Wi-Fi CERTIFIED 802.11a


WECA(Wireless Ethernet Compatibility Alliance)が2002年7月4日に「NetWorld+Interop 2002 Tokyo」で発表した、Wi-Fi5の正式名称。ホットスポットやWi-Fi、ドット・イレブン革命、デジタル・サテライト・ラジオ放送、スターバックス・エクスプレス、WPA(Wi-Fi Protected Access)、WPANs(Public Access WLANs)など、イレブン革命とも呼ばれているが、無線LANの環境は目に見えない。アクセスするまで存在が判らないことから、米国のWiFisense社は、パソコンがなくても単体で無線LANを検出し、無線LANの有無、パスワードの要・不要、電波の強さ、などを知ることができるウェアラブル機器を開発している。詳細情報はURL(http://www.wifisense.com/)で知ることができる。イギリスのBBC Bristol newsチームが2004年2月5日に、ホットスポット(Wi-Fi)を利用してリアルタイムのレポートをテレビで放送したと報告した。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/news/story814.shtml)で知ることができる。米国のピラミッド・リサーチ(Pyramid Research)社は2004年4月7日に、Wi-Fiなどを利用した無線LAN加入者数が2007年に携帯電話加入者を追い抜き、さらに2008年には、無線LANが1億8000万人弱、携帯電話が9000万人強と、その差は約2倍に広がるという予測を発表した。詳細情報はURL(http://www.pyramidresearch.com/info/rpts/wifi.asp)で知ることができる。米国のサンタクララで2004年6月24〜25日に、ブログ(Weblogs)、Wi-Fiなどの登場により、社会や技術進歩の変化に伴うメディアおよびコミュニケーションの増加と流動性に注目して、Lawrence Lessig、Esther Dyson、Doc Searlsを招いてコミュニケーション、メディアおよびソフトウェアの権力と分散について話し合う「Supernova 2004」が開催されることになった。詳細情報はURL(http://pulver.com/supernova/index.html)で知ることができる。米国のMicrosoft社は流行の無線LAN市場に乗り遅れないために2003年9月16日に、Broadcomのチップを採用し、WPA(Wi-Fi Protected Access)とWEP(Wired Equivalent Privacy)をサポートする802.11対応の「Wireless Base Station MN-700(US$109)」、「Wireless Notebook Adapter MN-720(US$85)」「Wireless PCI Adapter MN-730(US$85)」「Wireless Notebook Kit MN-820(US$179)」を発売したが、2004年5月になって早々と撤退することを発表した。自動販売機の維持・管理サービスを提供しているホーキングとIRIコミュニケーションズ、タケショウは2004年5月31日に、全国に260万台設置されている自動販売機にモデムや2.4GHz帯の無線アクセス・ポイントを取り付け、半径50m以内で無線LANが利用できる「無線LANスポット」の実験を2004年夏に名古屋地区で開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.iri-com.co.jp/pr20040531.html)で知ることができる。同様の考え方は、例えば日本全国に1500万人以上が利用しているFTTHやDSL、CATVなどブロードバンド・サービスを利用しているユーザーのアンプなどのコンバーターとルーターの間にに、2.4GHz帯の無線アクセス・ポイントを取り付けることで、1500万以上の無線アクセス・ポイントが確保でき、無線LAN環境のバックボーンは一気に全国で構築されることになる。また。無線LANとVoIPを利用することで、現在の高額な携帯電話に接続する場合や一般電話と接続する場合は、別料金で、無線LAN同士またはIP電話の場合は定額制で利用する環境を構築することも不可能ではない。米国のBBB(Better Business Bureau)は2004年5月4日に、1997年からの携帯電話の設備/供給/サービスに関する苦情データ「BBB Complaint Data for Cellular Telephone Equipment/Supplies/Services」を公開し、他業界と比較して携帯電話業界は2002年が最低ランクで、2003年が最低から2番目であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.bbb.org/alerts/article.asp?ID=511)で知ることができる。ミシガン大学(University of Michigan Business School)は2004年6月3日に、ACSI(American Customer Satisfaction Index)のプロジェクトとして2004年第1四半期の顧客満足度調査を公開し、携帯電話サービスが下から2番目だったことを報告した。詳細情報はURL(http://www.theacsi.org/press_releases/0604q1.PDF)で知ることができる。平成電電とドリームテクノロジーズは2004年8月12日に、キューウエーブが開発した無線技術「QW-MIMO」を使い、2005年末から広域無線LANサービスを開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20040812.html)または、URL(http://www.iri-com.co.jp/pr20040812.html)で知ることができる。