Vチップ

Violence chip>>V-Chip


暴力シーンやセックス・シーンなど、子供に悪影響が出ると予測される番組を自動的に受信不能にする電子部品の総称。クリントン大統領(President Bill Clinton/William Jefferson Clinton/当時)も支持を表明し、Vチップをテレビに内蔵することを義務付ける通信改革法案が1996年2月に米国議会の上下院で可決した。放送会社や電機メーカーは検閲につながるなどと反対しているが、暴力的な番組の氾濫が犯罪多発の要因の1つになっているとう意見が優勢で、法案が成立した。第3者機関が全テレビ番組を事前審査し、暴力シーンが多い番組を指定すると、放送局がこの番組を家庭に送信すると同時にV信号を送信する。
チップ内臓テレビはこの信号を自動感知して、V指定番組の受信をできなくする仕組で、Vチップのスイッチを切ればV指定番組も見ることもできる。Vチップの詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/vchip/)で知ることができる。米国上院では、通信改革法案の1部としてVチップ法案が通過し、下院でも同様な法案が提出されている。
また、米国のゼネラル・インスツルメント(GI/General Instruments)社が提供している衛星システムは、350チャンネルの放送と2つのコントローラでVチップの機能をすでに確立している。米国の上院・下院でインターネット法案に関係した議員100人以上に抗議のメールがすぐに送れるホームページ(http://www.club-eros.com/)が開設され、実際にどれだけ検閲の対象になるようなページがあるかを調べているホームページのURL(http://www.eff.org/CAF/cafuiuc.html/)も開設されている。映像や言語が暴力的か、ワイセツ的かなどの評価に米国の映画業界が使っているRGやRなどの6段階評価を米国の娯楽・放送業界も独自に開発し、Vチップを正式に導入することがホワイトハウスのURL(http://www.whitehouse.gov/)のクリントン大統領らとの会談で発表された。
ただし、業界には表現の自由を損なうとして導入反対論も根強く、このランク付け作業に政府は干渉しないで、業界の自主判断に任せることになりそうだ。中央教育審議会は1998年3月に、続発する中学生の殺傷事件の背景にTVの影響があるのではないかという意見を参考にして、文部省や関連業界に対し、本格的にVチップ制度など導入検討を要請した。
若い教育者の間では、Vチップ制度がまずいモノは隠せという、古い大人の発想であると反発する意見も多い。インターネットが登場して、このような古い考え方で解決できると考える教育者も少なくなってきているのに、その教育を審議する中央教育審議会がこのような発想では、今後一般に多くネットワークが発達した場合、事件が起こったから対処するという根本的な哲学が存在しない中央教育審議会自体の体質改善も考慮する必要がある。
FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は1998年3月12日に、テレビチューナー付きコンピュータに「Vチップ」を組み込む技術標準を承認し、この技術標準にに基づくVチップを1999年までに内蔵することを義務づける規則を定め、発表した。詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/Bureaus/Cable/News_Releases/1998/nrcb8003.html)で読むことができる。
すでに1996年に米国連邦議会(Congress)で成立した法律によって、13インチ以上の画面のテレビにはPG指定も含んだVチップの組み込みが義務づけられている。 米国のペアレンタル・ガイド(Parental Guide)社はラスベガスで開催された「NAB(全米放送協会/National Association of Broadcasters) 1998」で1998年4月6日に、VチップとそのシステムとしてPG(Parental Guidance) Plus、レーティング・プログラムをコントロールするPG One、PG Plusをコントロールするリモコンを公開した。詳細情報はURL(http://www.parentalguide.com/)で知ることができる。
Vチップの作動の流れは、まず放送事業者が自主的に暴力や性的シーンの多い番組を格付け(レーティング)し、番組と共に何段階化の格付けされた情報が電波に載せて家庭に伝送される。親はその格付けされた情報から子供に見せる段階を選択してテレビにセットし、その指定された段階でVチップが自動的に作動して子供に見せることが適当でない番組をテレビ画面に映らないようする。日本の映倫はこれまで、年齢制限のない一般、18歳未満禁止(成人指定)、15歳未満禁止(R指定)の3段階であったが、映倫管理委員会は1998年5月から新たに、年少者の恐怖心を増幅させる刺激の強いホラー映画などの観賞を制限する12歳以下保護者同伴の「PG-12」を導入し、4段階となった。これに伴い、従来の呼称も改められ、一般は「G」、成人指定は「R-18」、R指定は「R-15」と変更された。
1998年5月12日に文部省は日本民間放送連盟に対し、Vチップの導入へ向けた検討を要請した。米国の高校などで銃乱射事件が頻繁に起こっていることから、1999年5月17日にPresident Clinton's summit on media and youth violence on Mondayが実施され、Vチップが真剣に検討された。しかし、すでに大人と同様の体格で、考え方ができる高校生や中学生がVチップでフィルタリングされた番組だけを見ることが考えられないことから、Vチップのある番組が、逆効果を発揮する可能性は高い。
フランスのパリにあるルックザットアップ(LookThatUp)社は、Webサイトの色や画質、形、空間構成によって視覚情報を分類し、そのデータを分析して各画像の視覚的データに作り出した後、そのデータをポルノ画像とされる別の画像と比較する。クライアントのサーバーが疑わしい画像をホスティングしていると、ImageFilterはその企業にメールでその度に顧客にメールで警告するフィルタImageFilterを開発した。詳細情報はURL(http://www.lookthatup.com/eng/imagefilter_f.htm)で知ることができる。
映画をランク付けして、GP = Good physics in general、PGP = Pretty good physics (just enough flaws to be fun)、PGP-13 = Children under 13 might be tricked into thinking the physics were pretty good; parental guidance is suggested、RP = Retch, XP = Obviously physics from an unknown universeにランク付けして、分析しているInsultingly Stupid Movie PhysicsのURL(http://intuitor.com/moviephysics/mpmain.html)もある。また、「Entertainment Software Rating Board」では「Game Rating」を検索できるURL(http://www.esrb.org/)を公開している。
また、インターネット上には、Internet Law(インターネット法), Cyber Law(サイバー法), E-Commerce Law(電子商取引法), Domain Name Law(ドメインネーム法), Intellectual Property Law(知的財産法), Copyright Law(著作権法) and Trademark Law(商標法)などに関する資料があるインターネット法律電子図書館(Internet Law Library)のURL(http://www.internet-law-library.com/)もある。
イギリスのthe Harvard School of Public HealthとHenry J. Kaiser Family Foundationが行ったレポート「Medical Errors: Practicing Physician and Public Views」で、健康関連情報の90%がフィルタリング・システムでポルノとしてエラー・ブロックされていることを2002年12月12日に発表した。詳細情報はURL(http://www.kff.org/content/2002/20021211a/)で知ることができる。
90%では、「子供の健康はポルノ?」と聞きたくなる。ただし、日本のインターネット協会のブロック・ソフトは、このような調査をしても損害賠償請求で訴えられる可能性があるということである。米国のJournal of the American Medical Associationも「Study: Does Pornography-Blocking Software Block Access to Health Information on the Internet?(ポルノ・ブロック・ソフトはインターネット上の健康情報をブロックするの?)」というレポートを公開した。詳細情報はURL(http://jama.ama-assn.org/issues/v288n22/abs/jtv20005.html)で知ることができる。
WIPO(World Intellectual Property Organization)が2002年12月16日に、知的財産権に則ったデジタル経済についてのレポート「INTELLECTUAL PROPERTY ON THE INTERNET」を公開した。詳細情報はURL(http://ecommerce.wipo.int/survey/)で知ることができる。
ワシントンで2004年3月30日に開催されたNAB responsibility programming summitで、スーパーボールでジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)が起こしたワードローブの誤動作事件を重視し、米国の4大ネットワークは80%の子供の両親が「V-Chip」について知らないことから、「V-Chip」の教育キャンペーンを実施することを発表した。詳細情報はURL(http://sg.biz.yahoo.com/040330/15/3j5sp.html)で知ることができる。
Broadcasting&Cableは「SET FOR A SHOWDOWN(ショットダウンのためのセット)」というタイトルで2004年7月26日に、FCCがスーパーボウル・ハーフタイム・ショーのジャネット・ジャクソン乳出し事件に罰金刑を出す可能性ができ来たことから、放送をしたViacom社のLes Moonvesが真っ向から反対し、罰金支払いを拒絶するため、最高裁判所まで戦うと公言し、FCCの権力である「放送権(authority to fine stations or revoke licenses over indecency violations)」を主張し、メンツの戦いの様相になっていることが報道された。詳細情報は登録(requires subscription)してURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA438636?display=Washington)で知ることができる。
