CIP(Customer Identification Program)

顧客識別プログラム

データベース化された顧客情報から、IDと整合性を確認し、識別するプログラムの総称。時に米国で2001年9月11日に発生した後、パスポートを目で確認自他だけでは十分ではないということから、ICチップを搭載したパスポートによるCIPが具体化した。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年6月6日に、「USA Patriot Act」に関して追加指導として、カスタマーの情報の共有と識別に関するレポート「USA Patriot Act: Additional Guidance Could Improve Implementation of Regulations Related to Customer Identification and Information Sharing Procedures. GAO-05-412」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-05-412)で知ることができる。
外務省は2005年6月22日に、IC旅券の導入を規定した改正旅券法が第162回国会で可決され2005年6月10日に公布されたことを受け、新型のパスポートIC旅券の導入について、発行すると発表した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic.html)で知ることができる。
外務省は2005年8月9日に、「平成16年度IC旅券調査研究報告書」を公開したと報告した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_houkoku.html)で知ることができる。また、「平成16年度IC旅券調査研究報告書」はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pdfs/ic_houkoku.pdf)でダウンロードできる。
米国の法廷で指紋捺印の信頼性についてテストしているが、驚いたことに指紋押捺が貴重で一般に信頼できるツールであるということについて、これまで十分に議論されてこなかった。そして、1つの主要な欠点に苦しみ、人生を台無しにしている人がいるということで、newscientist.comは2005年9月15日に、誤認逮捕で投獄され、自ら犯さなかった犯罪によって人生を台無しにしている人がいることから、1世紀以上に渡って使用されてきた指紋を再検証し始めたと「How far should fingerprints be trusted?」を報告した。指紋試験官がどれくらいの頻度で間違った報告をしたかという研究が皆無に近いと報告し、この禁断の分野に踏みいって、指紋捺印の信頼性テストは重要な科学的研究になる。
今コンピュータ分野でも多くのバイオメトリックス技術を導入してきているが、まず信用できるという概念が先行し、「負」の要素である間違い頻度の科学的検証をどれほど実施されているのかといえば、一世紀以上に渡って使用されてきた指紋でも、このような調査はほぼ初めてということから、再度考える必要がある研究といえる。科学者は取りあえず、肯定的理論だけを優先することが多く、それは科学の発展途上時期に認めさせるために使用されてきた考え方で、そろそろ「負」の要素から、科学的な検証をする時期になってきたといえる。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article.ns?id=mg18725174.500)で知ることができる。
外務省は2006年2月1日に、「一般旅券に係る各種処分に関する審査基準」の改定案について、改定案と現行の比較情報を公開し、一般からの意見を募集した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/shocho/public/boshu_0602.html)で知ることができる。外務省は2006年2月27日に、IC旅券FAQ(よくある質問)を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_faq.html)で知ることができる。
CVRIA(the Court of Justice of the European Communities)はECJ(European Court of Justice/欧州司法裁判所)が2006年5月に30日、米国とEU(European Union欧州連合)が2004年に結んだ航空旅客の情報提供に関する合意について、十分な法的根拠がないとして、無効とする判決を下し、2006年9月下旬までに改善策を取るようEC(European Community欧州委員会)と加盟国に命じた。詳細情報はURL(http://www.curia.eu.int/en/actu/communiques/cp06/aff/cp060046en.pdf)で知ることができる。
ニューヨークタイムズ(New York Times)は2007年3月21日に「F.B.I. Is Warned Over Its Misuse of Data Collection」を公開し、FBIによる米国国民の電話、インターネット、および財務記録を入手する広範囲な乱用に対して、下院司法委員会は2007年3月21日に先鋭な質問をしたと報告した。ジョン・コンヤーズ(John Conyers/D-MI)が委員長である委員会は調査ツールによるFBIの過失と違法使用を詳しく述べた2007年3月に公表された内部監査報告書「国家安全保障レター(A Review of the Federal Bureau of Investigation's Use of National Security Letters)」に関して、米国司法省グレン・ファイン(Glenn Fine)とFBI法律顧問のヴァレリー・カプローニ( Valerie Caproni )をたしなめ、2001年のパトリオット条例(2001 Patriot Act )とそのその後の更新の主要なアーキテクトのひとりジェームス・センセンブレナー(James Sensenbrenner/R-WI)下院議員は火曜日の公聴会で最も率直な共和党の意見を述べたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2007/03/21/washington/21fbi.html)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/03/20/AR2007032001604.html)または、URL(http://news.com.com/House+members+question+overreaching+FBI+spy+powers/2100-1028_3-6168922.html?tag=html.alert)で知ることができる。
米国のGAO(Government Accountability Office/米国政府監査機関)は2008年7月25日に、2007年に入ってパスポートの申請が急増し、2001年9月11日の同時多発テロ以降から厳しくなっていたチェックがパスポート処理能力の限界を超え、重要な遅れが発生していた。
そのような状態の需要増加を過小評価して、その結果、さらに遅れに加えて、パスポート・アプリケーションの支払処理に使用する財務官へのエージェントのワークロードが増強され、通知を提供できなくなっていた。
2007年の夏には、何10万のパスポートの発行がそれまでの2倍以上の時間が必要になり、中には10〜12週間も待たされる状況になっていた。
実際に国が予測した待つ時間の容量を超え、申請者が追跡システムを利用して、自分のパスポートの状況を知ろうとしたが、伝えきれなくなっていた。
政府は、2007年にパスポート生産能力を高めるために他の計画された努力を加速するなど、多くの応急処置を取ってきた。
例えば政府は、パスポートに判決を下すことを助けるために、これに厳しく影響を受ける米国パスポート代理店に、4つの判決特別委員会を設立し、パスポート専門家を配備した。
つまり、手作業による確認システムに戻っている。
米国の自慢ITよ、どこへ?
さらに、政府は雇用と拡大の努力を加速した。
パスポート・アプリケーションのこれらの努力と通常の季節の衰退の結果、2007年10月までに標準状態に戻った。
政府の見積りによると、これらの応急処置はUS$4280万を必要とした。
それは同時に、危険性が加速度的に高くなったことだろう。
政府をパスポート要求における短期間に押し寄せる大量申請に対応する性能を改良するために手を打ったが、それは長期のパスポート操作を改良する包括的戦略を欠いていた。
また、州が近代化の努力を誘導するために枠組みを特定していた間、それには、パスポート操作への改良を最優先して、同時にさせる総合計画がありません。
は以前の紙ベースのワークフローと効果がないコミュニケーションへの信用など、パスポート管理の効率と効果を制限しながら、いくつかの欠陥を特定し、そして、これらの短期間に押し寄せる大量申請に対応するときに露出させた。
また、政府が近代化の努力を誘導するために枠組みを特定していた間、パスポート操作への改良を最優先して、同時に必要な総合計画がなかった。
例えば、これらの改良、使用を作るための包括的戦略、企業、アプローチ、将来かなり高いワークロードを扱うために政府を備える必要性を訴えていた。
ただし、2007年10月ごろから、米国の不景気風が吹き荒れはじめ、海外旅行が急激に減退している。
良い機会だから、全体のシステムをじっくり見直すことを勧めたいが、お役所仕事では、その結果まで予測できそうである。
こればかりは古今東西、お役所仕事の愚かさが、再発することでしょう。
早い話が、事件になってからしか予算が取れず、予算を取ると、それを手放さないように無駄を開始し、馬鹿の循環が開始する。
このような話を聞くたびに、こちらの頭が変になりそうな常識が王道として通じている。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-891)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10493)で知ることができる。