TIA(Telecommunications Industry Association)が2005年2月10日に公開したレポート「TIA's 2005 Telecommunications Market Review and Forecast」によれば、無線通信市場は2004年の収入は2003年から11.6%して合計でUS$1451億ドルになったが、2005年は昨年より9.3%増加し、US$1586億までとどまり、2008年までは毎年10%増加すると予測し、US$2125億市場になると予測している。さらに、価格が上昇しているのは、アプリケーションに関連する新しい開発が影響していると予測し、ワイヤレスのインターネット・アクセスなどのようにテキスト・メッセージング、インスタント・メッセージング、ringtones、ワイヤレスのゲーム、マルチメディアメッセージングサービス、およびWi-Fi技術が躍進すると予測している。ただし、問題は予測グラフがもの凄く単調な右肩上がりで、こんな単調なグラフ通りにマーケットが動いたということが実際には無いということである。詳細情報はURL(http://www.tiaonline.org/media/press_releases/index.cfm?parelease=05-05)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年5月17日に、ワイヤレス・ネットワークのセキュリティに関する改良レポート「Information Security: Federal Agencies Need to Improve Controls over Wireless Networks. GAO-05-383」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-05-383)で知ることができる。平成電電は2005年10月3日に、東京地方裁判所に民事再生の手続を開始する申し立てを行なったと発表した。負債額は1200億円に上る。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20051003.html)で知ることができる。任天堂は2006年1月26日に、2006年3月2日に「ニンテンドーDS」の上位モデルにあたる「ニンテンドーDS Lite」を発売すると発表し、ロイターやWashington Postは2006年2月15日に、任天堂が日本語版「ニンテンドーDS」向けとしてWi-Fiを視野に入れた「ニンテンドーWi-Fiコネクション」をオープンすると同時にOpera Software社と提携し、、デジタルTVやWebブラウジングを楽しめるようにしたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/060126.html)または、URL(http://go.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=technologyNews&storyID=11220742&src=rss/technologyNews)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/15/AR2006021500383.html?nav=rss_technology)で知ることができる。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」はURL(http://wifi.nintendo.co.jp/)にある。平成電電は2006年4月18日に、スポンサーのドリームテクノロジーズが支援を中止し、資金繰りがつかなくなったため、再生を断念すると発表した。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20060418.html)で知ることができる。Cellular-Newsは2007年4月20日に、Global Insightが2007年4月19日に発表した最新の情報「Telecoms Intermodal Forecasting Service」を紹介し、中国とインドが世界のモバイル市場成長の原動力のままで残ると予測し、2011年までの次の5年間で新しい携帯電話の契約者 12億の60%を占めると予測したと報告した。レポートは、2006年と2011年の間で先導的に開発した世界の20と新興成長市場を比較して、次の5年間でモバイル市場浸透が中国で34.8%から69.1%まで成長すると予測し、そしてインドでは13.4%から31.0%まで成長すると予測した。お互いに成長は50%増と予測し、さらにインドは中国の次に来るモバイル市場と予測して、それは約5年の差があると予測している。ただし、その差が縮まらないという予測が少し不思議な予測にも感じる。平均化の原則に従えば、その差はどんどん加速的に縮まるというのが常識で、インドの加速はさらに進むと予測すべきだろう。また、Global Insightからの最新レポートによると、中国はブロードバンドの成長に関して他の19の市場をしのぎ、次の5年間で3億5000万以上の新しいブロードバンド購読となり、全体の1/3以上になると予期した。2011年までは、ブロードバンド加入者が4倍に成長し、US$190億の収入を生み、中国は日本を凌ぐ世界で2番目に大きいブロードバンド市場と予測している。しかし、合衆国は、世界の最も大きいモバイル市場で、そしてブロードバンド市場としてその期間の収入でトップを維持し続けると予測している。これで面白いのは、なぜ米国が世界の最も大きいモバイル市場で有り続けるかと言うことで、それは日本や韓国、ヨーロッパ諸国のような狭い国ではなく、広大な国では有線市場に限界があり、それを補うためのモバイル環境が求められ、技術革新が推進されることが上げられ、狭い国の日本や韓国、ヨーロッパ諸国は、米国の努力から成功例もでるが、失敗例も多くでることから、良いとこ取りをして、単純に便利ツールとして採用し、米国のようにのめり込む必要がないと言うことになる。つまり、これからは通信環境を考慮し、これまでのような米国の猿まね主義から脱却し、自国の環境にあった技術導入時代に入っていくことになる。それは米国の経済を裕福にすることつながると同時に、経済的な負担にもつながることになる。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/23274.php)または、URL(http://www.globalinsight.com/telecomsintermodal)で知ることができる。