米国上院が2004年3月5日にFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)に対し、テレビの番組内容と子供への影響調査を要求していたが、FCCはTelecommunication 1996の見直しを目的とした、子供への悪影響番組は増えているか?減っているか?Vチップの効果、テレビ番組の社会的支持と影響など、パブリック・コメントの募集を2004年7月15日から開始したと2004年9月28日に報告した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-175A1.pdf)で知ることができる。
FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2004年9月9日に、社会的な貢献する「New Educational Television Rules」としてテレビが3時間の子供向け番組と、 3時間のデジタル・マルチキャスト・チャンネルを提供する義務を新しいルー ルに加えることを発表し、またデジタル番組とアナログ番組を識別するため。 テレビ画面に「symbol E/I」を表示することを義務化するルールを加えるよう に修正すると発表した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251972A1.pdf)で知ることができる。
「Children Now」はFCCの決定を賞賛し、「 (国立放送協会/National Association of Broadcasters)」は公益義務を果たす多くの方法のうちの1つであることを認識しているが、CATVなどにも義務を化することに提供した。「Common Cause」はこの提案をさらに改革させ、進化させるべきであるとコメントを公開した。詳細情報はURL(http://www.childrennow.org/newsroom/news-04/pr-09-09-04.cfm)または、URL(http://www.nab.org/Newsroom/PressRel/statements/090904childrensdtv.htm)または、URL(http://www.commoncause.org/news/default.cfm?ArtID=386)で知ることができる。
FCCは2004年9月9日に、新しい「KIDSZONE」の提供を「www.fcc.gov/kidszone」で開始した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251992A1.pdf)で知ることができる。
米国の各メディアが2004年9月22日に、FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は、スーパーボウル(Super Bowl)でジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)とジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が起こした、おっぱいぽろり事件で、あきらかに不謹慎基準を超えていることから、CBSにUS$55万の罰金刑を言い渡したト報道した。
しかし、あれはたった1秒間に満たない事件であり、それが罰金約6000万円とは、かなり全米で問題になったことが判る。FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は2004年9月22日に、プレスリリース、命令書、Powellは米国の憲法は自由な表現の保護に寛大だが、行き過ぎは厳しく処分すべきであるとするステートメントを公開し、Coppsは不謹慎な内容について、CBSの系列会社が罰金を科されたべ きであるとするステートメントを公開し、Martinはハーフタイム・ショーの別の番組を用意すべきであったとするステートメントを公開し、Adelsteinは71/2秒でUS$550,000の罰金は軽いと非難されるかもしれないが、542,000を越える苦情から1つの苦情当たり約US$1として算出したとステートメントを公開した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-252384A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A2.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A3.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A4.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A5.pdf)で知ることができる。
米国のKaiser Family Foundationは2004年9月23日に、子供とテレビに関するレポートを公開し、親が子供に対して気になる番組はセックスが60%、暴力が53%、親の63%がこれらの番組を見せたくないと考え、完全に反対しているのは35%であったと報告した。
また、午前のテレビ番組中にセックスおよび暴力の量を制限するために、新しい規則をすることに賛成すると答え、インターネットの16%、映画の10%、音楽の7%、ビデオゲームの5%というと比較して、他のメディアの中でよりもテレビ上の不適当な内容についてもっと関心を持っていると34%の親が感じていると報告しています。子供たちはそれらの1/4(24%)がみていると答え、彼らの子供がそれらを見ることやめさせるために、テレビ格付けを使用したと言い、2001年から始まったVチップの使用を7%の親が使用したいと答えているそうです。ただし、全体の親の15%はそのまま放置し、4/10(42%)がVチップを装着したと報告した。詳細情報はURL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia092304nr.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia092304pkg.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/loader.cfm?url=/commonspot/security/getfile.cfm&PageID=46689)で知ることができる。
南カリフォルニア大学(University of Southern California)のCenter for the Digital Futureでは、「Television Violence Monitoring Reports」として、「1994-1995/VR94-95.html」「1995-1996/VR95-96.html」「1996-1997/VR96-97.html」を公開している。詳細情報はURL(http://www.digitalcenter.org/webreport94/toc.htm)または、URL(http://www.digitalcenter.org/webreport95/table.htm)または、URL(http://www.digitalcenter.org/webreport96/tableof.htm)で知ることができる。
SuperBowlでジャネット・ジャクソンがやってしまったオッパイぽろり事件で、NBCがFCCから罰金刑を言い渡されましたが、New York Postが2004年12月14日に、アテネで開催された2004年8月13日のオリンピック・オープニングで行われた7時間に渡った人類の誕生をテーマにしたショーでは、ほとんど裸同然のグレーに塗られたダンサーが登場し、明らかに疑似性器を備え、トップレスの女性も登場し、性器を強調したセレモニーもあり、同じNBCが放送したにもかかわらず、あのショーはなぜ不謹慎ではなく、罰金刑に値しないかということが話題になっている。
ダンサーは裸でも全国放送できて、ジャネット・ジャクソンは数秒でもオッパイを出したら不謹慎というのもおかしな話で、今回のFCCの罰金刑決定は、米国の常識かもしれませんが、アテネのオリンピック・オープニングは全世界で放送され、どこも問題にしていないのでは無いでしょうか?FCCの職員は、コメントを避けていると報告している。詳細情報はURL(http://www.nypost.com/entertainment/36403.htm)で知ることができる。
オリンピック・オープニングで登場した明らかに疑似性器を備えた写真が登場した。また、オリンピック・オープニングで登場したトップレスの女性の写真も確認できた。NY Postは2004年12月15日に、NBCはFCCにギリシャで開催された米国だけで約5600万人が見たオリンピックのオープニング映像データを本当に提出していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nypost.com/business/32737.htm)で知ることができる。
FCCは、この矛盾を解決するため、オリンピックの映像は超現実的(moresurrealaspects)で、anatomically correct ancient Greek art/(解剖学的に正確な古代ギリシア芸術)という言葉で許可するというのであれば、ジャネット・ジャクソンは、anatomically correct American POP art/(解剖学的に正確な米国のポップ芸術)と言うことになる。
San Francisco Chronicleは2005年1月15日に、PBSの上級プログラミング管理職(senior programming executive)であるJacoba Atlasが2005年1月12日に、2005年1月24日から施行されるテロリストの放射能拡散兵器攻撃の禁止に関する法案には、ロンドンで起った「Dirty War」に使用された'dirtybomb'攻撃として、女性のヌードも含まれると解説し、2005年2月23日にPBS stations放映される映画では、ヌード女性の前部からの映像は差し替えられると報告した。詳細情報はURL(http://sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/news/archive/2005/01/15/entertainment1641EST0559.DTL)で知ることができる。
国営放送のPBSはFCC(Federal Communications Commission)が罰金刑を言い渡したジャネット・ジャクソンオッパイぽろり事件で話題になっている不謹慎立法(卑猥禁止法/indecemcy legislation)、放射能拡散兵器攻撃の禁止に関する法案まで採用したことになる。
