Weblicator

ロータス・ウェブリケータ

ロータスが1997年6月20日に発売した、自動巡回ソフトの名称。ウェブリデータは、あらかじめ登録した巡回するページの中での変更を検知し、変更された部分だけを自動的にダウンロードしたり、任意の文字列を指定してホームページをダウンロードすることもできる。また、英語に限られるがダウンロードした全データを検索したり、整理したりできる。ロータスは今回初めてソフトのOEM販売を実施し、ソフトバンクが発売元となって、店頭販売した。日本IBMは2002年3月5日に、子会社のロータスと日本チボリシステムズを2002年7月1日付で日本IBMに統合し、日本IBMソフトウェア事業部の1部門にすると発表した。