WEP(Wired Equivalent Privacy)

ウェップ

無線LANシステムで標準的に利用されていた暗号化技術の名称。秘密鍵のデータ長により64bit(実効 40bit)と128bit(実効 104bit)のものがある無線LAN規格のIEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会) 802.11bで採用されている暗号技術で、Apple社のAirPortにも採用されているが、規格策定に暗号技術者が参加していなかったことから、多くの問題が指摘されていた。さらに2001年1月30日にはカリフォルニア大学バークレー校(UCB/University of California at Berkeley)のコンピュータサイエンス学科のデビッド・ワーグナー(David Wagner)教授やイアン・ゴールドバーグ(Ian Goldberg)教授、学生、校卒業生などがISAAC(Internet Security, Applications, Authentication and Cryptography)でアルゴリズムの欠陥を指摘したサイトSecurity of the WEP algorithmが開設され、さらに大きな問題になってきている。詳細情報はURL(http://www.isaac.cs.berkeley.edu/isaac/wep-faq.html)で知ることができる。米国のIntel社は2001年3月に、コンシューマー製品の焦点をHomeRF(HRF)無線ネットワーク標準から、Apple社のAirPort無線ネットワーク製品がサポートしている標準と同じ、IEEE 802.11bに移行すると発表した。無線通信規格であるIEEE802.11xの虚弱なセキュリティを利用したサイバー戦争が起こる可能性をRich Santalesaが「The War Over 802.11x Security」というタイトルで2001年7月10日にZDNETで報道した。クッキー関連調査研究室MIT Laboratory for Computer Scienceは2001年8月に、Dos and Don'ts of Client Authentication on the Webを公開した。詳細情報はURL(http://cookies.lcs.mit.edu/pubs/webauth:tr.pdf)で知ることができる。また、Privacy Foundationは2001年9月5日に、A Report on the Privacy Practices of Monster.comを公開した。詳細情報はURL(http://www.privacyfoundation.org/privacywatch/monster.asp)で知ることができる。San Diego Daily Transcriptは2002年10月31日に、San Diegoのダウンタウンで138の無線LANが利用されているが、そのうち40は全くセキュリティのことを配慮していないと報道した。詳細情報はURL(http://www.sddt.com/)で知ることができる。Wi-Fi Allianceは2002年10月31日に、WEP(Wired Equivalent Protocol)として新しいWi-Fiのセキュリティ規格「Wi-Fi Protective Access」を発表した。詳細情報はURL(http://www.weca.net/OpenSection/ReleaseDisplay.asp?TID=4&ItemID=118&StrYear=2002&strmonth=10)または、URL(http://www.weca.net/OpenSection/pdf/Wi-Fi_Protected_Access_QA.pdf)または、URL(http://www.weca.net/OpenSection/pdf/Wi-Fi_Protected_Access_Overview.pdf)または、URL(http://www.weca.net/OpenSection/pdf/WPA_Home_Overview.pdf)で知ることができる。ホットスポットやWi-Fi、ドット・イレブン革命、デジタル・サテライト・ラジオ放送、スターバックス・エクスプレス、WPA(Wi-Fi Protected Access)、WPANs(Public Access WLANs)など、イレブン革命とも呼ばれているが、無線LANの環境は目に見えない。アクセスするまで存在が判らないことから、米国のWiFisense社は、パソコンがなくても単体で無線LANを検出し、無線LANの有無、パスワードの要・不要、電波の強さ、などを知ることができるウェアラブル機器を開発している。詳細情報はURL(http://www.wifisense.com/)で知ることができる。フランスのAdael Wireless社は2003年9月9日に、パリの老舗高級レストラン「La Coupole」が、レストラン、会議室、ナイトクラブでWi-Fiサービスを開始すると発表した。 詳細情報はURL(http://www.adael.net/rp/LA-COUPOLE.pdf)で知ることができる。経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室は2004年4月12日に、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が策定し2003年8月に無線LANのセキュリティ啓発に関してパソコン・無線LANの機器メーカ等が遵守すべきガイドラインを、さらに簡単・確実なセキュリティ設定の実施に向けて改定したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005134/)で知ることができる。WEP(Wired Equivalent Privacy)では「known ciphertext attack」の攻撃を受けたことから、強化版として「TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)」も登場している。Parks Associatesは2006年10月20日に、ホームネットワーク白書「Home Networks in Europe: Key Applications & Drivers」とデジタルTV白書「Digital TV Transition: Tour de Europe」を公開した。とくに、「Home Networks in Europe: Key Applications & Drivers」は、ヨーロッパにおけるすべての製品に焦点を合わせられた市場調査で、家庭の中で接続性を提供するサービス・セグメントを調査し、エンターテインメントを含んだ、ホームネットワーク、ホームコントロール、ワイヤレスのネットワーク、広帯域のネットワークについて報告し、「Digital Lifestyle」のキーになる情報です。同時に公開された「Digital TV Transition: Tour de Europe」はヨーロッパにおけるデジタルTVのレポートとして、貴重な資料といえる。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/free_data/free_data.htm)で知ることができる。