Broadcasting & Cableは2005年1月18日に、Fox EntertainmentのプレジデントGail Bermanが、今シーズンのタレント・コンテストではflagship programの影響から家庭の視聴者が優先され、アメリカン・アイドル(American Idol)のシェア格付けが下がると予測をしたと公表した。これもジャネット・ジャクソンなどのアイドル・スキャンダルが、家庭に悪影響を与えているということが関係しているのかもしれない。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/ekXd0I46zt0Noq0COfV0Ex)で知ることができる。
Broadcasting & Cableは2005年2月4日に、US$250万の罰金を求められているNABのフィル・ロンバルド(Phil Lombardo)会長は、2005年2月1日に開催されたFCCの合同委員会で無作法規格(indecency standards)のことになったなら、放送局対ケーブルTVと衛星TVの不平等な処理について激怒したと報告した。確かに、ComcastやTimeWarnerなどのケーブルTVと衛星TVではppv(pay-per-view)で、ハードコア・ポルノ(hard core pornography)番組も放送し、大金をかき集めているのに、数秒間ジャネット・ジャクソンがオッパイをぽろりと出しただけでUS$250万の罰金では不公平である。
これは、大衆などの非難をかわすためのFCCによるパフォーマンスといわれても仕方がない。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/ekmZ0I46zt0N3z0CPcZ0EL)で知ることができる。
the Journalnews.comは2005年2月7日に、第39回スーパーボール(Super Bowl XXXIX)の広告は30秒でUS$2.4 millionまで高騰し、今年のスーパーボールの放送を仕切っているFox社は全額でUS$14200億円を完全に売り切ったと報告し、ただし、一旦は採用された「Go Daddy」が放映されると、ジャネット・ジャクソンのおっぱいぽろり事件をイメージするという理由で抗議が殺到し、2回目の放映は中止されるなど、ジャネット・ジャクソンのおっぱいぽろり事件をからかうような広告でエントリーし、無料で話題を振りまいて、広告効果を期待する便乗広告も多く登場したと報告した。詳細情報はURL(http://www.thejournalnews.com/newsroom/020705/c0507supermediaforw.html)で知ることができる。
Multichannel Newsからの情報によると、2005年2月9日に、米国下院通商委員会(H.R.310)は、2004年のスーパーボールでジャネット・ジャクソンが起こした「オッパイぽろり事件」で、何100万の子供がその画面を見たとして提案された、無作法なプログラミングを放送したテレビ放送局に対して罰金刑の15倍の増加を求めた法案が圧倒的多数で可決したと報告した。何人かの議員は無作法なプログラミング規制がケーブルテレビ、衛星テレビ、および衛星ラジオを含め、時間帯によって同じ罰金を請求すべきであると感じ、家族向け番組時間帯を回復させるべきであると訴えている。例えばジョゼフ・ピッツ(JosephPitts)下院議員(R-PA)は、「本当にいくつかのケーブルテレビ事業で放送される番組には、かなりの量の汚物があります(there is a considerable amount of filth, really, being aired on our televisions by some in the cable industry,)」と言い、ネイザン・ディール(Nathan Deal)下院議員(R-GA)は、「何かをする必要があるほど問題は悪くなっている(the problem is getting bad enough that something needs to be done.)」と、家族に優しいプログラミング層を組み立てることによって、ケーブルテレビの無作法な放送やalacarteregulationを防ぐことができると言っている。
ただし、ジャネット・ジャクソンが起こした「オッパイぽろり事件」のせいか?そのパロディ広告を作り、放送できないと言うことで、世界中に知られて大宣伝になってしまったり、2005年のスーパーボールの広告費で新記録を樹立したり、米国企業はさらにしたたかであったといえる。また、Broadcasting&Cablesからの情報によると、2005年2月9日に、米国下院通商委員会(H.R.310)で圧倒的多数で可決した、無作法なプログラミングを放送したテレビ放送局に対して罰金刑の15倍の増加を求めた法案は、共和党内で多くの反対者がいたはずであると予測した。その原因として、1995年にセックスと暴力から子供を保護する政府の最後の試みである「V-chip導入法案」を80%の下院で共和党議員が拒絶しているからで、それに反対したのは委員会の委員長のJoe Barton議員、ニューハンプシャーのCharles Bass議員、ジョージアのNathan Deal議員とCharlie Norwood議員、アリゾナのJohn Shadegg議員、フロリダのMichael Bilirakis議員とCliff Stearns議員、ケンタッキーのEd Whitfield議員などが「V-chip導入法案」に反対投票していた。
しかし、彼ら全員、罰金刑の15倍の増加を求めた法案に賛成した。これは?どうなっているのかな と疑問を投げかけ、「FLIP-FLOP ON TV SEX」という記事で、議員のいい加減さを指摘した。詳細情報はURL(http://www.multichannel.com/article/CA503523.html?display=Policy&referral=SUPP)または、URL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA503664.html?display=News&referral=SUPP)で知ることができる。Broadcasting&Cableは、無作法なプログラミング規制の公聴会に、成人向けの娯楽産業のためのロビーイスト「Free Speech Coalition」が一切招待されず、通知も来ていなかったことに落胆し、2005年2月14日にプレスリリースで怒りを声を発したと報告した。「Free Speech Coalition」は、「客観的でプロによる証言」が公共の記録へ挿入されるように上院司法委員会(Senate Judiciary Committee)にコメントを提出し、議員が「この非常に重要な問題を意識」を保証するようにメンバーに依頼した。また、上院司法委員会(Senate Judiciary Committee)は2005年2月9日に、ポルノ産業のロビーイストがどのような法学者で、最近の判決exoneratiに関する彼らの意見がどのように影響を与えるかを聞いていた。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA504092?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。公聴会に関する情報はURL(http://judiciary.senate.gov/hearing.cfm?id=1387)にある。
Broadcasting&Cablesの追求が的を得ていて困ったのか、Broadcasting&Cablesは2005年2月16日に、Henry Waxman (D-Calif.)とBarney Frank (D-N.J.)が反対の方に修正し、下院通商委員会で391対22で通過した、無作法なプログラミングを放送したテレビ局の罰金を15倍に増加させる法案(indecency-enforcement bill)は、少し反対票が増えたが、389対38で下院を通過したと報告した。ただし、Henry Waxman (D-Calif.)とBarney Frank (D-N.J.)はそれでもジャネット・ジャクソンの行為は悲しむべきことであると発言している。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/ekvs0I46zt0OEu0CQCY0Eb)で知ることができる。
また、新規の公聴意見の提示も無かったと報告している。大きな問題に発展しそうで、政府は逃げたと取られても仕方がない。LA Times(ロサンゼルス・タイムズ)は2005年3月3日に、2005年2月29日にテッドスティーブンス(Ted Stevens)上院議員が、CATVや衛星放送で流される子供に悪影響が出ると想像される番組に関して、子供を保護する目的で導入される「Vチップ」などのフィルターは、Big Brotherが取り締まるのではなく、親が判断して導入するのが「The Best Television Filter」であると意見陳述し、ジョー・バートン(Joe Barton)下院議員も賛成したと報告した。
つまり、対象とされる番組をブロッキングなどを利用して、法律などで強制的に禁止するのではなく、それらの選択種を政府は用意し、子供を守る最終的判断は親であるべきという考え方であるが、日本の場合は、そのフィルタリング・システムの精度をチェックする民間団体をフィルタリング・システム開発団体が著作権で締めでしている。ジェイ・ロックフェラー(Jay Rockefeller/民主党)とケイ・べイリー・ハチソン(Kay Bailey Hutchison/共和党)は2005年3月11日に、ジャネット・ジャクソンのオッパイぽろり事件で登場したFCCの無作法対象にCATVと衛星放送も入れて、初めて加えられた無作法の罰金定義に暴力番組も含めたロックフェラー-ハチソン法案(The Rockefeller-Hutchison bill )を議会に提案した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA510795?display=Breaking+News&referral=SUPP)または、URL(http://commerce.senate.gov/newsroom/printable.cfm?id=233399)で知ることができる。