IDコード
米国国土安全保障省
米国国土安全保障省/2004年
米国国土安全保障省/2004年-2
米国国土安全保障省/2005年
Asymmetric Warfare
誰が本当のビッグ・ブラザーか?
Def Tech
米国同時多発テロ事件補足資料
FISA
人間の顔を認識した個人認証
リンク
バーチャル・セックス
Library, Bookseller, and Personal Records Privacy Act
MobileMusiCon(Mobile Music Conference)
顔面認識
米国のスパイ・ネットワーク
ホームレスハッカー
ローテク・ハイコンセプト・テロ
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
ローテク・ハイコンセプト・テロ-3
ローテク・ハイコンセプト・テロ-4
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
ローテク・ハイコンセプト・テロ-6
ローテク・ハイコンセプト・テロ-7
ローテク・ハイコンセプト・テロ-8
ローテク・ハイコンセプト・テロ-9
ローテク・ハイコンセプト・テロ-10
ローテク・ハイコンセプト・テロ-11
ローテク・ハイコンセプト・テロ-12
ローテク・ハイコンセプト・テロ-13
ローテク・ハイコンセプト・テロ-14
バイオメトリックス・パスポート
自動パスポート改札機
IRIS(Iris Recognition Immigration System)
ICカード
光ICカード
e-Passport連携実証実験
コンビネーション型ICカード
「e-エアポート」構想
e-チェックイン
e-airportプロジェクト
MRP
NACCS
NSLs(National Security Letters)
CRI(Customer Respect Index)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス