳細情報はURL(http://childstats.gov/americaschildren/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年9月18日に、子供向けレーティングとプロバイダのフィルタリングについてフレキシブルな対応をした場合のレポート「Child Care: States Exercise Flexibility in Setting Reimbursement Rates and Providing Access for Low-Income Children. GAO-02-894」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-894)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年8月13日に、子供が幸せな生活が送れる環境を提供するのに必要な情報システムの構築を訴えたレポート「Child Welfare: Most States Are Developing Statewide Information Systems, but Reliability of Child Welfare Data Could Be Improved. GAO-03-809」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-809)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月12日に、社会的に子供を保護する法律として「IV-B」の追加提案レポート「Child Welfare: Enhanced Federal Oversight of Title IV-B Could Provide States Additional Information to Improve Services. GAO-03-956」と教科課程として求められる言語開発に関するレポート「Head Start: Curriculum Use and Individual Child Assessment in Cognitive and Language Development. GAO-03-1049」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-956)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1049)で知ることができる。2003年度世界サミット賞(World Summit Awards)最終選考ノミネートとして、約800のサイトから、the Splendid Chinese Culture portalのURL(http://chiculture.net)、Tropical AmericaのURL(http://www.tropicalamerica.com)、Public Library of ScienceのURL(http://www.plos.org)、Romania's e-government portalのURL(http://www.e-guvernare.ro)、Living HeritageのURL(http://www.livingheritage.org.nz)、WougNetのURL(http://www.wougnet.org)、Time to MarketのURL(http://www.manobi.net)が公開された。詳細情報はURL(http://www.europrix.org/wsis-award/nominees/index.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年11月19日に、Cornelia M. Ashby(director, education, workforce, and income security)が実施した安全な環境で子供を教育するための情報システムと幸福データの実証実験報告書「Child Welfare: States Face Challenges in Developing Information Systems and Reporting Reliable Child Welfare Data, by Cornelia M. Ashby, director, education, workforce, and income security issues, before the Subcommittee on Human Resources, House Committee on Ways and Means. GAO-04-267T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-267T)で知ることができる。米国のGAOは2004年6月23日に、TANF(Temporary Assistance for Needy Families)と子供の安全に関するレポート「TANF and Child Care Programs: HHS Lacks Adequate Information to Assess Risk and Assist States in Managing Improper Payments. GAO-04-723」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-723)で知ることができる。イギリスにThe Children's Societyでは1881年 1918年の子供保護に関する情報として、「Hidden Lives Revealed: A Virtual Archive - Children in Care 1881 - 1918」を公開している。詳細情報はURL(http://www.hiddenlives.org.uk/)で知ることができる。米国のGAOは2006年7月26日に、教育支援に関する学生の進歩を測定レポート「 No Child Left Behind Act: Assistance from Education Could Help States Better Measure Progress of Students with Limited English Proficiency. GAO-06-815」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-815)で知ることができる。

[2001年3月23〜26日にギリシャのテサロニキで開催される第3回会議の案内]
Date:Mon, 2 Oct 2000 07:02:32 -0500
From:Gleason Sackmann (gsackmann@classroom.com)
Subject: K12) The Third World Summit on Media for Children

From: K-12 Educators Interested in Educational Administration
[mailto:K12ADMIN@LISTSERV.SYR.EDU]On Behalf Of Bonnie Bracey
Sent: Friday, September 29, 2000 5:06 PM
To: K12ADMIN@LISTSERV.SYR.EDU
Subject: The Third World Summit on Media for Children

The Third World Summit On Media for Children
23-26 March 2001- Thessaloniki, Greece
URL(http://www.childrens-media.org)

The Summit dedicates one day to each of the following 4 themes:

GOING GLOBAL
Policies and decision making, shaping the audiovisual future

Audiovisual globalization is a mere fact. It is also a matter of strong and long debate . During the summit , key issues will be examined and the European Community and attending professionals, the United Nations , the strong forces of the Audiovisual Industry as well as personalities of the Arts will be asked to take a stand.

MEDIA FOR ALL
Promoting Cultural Diversity in a Global World
The population of the world is growing constantly and access to media becomes a major requirement for communication, education, work and play. Knowledge of the new contextual and technological developments becomes the topic for each individual wishing to have an active role in the future world.

NEW TECHNOLOGIES
Presenting promising new technologies and their impact on children's media. Recognizing the important role of the new technologies is the future of communication.
The goals of the day are to:
* Present the latest development in media technology for children.
* Emphasize the involvement of children in the development of media products.
* Encourage exemplary new media content, globally relevant. applications and methods to support indigenous digital content development.
* Make this a real summit on media technology for children by engaging as many groups as possible to show and share technology from low to high end in demonstration.
There is a forum in the morning of the New Technologies Days
There is a technology exhibition hall for all four days of the summit
There are poster sessions for all four days of the summit
There is a technology playground for all four days of the summit
There is a virtual kids world for all four days of the summit
There is an interactive concert during the evening of the New Technologies day.

CHILDREN HAVE A SAY
Children's audiovisual rights, audiovisual education

This summit brings together professionals from all of the continents.
We aim to create the creation of an audiovisual policy supporting the rights of children. It offers the opportunity to a variety of culture identities who will be present and active during the event.

We will point out the creative diversities in culture, language and society as a basis for fruitful exchange and innovation. With that we hope to motivate the participation of attending researchers, academicians, and teachers .

We will demonstrate the emerging relationship of children's television and the new media.The Childrens Television Charter, based on the UN Rights of the Child , stretches children's rights to receive quality programmes, the right to see and express themselves, their culture, their language and their life experiences, through the media which affirms the sense of self., community and place.
Children will be actively involved.

The event is organized by the European Children's Television Centre 20 Analipseos Street, Vrilissia, 152 35 , Athens, Greece
tel 30-1-6851.258,
fax 30.1.6817.987
Email summit@childrens-media.org
Bonnie Bracey
US representative for the summit.
bbracey@aol.com


3rd World Summit on Media for Childrenのトップページ
12〜16歳までに限定された参加申し込みサイト
WORLD LINK UPのページ
NASAが提供した2000年11月27日の世界の夜の画像
米国の教育とメディアに関するIDCの調査報告(2001年9月現在)
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
Protect Children from Video Game Sex and Violence Act of 2002リリース
1998年9月24日にEUのEuropean Parliamentへ初めて提案されたレポート
EuroISPAが2002年4月11日に発表したリリース
ロサンゼルスで活用されているコミュニティの開発に関する免除事項
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
Child Labor: Labor Can Strengthen Its Efforts to Protect Children Who Work. GAO-02-880
Reimbursement Rates and Providing Access for Low-Income Children. GAO-02-894
The Sustainability Challenge: Taking Edtech to the Next Level, over the Internet today
GAOが2003年3月31日に公開したHHSと子供の保護レポート
GAOが2003年8月13日に公開した子供のための情報システム構築レポート
社会的に子供を保護する法律として「IV-B」の追加提案レポート
教科課程として求められる言語開発に関するレポート
Cornelia M. Ashbyが実証実験した結果報告
TANFと子供の安全に関するレポート
GAOが2006年7月11日に公開した、NOAAの次世代機能に関するレポート
GAOが2006年7月26日に、教育支援に関する学生の進歩を測定レポート