ABCがMonday Night Footballのプロモーションで2004年11月15日に放映した、シェリダン(Nicolette Sheridan)のバスロープが落ち、彼女のむき出しの背中が露出される瞬間を聴衆が見て、Philadelphia EaglesのワイドレシーバーTerrell Owensが、シェリダンの露出部分を見ていることが大きな話題になった事件で、Broadcasting&Cableは2005年3月15日に、FCC(Federal Communications Commission)は2005年3月14日の月曜日に行われた無作法苦情の裁定で否定したと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA510527?display=Breaking+News&referral=SUPP)またはURL(http://www.multichannel.com/article/CA510536.html?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。またFCCへの判定以来と判定結果はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-05-53A1.pdf)またはURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-257363A1.pdf)で知ることができる。バスロープが落ちる前の写真はURL(http://www.jossip.com/dailyj/2005/03/15/decency_affirmed_fcc_rules_kosher_nicolette_sheridans_towel_drop.php)、バスロープが落ちた後の写真はURL(http://www.usatoday.com/news/washington/2005-03-14-fcc-desperate_x.htm?POE=NEWISVA)で比較できる。
Broadcasting & Cableは2005年4月26日に、NCTA(National Cable & Telecommunications Association)が子供向け番組で新しいコンテンツ・コントローの取り組みを計画していると報告した。ジャネット・ジャクソンのオッパイぽろり事件ではテレビ局が罰金刑を受けた後、ケーブルテレビがポルノで稼いでいるとテレビ局から反撃され、Senate Commerce CommitteeのTed Stevens (R-Alaska)を初めとする強力な追求もあり、自主規制に乗り出すことになったようである。詳細情報はURL(http://email.broadcastingcable.com/cgi-bin2/DM/y/els20I46zt0Olt0CTeP0Ea)で知ることができる。ICANNの理事会は2006年5月10日に、アダルトサイト向けドメイン「.xxx」の承認を9対5で否決した。詳細情報はURL(http://www.icann.org/announcements/announcement-08may06.htm)または、URL(http://www.icann.org/announcements/announcement-10may06.htm)で知ることができる。
PaidContent.orgは2006年7月5日に、Cisco社がLinksys社、Scientific-Atlanta社、Kiss Technology社を買収したことから、現在デジタル・ホームに対する焦点の当て方の戦略を大きく変更してきていると報告した。Cisco社は、ホーム・ネットワーク戦略を実現させるために、コンテンツと著作権映画かゲームを保護するセキュリティ技術へのアクセスを必要としていると分析し、パートナーシップと投資で目標を達成することが良い方法と考えはじめている。
KissネットワークでつながれたDVDプレーヤーに関するAkimbo社、DRMのためのWidevine社、TerraPlay社、IndiaGames社、Exent社、Emergent.Related社などを含んだ投資の第3ラウンドとして、US%1550万をCisco社、AT&T社、Blueprint Ventures社による新しい投資が始まると報告している。この投資は最初がUS$425万、第2が1200万と膨らみ、合計でUS$3275万になっている。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/akimbo-closes-155-million-third-round-cisco-att-blueprint-ventures-are-new-investors)で知ることができる。

[Vチップのレベルとフィルタリングのパーセンテージ]
Sレベル:Sex関連の92%のサイトをフィルタリングする。
Vレベル:暴力シーンの79%のサイトをフィルタリングする。
FVレベル:暴力シーンの81%のサイトをフィルタリングする。
(1998年9月25日のKaiser Family Foundation reportsより)

[FCCが規定しているテレビ向け「V-Chip」の種類]
URL(http://www.fcc.gov/vchip/)
TV-Y (All Children -- This program is designed to be appropriate for all children.) Whether animated or live-action, the themes and elements in this program are specifically designed for a very young audience, including children from ages 2-6. This program is not expected to frighten younger children.
暴力シーンやセックス・シーンなど、子供に悪影響が出ると予測される番組を自動的に受信不能にする電子部品の総称。クリントン大統領(President Bill Clinton/William Jefferson Clinton/当時)も支持を表明し、Vチップをテレビに内蔵することを義務付ける通信改革法案が1996年2月に米国議会の上下院で可決した。放送会社や電機メーカーは検閲につながるなどと反対しているが、暴力的な番組の氾濫が犯罪多発の要因の1つになっているとう意見が優勢で、法案が成立した。第3者機関が全テレビ番組を事前審査し、暴力シーンが多い番組を指定すると、放送局がこの番組を家庭に送信すると同時にV信号を送信する。チップ内臓テレビはこの信号を自動感知して、V指定番組の受信をできなくする仕組で、Vチップのスイッチを切ればV指定番組も見ることもできる。Vチップの詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/vchip/)で知ることができる。米国上院では、通信改革法案の1部としてVチップ法案が通過し、下院でも同様な法案が提出されている。また、米国のゼネラル・インスツルメント(GI/General Instruments)社が提供している衛星システムは、350チャンネルの放送と2つのコントローラでVチップの機能をすでに確立している。米国の上院・下院でインターネット法案に関係した議員100人以上に抗議のメールがすぐに送れるホームページ(http://www.club-eros.com/)が開設され、実際にどれだけ検閲の対象になるようなページがあるかを調べているホームページのURL(http://www.eff.org/CAF/cafuiuc.html/)も開設されている。映像や言語が暴力的か、ワイセツ的かなどの評価に米国の映画業界が使っているRGやRなどの6段階評価を米国の娯楽・放送業界も独自に開発し、Vチップを正式に導入することがホワイトハウスのURL(http://www.whitehouse.gov/)のクリントン大統領らとの会談で発表された。ただし、業界には表現の自由を損なうとして導入反対論も根強く、このランク付け作業に政府は干渉しないで、業界の自主判断に任せることになりそうだ。中央教育審議会は1998年3月に、続発する中学生の殺傷事件の背景にTVの影響があるのではないかという意見を参考にして、文部省や関連業界に対し、本格的にVチップ制度など導入検討を要請した。若い教育者の間では、Vチップ制度がまずいモノは隠せという、古い大人の発想であると反発する意見も多い。インターネットが登場して、このような古い考え方で解決できると考える教育者も少なくなってきているのに、その教育を審議する中央教育審議会がこのような発想では、今後一般に多くネットワークが発達した場合、事件が起こったから対処するという根本的な哲学が存在しない中央教育審議会自体の体質改善も考慮する必要がある。FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は1998年3月12日に、テレビチューナー付きコンピュータに「Vチップ」を組み込む技術標準を承認し、この技術標準にに基づくVチップを1999年までに内蔵することを義務づける規則を定め、発表した。詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/Bureaus/Cable/News_Releases/1998/nrcb8003.html)で読むことができる。すでに1996年に米国連邦議会(Congress)で成立した法律によって、13インチ以上の画面のテレビにはPG指定も含んだVチップの組み込みが義務づけられている。 米国のペアレンタル・ガイド(Parental Guide)社はラスベガスで開催された「NAB(全米放送協会/National Association of Broadcasters) 1998」で1998年4月6日に、VチップとそのシステムとしてPG(Parental Guidance) Plus、レーティング・プログラムをコントロールするPG One、PG Plusをコントロールするリモコンを公開した。詳細情報はURL(http://www.parentalguide.com/)で知ることができる。Vチップの作動の流れは、まず放送事業者が自主的に暴力や性的シーンの多い番組を格付け(レーティング)し、番組と共に何段階化の格付けされた情報が電波に載せて家庭に伝送される。親はその格付けされた情報から子供に見せる段階を選択してテレビにセットし、その指定された段階でVチップが自動的に作動して子供に見せることが適当でない番組をテレビ画面に映らないようする。日本の映倫はこれまで、年齢制限のない一般、18歳未満禁止(成人指定)、15歳未満禁止(R指定)の3段階であったが、映倫管理委員会は1998年5月から新たに、年少者の恐怖心を増幅させる刺激の強いホラー映画などの観賞を制限する12歳以下保護者同伴の「PG-12」を導入し、4段階となった。これに伴い、従来の呼称も改められ、一般は「G」、成人指定は「R-18」、R指定は「R-15」と変更された。1998年5月12日に文部省は日本民間放送連盟に対し、Vチップの導入へ向けた検討を要請した。米国の高校などで銃乱射事件が頻繁に起こっていることから、1999年5月17日にPresident Clinton's summit on media and youth violence on Mondayが実施され、Vチップが真剣に検討された。しかし、すでに大人と同様の体格で、考え方ができる高校生や中学生がVチップでフィルタリングされた番組だけを見ることが考えられないことから、Vチップのある番組が、逆効果を発揮する可能性は高い。フランスのパリにあるルックザットアップ(LookThatUp)社は、Webサイトの色や画質、形、空間構成によって視覚情報を分類し、そのデータを分析して各画像の視覚的データに作り出した後、そのデータをポルノ画像とされる別の画像と比較する。クライアントのサーバーが疑わしい画像をホスティングしていると、ImageFilterはその企業にメールでその度に顧客にメールで警告するフィルタImageFilterを開発した。詳細情報はURL(http://www.lookthatup.com/eng/imagefilter_f.htm)で知ることができる。映画をランク付けして、GP = Good physics in general、PGP = Pretty good physics (just enough flaws to be fun)、PGP-13 = Children under 13 might be tricked into thinking the physics were pretty good; parental guidance is suggested、RP = Retch, XP = Obviously physics from an unknown universeにランク付けして、分析しているInsultingly Stupid Movie PhysicsのURL(http://intuitor.com/moviephysics/mpmain.html)もある。また、「Entertainment Software Rating Board」では「Game Rating」を検索できるURL(http://www.esrb.org/)を公開している。また、インターネット上には、Internet Law(インターネット法), Cyber Law(サイバー法), E-Commerce Law(電子商取引法), Domain Name Law(ドメインネーム法), Intellectual Property Law(知的財産法), Copyright Law(著作権法) and Trademark Law(商標法)などに関する資料があるインターネット法律電子図書館(Internet Law Library)のURL(http://www.internet-law-library.com/)もある。また、イギリスのthe Harvard School of Public HealthとHenry J. Kaiser Family Foundationが行ったレポート「Medical Errors: Practicing Physician and Public Views」で、健康関連情報の90%がフィルタリング・システムでポルノとしてエラー・ブロックされていることを2002年12月12日に発表した。詳細情報はURL(http://www.kff.org/content/2002/20021211a/)で知ることができる。90%では、「子供の健康はポルノ?」と聞きたくなる。ただし、日本のインターネット協会のブロック・ソフトは、このような調査をしても損害賠償請求で訴えられる可能性があるということである。米国のJournal of the American Medical Associationも「Study: Does Pornography-Blocking Software Block Access to Health Information on the Internet?(ポルノ・ブロック・ソフトはインターネット上の健康情報をブロックするの?)」というレポートを公開した。詳細情報はURL(http://jama.ama-assn.org/issues/v288n22/abs/jtv20005.html)で知ることができる。WIPO(World Intellectual Property Organization)が2002年12月16日に、知的財産権に則ったデジタル経済についてのレポート「INTELLECTUAL PROPERTY ON THE INTERNET」を公開した。詳細情報はURL(http://ecommerce.wipo.int/survey/)で知ることができる。ワシントンで2004年3月30日に開催されたNAB responsibility programming summitで、スーパーボールでジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)が起こしたワードローブの誤動作事件を重視し、米国の4大ネットワークは80%の子供の両親が「V-Chip」について知らないことから、「V-Chip」の教育キャンペーンを実施することを発表した。詳細情報はURL(http://sg.biz.yahoo.com/040330/15/3j5sp.html)で知ることができる。Broadcasting&Cableは「SET FOR A SHOWDOWN(ショットダウンのためのセット)」というタイトルで2004年7月26日に、FCCがスーパーボウル・ハーフタイム・ショーのジャネット・ジャクソン乳出し事件に罰金刑を出す可能性ができ来たことから、放送をしたViacom社のLes Moonvesが真っ向から反対し、罰金支払いを拒絶するため、最高裁判所まで戦うと公言し、FCCの権力である「放送権(authority to fine stations or revoke licenses over indecency violations)」を主張し、メンツの戦いの様相になっていることが報道された。詳細情報は登録(requires subscription)してURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA438636?display=Washington)で知ることができる。米国上院が2004年3月5日にFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)に対し、テレビの番組内容と子供への影響調査を要求していたが、FCCはTelecommunication 1996の見直しを目的とした、子供への悪影響番組は増えているか?減っているか?Vチップの効果、テレビ番組の社会的支持と影響など、パブリック・コメントの募集を2004年7月15日から開始したと2004年9月28日に報告した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-175A1.pdf)で知ることができる。FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2004年9月9日に、社会的な貢献する「New Educational Television Rules」としてテレビが3時間の子供向け番組と、 3時間のデジタル・マルチキャスト・チャンネルを提供する義務を新しいルー ルに加えることを発表し、またデジタル番組とアナログ番組を識別するため。 テレビ画面に「symbol E/I」を表示することを義務化するルールを加えるよう に修正すると発表した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251972A1.pdf)で知ることができる。「Children Now」はFCCの決定を賞賛し、「 (国立放送協会/National Association of Broadcasters)」は公益義務を果たす多くの方法のうちの1つであることを認識しているが、CATVなどにも義務を化することに提供した。「Common Cause」はこの提案をさらに改革させ、進化させるべきであるとコメントを公開した。詳細情報はURL(http://www.childrennow.org/newsroom/news-04/pr-09-09-04.cfm)または、URL(http://www.nab.org/Newsroom/PressRel/statements/090904childrensdtv.htm)または、URL(http://www.commoncause.org/news/default.cfm?ArtID=386)で知ることができる。FCCは2004年9月9日に、新しい「KIDSZONE」の提供を「www.fcc.gov/kidszone」で開始した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251992A1.pdf)で知ることができる。米国の各メディアが2004年9月22日に、FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は、スーパーボウル(Super Bowl)でジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)とジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が起こした、おっぱいぽろり事件で、あきらかに不謹慎基準を超えていることから、CBSにUS$55万の罰金刑を言い渡したト報道した。しかし、あれはたった1秒間に満たない事件であり、それが罰金約6000万円とは、かなり全米で問題になったことが判る。FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は2004年9月22日に、プレスリリース、命令書、Powellは米国の憲法は自由な表現の保護に寛大だが、行き過ぎは厳しく処分すべきであるとするステートメントを公開し、Coppsは不謹慎な内容について、CBSの系列会社が罰金を科されたべ きであるとするステートメントを公開し、Martinはハーフタイム・ショーの別の番組を用意すべきであったとするステートメントを公開し、Adelsteinは71/2秒でUS$550,000の罰金は軽いと非難されるかもしれないが、542,000を越える苦情から1つの苦情当たり約US$1として算出したとステートメントを公開した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-252384A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A2.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A3.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A4.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A5.pdf)で知ることができる。米国のKaiser Family Foundationは2004年9月23日に、子供とテレビに関するレポートを公開し、親が子供に対して気になる番組はセックスが60%、暴力が53%、親の63%がこれらの番組を見せたくないと考え、完全に反対しているのは35%であったと報告した。また、午前のテレビ番組中にセックスおよび暴力の量を制限するために、新しい規則をすることに賛成すると答え、インターネットの16%、映画の10%、音楽の7%、ビデオゲームの5%というと比較して、他のメディアの中でよりもテレビ上の不適当な内容についてもっと関心を持っていると34%の親が感じていると報告しています。子供たちはそれらの1/4(24%)がみていると答え、彼らの子供がそれらを見ることやめさせるために、テレビ格付けを使用したと言い、2001年から始まったVチップの使用を7%の親が使用したいと答えているそうです。