コンシューマーからの電子メールに対する企業の対応
2001年に米国のコンシューマーが望んだカスタマー・サービス
Dos and Don'ts of Client Authentication on the Web
Parks Associatesによるe-Home 2001レポート
米国のブロードバンド・サービスでインターネット・ユーザーが求めること
Broadband Access @ Home 2002
Bundled Services & Residential Gateways
Audio/Video Content to Drive Home Networking Growth
Gartner Dataquest社が2002年9月19日に発表した無線LAN市場予測
北米で第1回WWWDに発見された場所
ヨーロッパで第1回WWWDに発見された場所
Wi-Fi Protected Access Q&A
Wi-Fi Protected Access Overview
Wi-Fi Protected Access Home Overview
MediaGuardianの無線を使うパイオニア「ラップランド」情報
WiFisense社の無線LANを検出試作器
パリの老舗高級レストラン「La Coupole」でのWi-Fi サービス開始リリース
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載されたウィーンの革命で殺害されたCrasen Ballet-Latour将軍
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版概要
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版
総務省が2004年4月26日に公開した無線LANのセキュリティ・ガイドライン概要
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン資料
In-Stat/MDRが2004年5月10日に公開したマーケット成長予測グラフ
Parks Associatesは2006年10月20日に公開した「Home Networks in Europe: Key Applications & Drivers」
Parks Associatesは2006年10月20日に公開した「Digital TV Transition: Tour de Europe」

TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)
WAP(WLAN Authentication and Privacy Infrastructure)
AirPort
Bluetooth
IrDA
無線LAN
無線マウス
3次元マウス
プロトコル
インタフェース
IrTran-P
TVIQ
赤外線LANシステム
IrBus
NTT DoCoMo R&Dセンター
IrMC
携帯電話
モービル・コンピューティング
SVN
EPOC32
国際ワイヤレス/モバイルソリューション展
手回し充電器
PHS-ODS
ベアラ識別転送機能
セレクフォン
Jini
モバイル関連情報のURL
携帯電話インターネット接続
HRFWG
HomePNA
DigitalDNA
モジュール
デスクトップ・モバイラー
WORLD PC EXPO
iBook
G4
MMDS
日本初のAirMac放送記念日
携帯電話での電子商取引
ESM
ワイヤレス・バレー
体感マウス
PKICC
ファッションとマシン、インターネット
Apple Design
WLAN
Microsoft Home in New York
日刊インパク構想
室内無線通信用レーザー・レーダー・システム
スカイジャック
街角無線インターネット
VIPSLAN-100
BIOP(Burst Idle Optical Protocol)
Wireless Security Auditor
DECT
OnStar at Home
情報家電モデルハウス
Meta Pad
公衆無線LANモニターサービス
ESS-ID
XAUI(10Gigabit Attachment Unit Interface)
Multi-University Research Laboratory
DWSA(Distributed Wireless Security Auditor)
NYCwireless
Wi-Fi
ターボ・モード無線LAN
WWWD(WorldWide WarDrive)
WPA(Wi-Fi Protected Access)
Cometa Networks
隣接チャネル漏洩電力
Orbyte
HiSWANa(High Speed Wireless Access Network type a)
HyperLAN2(High PERformance Radio LAN type 2)
モバイル・ワーク
ノマディック無線システム
留守モード
携帯電話の鍵
Wider-Fi
IEEE802.1x
Zone Finder
WAPI(WLAN Authentication and Privacy Infrastructure)
WPA(Wi-Fi Protected Access)
EAP(Extensible Authentication Protocol)
PRISM Nitro XM Xtreme Multimedia
Super G
Open Park Project
携帯電話と無線LANの融合
WiFi Finder
VoWLAN
FSS(Frequency Selective Surface)
中国インターネット協会無線情報サービス専門委員会
FMC(Fixed Mobile Convergence)
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック