World Press Freedom Day

世界報道自由の日

毎年5月3日on。IFEX(International Freedom of Expression Exchange)ではSEEMO(South East Europe Media Organisati)のジャーナリスト自由活動を特集したページを公開している。詳細情報はURL(http://communique.ifex.org/index2.cfm)で知ることができる。Economist.comは経済ジャーナリストのスタイル・ガイド「This guide is based on the style book which is given to all journalists at The Economist」を公開している。詳細情報はURL(http://www.economist.com/library/styleGuide/)で知ることができる。UNESCOは2005年4月7日に、中国人ジャ−ナリストCheng Yizhongが、「2005 UNESCO/Guillermo Cano World Press Freedom Prize」に選べれ、世界報道自由の日(World Press Freedom Day)に表彰され、US$25,000を受賞すると報告した。詳細情報はURL(http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=1738&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html)で知ることができる。UNESCOからの情報としてMedia Network Weblogが2007年4月4日に、IPDC(the International Programme for the Development of Communication)事務局の第51回年次総会がユネスコ本部で2007年3月27日〜29日に開催され、59カ国の74メディア開発プロジェクトに経済的融資をすると発表した。融資総額はUS$186万7000で、発展途上国でメディアを多元的に改良して、メディア専門家の能力を強化することが目的である。プロジェクトは広範囲で、インドの10パイロット・コミュニティ・ラジオ放送局、リベリアの表現の自由とジャーナリストのプロ教育のを強化、アフリカの 31プロジェクト、アジア太平洋地域の18プロジェクト、カリブ海とラテンアメリカの19プロジェクト、アラブの5プロジェクト、アルメニアの1プロジェクトが承認され、合計で110の事業が採択されたと報告している。詳細情報はURL(http://blogs.rnw.nl/medianetwork/?p=7655)または、URL(http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=13270&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html)で知ることができる。ロシアのRia Novostiは2007年5月3日に、国連の文化団体(United Nations cultural organization)の代表としてUNESCOの長官松浦晃一郎(Koichiro Matsuura)は、コロンビアのメデジンで2007年5月3日に開催された「World Press Freedom Day」の祝賀会で、メディア関係者が世界中で2006年に100人以上殺されたと公式に発言したと報告した。同時に松浦晃一郎長官は、世界が「一命を落としたメディア専門家を記念して、危険とリスクにもかかわらず、情報を私たちにもたらす人々を尊敬する」ように呼びかけた。CPJは、「殺人の大部分は解決されていません」といい、松浦晃一郎長官は政府がジャーナリストの殺人から罰を免れている刑罰の免除文化を終わらせるように呼びかけたと報告している。詳細情報はURL(http://en.rian.ru/world/20070503/64811912.html)で知ることができる。しかし、イギリスのThe Guardianは2007年5月3日に、囚人を拷問するのでエジプト警察のドキュメンタリーを撮影したAl-Jazeeraのプロデュサーをエジプト法廷は、国の利益のために害を及ぼすということで、2007年5月2日に有罪と宣告したと報告した。断罪を受けたAl-JazeeraのプロデュサーHowaida Taha(43)は、半年間収監されることになった。Howaida Taha(43)は、エジプトの政治上で執念深い拷問は真実であると報告している。エジプト政府当局は2007年1月に、Al-Jazeeraのプロデューサーをカイロ国際空港(Cairo International Airport)で逮捕して、50本のビデオテープを押収した。ドキュメンタリーは、自分達がエジプト警察署による拷問の犠牲者である人々へのインタビューを含み、俳優を使って拷問の方法を再現していた。また、Tahaは人権保護運動家と元先任の警察官にもインタビューをしていた。こんな国に、文化支援と言って資金を提供している日本の企業があり、ユネスコ(UNESCO)は、こんなことを放置したままで、エジプトに巨額の資金援助をしている。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/worldlatest/story/0,,-6603874,00.html)または、URL(http://english.aljazeera.net/NR/exeres/9A253F88-E8A2-404E-B54E-4670F86D421A.htm)または、URL(http://www.hrinfo.info/en/reports/2007/pr0502.shtml)または、URL(http://www.middle-east-online.com/english/?id=20565)または、URL(http://www.youtube.com/watch?v=ZQom4edkHkw)で知ることができる。また、映画「カサブランカ」で有名なモロッコは、メディアの自由な国として知られていたが、Middle East Timesは2007年5月3日に、SNPM(the annual report from the country's national press union)が2007年5月2日に公開され、メディアを黙らせる試みがあったと報告した。総書記のYounes Moujahidは、「一方では、よりすばらしい表現の自由を防御するために戦うNGO非政府団体の努力はありますが、もう片方に、この自由を抑制する試みがあります。」と言い、ニューヨークを拠点とする委員会によるレポートの査定によれば、モロッコとチュニジアはアラブ世界でジャーナリストを牢獄につなぐリーダーであったと報告している。World Press Freedom Dayの前に発表されたレポートによれば、モロッコで3人のジャーナリストが「政治的に動機づけられた訴訟」で追放され、他の3人も有罪判決が下されていると、国営メディアと政府を起訴している。一方Moujahidは、2004年以来ジャーナリストが全く北部のアフリカのイスラム教国で投獄されていなかったのが、激励であると言っている。詳細情報はURL(http://www.metimes.com/storyview.php?StoryID=20070503-030325-4187r)で知ることができる。
ABC Newsは2008年1月28日に、すでに実刑判決を受けている裁判で上告しているアルジャジーラ(Al-Jazeera)は、月曜日に再びドキュメンタリーを撮影しているところを逮捕されたと報告した。彼女の弁護士と警察の申し立てによると、適切なライセンスなしで、ドキュメンタリーを撮影していたと言っている。
汎アラブのTVニュース・チャンネルのために働く、44歳のエジプト人ドキュメンタリー・プロデューサーHowaida Tahaが朝、カイロで低所得者の地域を撮影しているとき、エジプトの警察が、彼女を逮捕したと報告している。
警察官は、メディアと話すに権限を与えられなかったので、匿名の状態で通例にしたがって、逮捕を確認し、3人の同僚とエジプト人の人権保護運動家を含む、他に4人も逮捕したと言った。
全員が今も拘留中であり、Howaida Tahaはエジプト政権批評に関して知られ、2007年1月始めに、警察が拷問の作られた場面を含んだと申し立て、50種類のビデオ・テープを所有していたために2日間エジプトの警察に抑留された。
当時、Howaida Tahaは、エジプトでの警察による拷問について、ドキュメンタリーのための再現であると言っていた。
カイロの政府セキュリティ法廷は、彼女が拷問場面を偽造し、国の利益のために害を及ぼしたとして有罪を宣告し、刑務所に彼女を5〜6ヶ月収監する判決を下した。
その判決時点にHowaida Tahaは、Al-Jazeeraの本部があるカタールのドーハにいた。
彼女は後にエジプトへ戻って、判決に対して上告し、彼女の上告の決定は2008年2月11日に予想されている、と彼女の弁護士は言っている。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=4204514)で知ることができる。
ABC Newsは2008年2月11日に、エジプト控訴裁判所が2008年2月11日月曜日に警察による拷問に関するアルジャジーラ(Al-Jazeera)のジャーナリストHowaida Tahaがレポートを作ったことで有罪という判決をひっくり返したと、司法官とジャーナリストの弁護士が言ったと報告した。
しかし、法廷はHowaida Tahaがドキュメンタリーで使用されるビデオテープを自作した件で有罪判決を支持した。
また、6カ月の懲役刑をTahaに宣告してしたが、法廷は彼女に課されたUS$3,600の罰金だけを維持した、とメディアと話すのに権限がある司法官は言った。
汎アラブの衛星テレビ局のドキュメンタリー・プロデューサーHowaida Tahaは、ドキュメンタリーで使用されるビデオテープが再現ビデオであると主張していた。
Howaida Tahaの弁護士は、全ての罰金を取り除くため、最高裁判所「the Court of Cassation」まで戦う計画である。
Howaida Tahaのビデオは、2007年4月にアルジャジーラの「Beyond the Sun」として放送されたと報告している。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=4275915)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8760)で知ることができる。


WAN(the World Association of Newspapers)
Japan Press Index
ニュース・オン・インターネット
マルチメディア新聞
グローバル・リサーチ
インターネット
WWW
ホームページ
AMC(AMERICAN MUSIC CENTER)
MEDIA TOWER
インターネット効果指標データ
Business Browser
サイバー都市ケースバンク
企業ホームページ・インデックス
CD-ROM Web Magazine
ZAKZAK
INTERNET Watch
MacWEEK Online Japan
TidBITS Japanese
Newsbytes
DNA(Digital News Archives)
E-NEWS
毎日150文字新聞
GyroScoop
JustNetパーソナライズド毎日デイリークリック
パーソナライズド・ウォッチ
台湾のコンピュータ業界のニュース
ニュース・オン・デマンド
インフォマーケット・ニュース・チェッカー
朝日ニュースター
PCWEEK WIRE
毎日デイリークリック
Y.O.M.I
BizTech
J-Site
Webpublisher
c|net
NETSCAPEのプラグイン
RealAudio
キーナビ
FIRSTNEWS
Macintosh WIRE
E-Wire
NewsTracker
INN
Corporate Watch
ZDNet
Clue
DigiNews
Online News Salaries and Staffing
NCN(New Century Network)
The Media in Transition project
paperball
CuD
The SLAC Bulletin
cyberjournal
メンバーズチャンネル
RealEncoder
RealPublisher
コンピュータやインターネット関係のニュース
ASCII24電子メールサービス
Cyber Media Show
News Trek
Macromedia Generator
European Journalism Centre
IFJ
CPJ
ICIJ
Theta
HP Instant Delivery
Windows Media Technologies
DDCD
デモグラフィック・ターゲティング
20世紀最後の世界プレス自由の日の共同声明文-1
20世紀最後の世界プレス自由の日の共同声明文-2
Timothy Baldingが2000年3月5日に発表した要請文-1
Timothy Baldingが2000年3月5日に発表した要請文-2
世界プレス自由の日
アムステルダムの公共デジタル文化2000-1
Digital Media Revolution
国境なき記者団
IPI(International Press Institute)
ユーロ表記文字のどたばた劇
デジタル新聞
SNPA(The Southern Newspaper Publishers Association)
ENPA(European Newspaper Publishers Association)
ニュース・エージェンシー世界会議
EU press agency
yorimo
UNESCO/Guillermo Cano World Press Freedom Prize