ただし、全体の親の15%はそのまま放置し、4/10(42%)がVチップを装着したと報告した。詳細情報はURL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia092304nr.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia092304pkg.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/loader.cfm?url=/commonspot/security/getfile.cfm&PageID=46689)で知ることができる。南カリフォルニア大学(University of Southern California)のCenter for the Digital Futureでは、「Television Violence Monitoring Reports」として、「1994-1995/VR94-95.html」「1995-1996/VR95-96.html」「1996-1997/VR96-97.html」を公開している。詳細情報はURL(http://www.digitalcenter.org/webreport94/toc.htm)または、URL(http://www.digitalcenter.org/webreport95/table.htm)または、URL(http://www.digitalcenter.org/webreport96/tableof.htm)で知ることができる。SuperBowlでジャネット・ジャクソンがやってしまったオッパイぽろり事件で、NBCがFCCから罰金刑を言い渡されましたが、New York Postが2004年12月14日に、アテネで開催された2004年8月13日のオリンピック・オープニングで行われた7時間に渡った人類の誕生をテーマにしたショーでは、ほとんど裸同然のグレーに塗られたダンサーが登場し、明らかに疑似性器を備え、トップレスの女性も登場し、性器を強調したセレモニーもあり、同じNBCが放送したにもかかわらず、あのショーはなぜ不謹慎ではなく、罰金刑に値しないかということが話題になっている。ダンサーは裸でも全国放送できて、ジャネット・ジャクソンは数秒でもオッパイを出したら不謹慎というのもおかしな話で、今回のFCCの罰金刑決定は、米国の常識かもしれませんが、アテネのオリンピック・オープニングは全世界で放送され、どこも問題にしていないのでは無いでしょうか?FCCの職員は、コメントを避けていると報告している。詳細情報はURL(http://www.nypost.com/entertainment/36403.htm)で知ることができる。オリンピック・オープニングで登場した明らかに疑似性器を備えた写真があるURL(http://123india.santabanta.com/gallery1.asp?mid1=7805VolunteersperformduringashowattheopeningceremonyoftheAthens2004OlympicGames)また、オリンピック・オープニングで登場した性器を強調したダンスの写真があるURL(http://123india.santabanta.com/gallery1.asp?mid1=7806
ArtistssymbolisingancientGreeceperformduringtheopeningceremonyoftheAthens2004OlympicGames
)また、オリンピック・オープニングで登場したトップレスの女性の写真があるURL(http://123india.santabanta.com/gallery1.asp?mid1=7807
AnartistsymbolisingancientGreeceperformsduringtheopeningceremony
)で確認できる。NY Postは2004年12月15日に、NBCはFCCにギリシャで開催された米国だけで約5600万人が見たオリンピックのオープニング映像データを本当に提出していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nypost.com/business/32737.htm)で知ることができる。FCCは、この矛盾を解決するため、オリンピックの映像は超現実的(moresurrealaspects)で、anatomically correct ancient Greek art/(解剖学的に正確な古代ギリシア芸術)という言葉で許可するというのであれば、ジャネット・ジャクソンは、anatomically correct American POP art/(解剖学的に正確な米国のポップ芸術)と言うことになる。San Francisco Chronicleは2005年1月15日に、PBSの上級プログラミング管理職(senior programming executive)であるJacoba Atlasが2005年1月12日に、2005年1月24日から施行されるテロリストの放射能拡散兵器攻撃の禁止に関する法案には、ロンドンで起った「Dirty War」に使用された'dirtybomb'攻撃として、女性のヌードも含まれると解説し、2005年2月23日にPBS stations放映される映画では、ヌード女性の前部からの映像は差し替えられると報告した。詳細情報はURL(http://sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/news/archive/2005/01/15/entertainment1641EST0559.DTL)で知ることができる。国営放送のPBSはFCC(Federal Communications Commission)が罰金刑を言い渡したジャネット・ジャクソンオッパイぽろり事件で話題になっている不謹慎立法(卑猥禁止法/indecemcy legislation)、放射能拡散兵器攻撃の禁止に関する法案まで採用したことになる。Broadcasting & Cableは2005年1月18日に、Fox EntertainmentのプレジデントGail Bermanが、今シーズンのタレント・コンテストではflagship programの影響から家庭の視聴者が優先され、アメリカン・アイドル(American Idol)のシェア格付けが下がると予測をしたと公表した。これもジャネット・ジャクソンなどのアイドル・スキャンダルが、家庭に悪影響を与えているということが関係しているのかもしれない。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/ekXd0I46zt0Noq0COfV0Ex)で知ることができる。Broadcasting & Cableは2005年2月4日に、US$250万の罰金を求められているNABのフィル・ロンバルド(Phil Lombardo)会長は、2005年2月1日に開催されたFCCの合同委員会で無作法規格(indecency standards)のことになったなら、放送局対ケーブルTVと衛星TVの不平等な処理について激怒したと報告した。確かに、ComcastやTimeWarnerなどのケーブルTVと衛星TVではppv(pay-per-view)で、ハードコア・ポルノ(hard core pornography)番組も放送し、大金をかき集めているのに、数秒間ジャネット・ジャクソンがオッパイをぽろりと出しただけでUS$250万の罰金では不公平である。これは、大衆などの非難をかわすためのFCCによるパフォーマンスといわれても仕方がない。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/ekmZ0I46zt0N3z0CPcZ0EL)で知ることができる。the Journalnews.comは2005年2月7日に、第39回スーパーボール(Super Bowl XXXIX)の広告は30秒でUS$2.4 millionまで高騰し、今年のスーパーボールの放送を仕切っているFox社は全額でUS$14200億円を完全に売り切ったと報告し、ただし、一旦は採用された「Go Daddy」が放映されると、ジャネット・ジャクソンのおっぱいぽろり事件をイメージするという理由で抗議が殺到し、2回目の放映は中止されるなど、ジャネット・ジャクソンのおっぱいぽろり事件をからかうような広告でエントリーし、無料で話題を振りまいて、広告効果を期待する便乗広告も多く登場したと報告した。詳細情報はURL(http://www.thejournalnews.com/newsroom/020705/c0507supermediaforw.html)で知ることができる。Multichannel Newsからの情報によると、2005年2月9日に、米国下院通商委員会(H.R.310)は、2004年のスーパーボールでジャネット・ジャクソンが起こした「オッパイぽろり事件」で、何100万の子供がその画面を見たとして提案された、無作法なプログラミングを放送したテレビ放送局に対して罰金刑の15倍の増加を求めた法案が圧倒的多数で可決したと報告した。何人かの議員は無作法なプログラミング規制がケーブルテレビ、衛星テレビ、および衛星ラジオを含め、時間帯によって同じ罰金を請求すべきであると感じ、家族向け番組時間帯を回復させるべきであると訴えている。例えばジョゼフ・ピッツ(JosephPitts)下院議員(R-PA)は、「本当にいくつかのケーブルテレビ事業で放送される番組には、かなりの量の汚物があります(there is a considerable amount of filth, really, being aired on our televisions by some in the cable industry,)」と言い、ネイザン・ディール(Nathan Deal)下院議員(R-GA)は、「何かをする必要があるほど問題は悪くなっている(the problem is getting bad enough that something needs to be done.)」と、家族に優しいプログラミング層を組み立てることによって、ケーブルテレビの無作法な放送やalacarteregulationを防ぐことができると言っている。ただし、ジャネット・ジャクソンが起こした「オッパイぽろり事件」のせいか?そのパロディ広告を作り、放送できないと言うことで、世界中に知られて大宣伝になってしまったり、2005年のスーパーボールの広告費で新記録を樹立したり、米国企業はさらにしたたかであったといえる。また、Broadcasting&Cablesからの情報によると、2005年2月9日に、米国下院通商委員会(H.R.310)で圧倒的多数で可決した、無作法なプログラミングを放送したテレビ放送局に対して罰金刑の15倍の増加を求めた法案は、共和党内で多くの反対者がいたはずであると予測した。その原因として、1995年にセックスと暴力から子供を保護する政府の最後の試みである「V-chip導入法案」を80%の下院で共和党議員が拒絶しているからで、それに反対したのは委員会の委員長のJoe Barton議員、ニューハンプシャーのCharles Bass議員、ジョージアのNathan Deal議員とCharlie Norwood議員、アリゾナのJohn Shadegg議員、フロリダのMichael Bilirakis議員とCliff Stearns議員、ケンタッキーのEd Whitfield議員などが「V-chip導入法案」に反対投票していた。しかし、彼ら全員、罰金刑の15倍の増加を求めた法案に賛成した。これは?どうなっているのかな と疑問を投げかけ、「FLIP-FLOP ON TV SEX」という記事で、議員のいい加減さを指摘した。詳細情報はURL(http://www.multichannel.com/article/CA503523.html?display=Policy&referral=SUPP)または、URL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA503664.html?display=News&referral=SUPP)で知ることができる。Broadcasting&Cableは、無作法なプログラミング規制の公聴会に、成人向けの娯楽産業のためのロビーイスト「Free Speech Coalition」が一切招待されず、通知も来ていなかったことに落胆し、2005年2月14日にプレスリリースで怒りを声を発したと報告した。「Free Speech Coalition」は、「客観的でプロによる証言」が公共の記録へ挿入されるように上院司法委員会(Senate Judiciary Committee)にコメントを提出し、議員が「この非常に重要な問題を意識」を保証するようにメンバーに依頼した。また、上院司法委員会(Senate Judiciary Committee)は2005年2月9日に、ポルノ産業のロビーイストがどのような法学者で、最近の判決exoneratiに関する彼らの意見がどのように影響を与えるかを聞いていた。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA504092?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。公聴会に関する情報はURL(http://judiciary.senate.gov/hearing.cfm?id=1387)にある。Broadcasting&Cablesの追求が的を得ていて困ったのか、Broadcasting&Cablesは2005年2月16日に、Henry Waxman (D-Calif.)とBarney Frank (D-N.J.)が反対の方に修正し、下院通商委員会で391対22で通過した、無作法なプログラミングを放送したテレビ局の罰金を15倍に増加させる法案(indecency-enforcement bill)は、少し反対票が増えたが、389対38で下院を通過したと報告した。ただし、Henry Waxman (D-Calif.)とBarney Frank (D-N.J.)はそれでもジャネット・ジャクソンの行為は悲しむべきことであると発言している。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/ekvs0I46zt0OEu0CQCY0Eb)で知ることができる。また、新規の公聴意見の提示も無かったと報告している。大きな問題に発展しそうで、政府は逃げたと取られても仕方がない。LA Times(ロサンゼルス・タイムズ)は2005年3月3日に、2005年2月29日にテッドスティーブンス(Ted Stevens)上院議員が、CATVや衛星放送で流される子供に悪影響が出ると想像される番組に関して、子供を保護する目的で導入される「Vチップ」などのフィルターは、Big Brotherが取り締まるのではなく、親が判断して導入するのが「The Best Television Filter」であると意見陳述し、ジョー・バートン(Joe Barton)下院議員も賛成したと報告した。つまり、対象とされる番組をブロッキングなどを利用して、法律などで強制的に禁止するのではなく、それらの選択種を政府は用意し、子供を守る最終的判断は親であるべきという考え方であるが、日本の場合は、そのフィルタリング・システムの精度をチェックする民間団体をフィルタリング・システム開発団体が著作権で締めでしている。ジェイ・ロックフェラー(Jay Rockefeller/民主党)とケイ・べイリー・ハチソン(Kay Bailey Hutchison/共和党)は2005年3月11日に、ジャネット・ジャクソンのオッパイぽろり事件で登場したFCCの無作法対象にCATVと衛星放送も入れて、初めて加えられた無作法の罰金定義に暴力番組も含めたロックフェラー-ハチソン法案(The Rockefeller-Hutchison bill )を議会に提案した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA510795?display=Breaking+News&referral=SUPP)または、URL(http://commerce.senate.gov/newsroom/printable.cfm?id=233399)で知ることができる。ABCがMonday Night Footballのプロモーションで2004年11月15日に放映した、シェリダン(Nicolette Sheridan)のバスロープが落ち、彼女のむき出しの背中が露出される瞬間を聴衆が見て、Philadelphia EaglesのワイドレシーバーTerrell Owensが、シェリダンの露出部分を見ていることが大きな話題になった事件で、Broadcasting&Cableは2005年3月15日に、FCC(Federal Communications Commission)は2005年3月14日の月曜日に行われた無作法苦情の裁定で否定したと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA510527?display=Breaking+News&referral=SUPP)またはURL(http://www.multichannel.com/article/CA510536.html?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。またFCCへの判定以来と判定結果はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-05-53A1.pdf)またはURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-257363A1.pdf)で知ることができる。バスロープが落ちる前の写真はURL(http://www.jossip.com/dailyj/2005/03/15/decency_affirmed_fcc_rules_kosher_nicolette_sheridans_towel_drop.php)、バスロープが落ちた後の写真はURL(http://www.usatoday.com/news/washington/2005-03-14-fcc-desperate_x.htm?POE=NEWISVA)で比較できる。Los Angeles Timesは2005年4月19日に、Orrin G. Hatch(R-Utah)上院議員が提出した「Family Entertainment and Copyright Act of 2005」について、米国の著作権法は、ハリウッドに有利に動き出し、どんどん一般ユーザーの自由を剥奪しようとしているが、同時に、ジャネット・ジャクソンのオッパイぽろり事件が、DVDから不快な場面や言葉を排除できる法案「Family Entertainment and Copyright Act of 2005」を可決する方向まで出始め、これはハリウッドを苦しめることになりそうだと報告している。詳細情報はURL(http://www.latimes.com/business/printedition/la-fi-camcorder19apr19,1,3665758.story?coll=la-headlines-pe-business)で知ることができる。U.S. Multicultural Kids Study 2005が2005年11月1日に発表され、69%の子供(6 - 14)部屋にテレビが置かれていると報告し、49%の子供のベットルームにはテレビゲームがあり、46%にVCRs、37%にDVDプレイヤー、35%に衛星テレビかケーブルTV、24%にパソコンがあり、18%はインターネット・アクセス環境が整っていると報告した。Nielsenの2005年10月9日に発表した調査によれば、子供のテレビ依存度は20代の青年より多く、1週間で23時間3分テレビを見ていたと報告し、1992年の21時間18分より急激に増えているとも報告している。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6280123.html?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。ロイターは2005年12月5日に、ICANNがポルノサイト用ドメイン「.xxx」について最終決定を延期したと報告した。詳細情報はURL(http://today.reuters.com/news/newsArticle.aspx?type=internetNews&storyID=2005-12-05T195430Z_01_ARM571653_RTRUKOC_0_US-DOMAINS.xml)で知ることができる。。Alternetは、Michael AbernethyでPopMattersが書いたコラム「TV: Too Sexy For Your Couch?(テレビ: あなたの寝椅子にはセクシー過ぎますか?)」を公開し、the Kaiser Family Foundation and Parent Television Councilが2005年12月14日に実施した「New Report on Educational Media for Babies, Toddlers, and Preschoolers」で公開した「Issue Brief -- A Teacher in the Living Room? Educational Media for Babies, Toddlers, and Preschoolers」は何もかも規制しようとしていると批判している。このコラムは、同時に米国のテレビとセックスの文化史まで盛り込んで非常に面白い、例えば、1947年にシリーズ「Mary Kay and Johnny」で初めて夫婦がベッドにいる場面が放送され、1964年に「Another World」で妊娠中絶について登場し、「Espionage」で同性愛に関する場面が登場した。1977年には同性愛のキャラクターが「Soap」で登場し、1986年には「The Last Precinct」で性転換したキャラクターが登場している。1973年にCBSが放送した「Steambath」では、Valerie Perrineが故意に胸をはだけ、野球ドラマ「Bay City Blues」では、男性のむき出しの尻が登場し、1986年の「Cagney & Lacey」では10代の子供にコンドームの使い方を教える最初の名誉ある場面が登場している。さらに1973年にCBSが放送した「The New Dick Van Dyke Show.」では、12歳の少女が昼にセックスしていた両親に出くわし、両親(Van DykeとHope Lange)が裸のまま娘とセックスについて話し合う場面は「不適当である」と非難され、論争に巻き込まれそうになり、32年後にCBSは「Two and a Half Men」で10歳のJake (Angus T. Jones)をUncle Charlie (Charlie Sheen)の寝室へ誘い込み、クレージーな隣人と性的な関係を持ったことに、「私はアラームシステムを無効にする方法を知っている人とセックスした」のは、誤りであったと説明している。最後にテレビでセックスを扱うのは、みんな十分にしているし、そこまで規制してどうしたいのか疑問を投げかけている。詳細情報はURL(http://www.alternet.org/mediaculture/29614/)また、「New Report on Educational Media for Babies, Toddlers, and Preschoolers」はURL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia121405pkg.cfm)で、「A Teacher in the Living Room? Educational Media for Babies, Toddlers, and Preschoolers」はURL(http://www.kff.org/entmedia/upload/7427.pdf)で知ることができる。Broadcasting&Cableは2006年6月7日に、 New America Foundationのイベントでヒラリー・クリントン(Sen Hillary Clinton/(D-NY)が、Vチップ、いろいろなCATV、TiVoなど、個人をコントロールする機能を持ち、米国の実験の中で、テレビは社会的な親代わりになっていると警告したと報告した。たった2ヶ月間ライブドアの堀江に脅されただけで、あのタモリ、サンマ、たけしの3人が一生涯恥をかき、さげすまれ、必死になっても稼げない500億円以上を支払って、今になって告訴するといっても「のれん」になんとかで、どうにもならない。そんなフジテレビの会長さんや役員さんが作り出す番組が、子供の親代わり?お笑い番組が安くできるというと、ほとんど教育なんて言葉を忘れ、ほとんどどこの番組もお笑いタレントだけになるテレビ局が親代わり?国営放送は、タレントを支援して紅白歌合戦や大河ドラマを作って、そこで社員国民の支払ったお金をピンハネし、それが子供の親代わり?クリントンは、その技術が与える子供への効果や影響が何であるかを測ることが重要である理由として、両親がテレビを監督する時間が見て、片親にとって、指数関数的チェックすることは困難で、わかりにくいと言い、技術がそれに応じる私たちの能力をしのいだと言っている。もう検閲と言論の自由の間のイデオロギーの分水嶺を理解し、皆には越えるべきである役割がもうあるべきときであると言いった。彼女は、V-チップとTiVoの親コントロール機能を理解しているような技術で助けるために、両親のメディアガイドを求めて、Websiteにそれを掲示している。また、様々なメディアが子供への効果と影響について長期にわたって調査する国立衛生研究所の研究に資金も求める「the Children and Media Research Advancement Act」を作成した。クリントンはすぐに議員投票にかけられることを期待していると言っている。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6341731?display=Breaking+News)で知ることができる。New America Foundationは2006年6月7日に、ワシントンD.C.のKaiser Family Foundationとともに主催した、「Policies and Technologies to Enhance Parental Control Over Children's Media Content.(子供のメディア・コンテンツをコントロールできる親のポリシーと技術)」について、アカデミック、子どもの弁護専門家、FCC CommissionersのMichael Copps、Deborah Taylor Tate、米国の上院議員のHillary Rodham Clinton、Mary Landrieu、さらに19産業の専門によるパネル・ディスカッションを実施し、その議事内容を2006年7月13日に公開した。ただし、ここで大きなテーマになっているのはもっとも子供達が見ているということからかテレビが中心で、「V-Chip」の搭載と、その機能がメインで、国会議員や有識者などが討論すると、一番簡単に確認できるテレビなどがメインテーマになり、問題を確認するのに高度な技術や操作が必要なテレビ・ゲームやインターネットなど、の問題は話題にしにくいのかもしれない。ところが最近は、テレビ・ゲームやインターネットで、子供達にとってフィルタリング技術などでは解決できない手遅れになり始めている問題が、多く見受けるようになっている。その背景には、親より高い技術で、大人達が作り上げた防波堤をいとも簡単に乗り越えていることが指摘されている。何度か、そのような子供達が公開した英語の技術サイトを覗いてみたが、その内容はリアルで、今の大人と呼ばれる時代遅れの監視官では解決できそうもなさそうで、時代は、子供達が親も管理できない、さらに先へ飛んでいってしまっているようで、New America Foundationはすでに新しくなく----時代遅れのパネルディスカッションをしているように感じられる。詳細情報はURL(http://www.newamerica.net/Download_Docs/pdfs/Doc_File_3174_1.pdf)で知ることができる。米国のthe American Academy of Pediatricsは2006年10月13日に、米国北部の中学生徒をテレビ、映画、ビデオゲームに対する親の管理について横断的に調査したレポート「Association Between Television, Movie, and Video Game Exposure and School Performance」を公開した。平日のテレビやケーブルテレビ映画で、悪影響が出そうな内容について親が制限したことで、より不十分な学校の成績に対する悪影響が減少したと報告している。また、両親が成人指定映画を決して見させなかった子供と比べ、ときどき見せたり、制限しなかった子供は、不十分な学校の成績を増加させたと報告している。詳細情報はURL(http://pediatrics.aappublications.org/cgi/content/full/118/4/e1061)で知ることができる。Broadcasting&Cable2006年12月11日に、FCCが子供にとって危険なコンテンツのある番組を見ることを防ぐために、V チップが多くの助けをしないと考えを述べ、先週の連邦裁判所へのファイリングでFCC弁護士は、両親が自分たちを助けないでもコミッション自体が何か親代わりになり、両親を助ける行動が取れると説明したと報告した。放送局は「L」「V」といった、格付けのシステムと記述子を好んでいるが、Vチップに関連してそれを使用している、彼らはそれらのシステムがコンテンツを規制するほど制限していないと主張している。「Less restrictive」は放送スピーチを規制するときFCCが採用している測定基準になっている。 しかし、放送局の議論が追求した場合、放送コンテンツを規制するFCCの基準をそれ以上に切り落とすかもしれない。FCCは先週、自分の立場を固守し、Vチップの効力がなく、格付けが紛らわしい「misrated」のVチップが問題の番組を超えて、助けていないことをを証明し、さらにVチップは両親に不十分なまま、より広く、解釈されされていると解説した。ず、Vチップに期待しすぎ、問題を大きくしているということでしょう。FCCは、「未成年者が無作法な放送に露出されることを防ぐことへの独立して、無視できない関心」があると言い、「先週、the Billboard Awards放送のときに悪態をつくことが無作法であると命じる際に、それが正当化された」と主張している。結局、機械的な測定では何も解決できず、放送局の弁解用ツールになっているだけだと言うことで、ところが米国では、機械的な判断で正当化しようと言う動きが主導的に採用されているのも現実でもある。また、これまでに、フィルタリング・システムの不条理な判断事例が多く指摘されているにもかかわらず、日本の通信システムも同様の路線を歩もうとして、フィルタリング・システムを採用しようとしている。結局、自己責任に関連する自己に対する弁護ツールとして利用され、本来の役割は果たさなくなっているのが現状で、いかにも官僚的思考の延長線上に、それらのすべての問題が存在している。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6398661.html?display=News)で知ることができる。
ロイターは2008年11月4日に、最高裁判所の裁判官が2008年11月4日火曜日に2つの4文字虚辞を発声するのを慎重に避けたとき、禁句に対するテレビ上の米国政府弾圧で、2分割されているように見えたと報告した。
放送局の生テレビ番組で発される一つの罵り言葉を放送することに対する罰金を受けさせる方針を考慮する際に、判例について議論した裁判官と弁護士は、「F単語(F*ck)」「S単語」に言及した。
数人の自由主義裁判官は、放送局が卑猥な言葉がスポーツ競技のような生イベントで放送されるのをどのように防ぐことができたか、そして、その語が性的であるか、排泄の響きを越えて他の意味を持つかもしれないかどうかについて、懸念を抱いているようであった。
また、保守的な裁判官の何人かは、子供たちが見ていそうなとき、生テレビで冒涜のことばの昔の用法に対してFCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)によって採用されている取締りを支えているように見えた。と報告している。
60分間の議論で最高裁判所は、この30年間で初めて放送無作法規格を見直した。
判決は2009年初めに予想されている。
ポップスターのジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)が2004年のスーパーボウルのハーフタイムショー放送の間、短く彼女の裸の胸をはだけたあと、ジョージW.ブッシュ大統領 (President George W. Bush)の管理下でFCCは、放送テレビとラジオで常軌を逸した容量の取締りに着手した。
2004年以前には、同じことが繰り返されなかった限り、FCCは通常下品さの禁止令を実施しなかった。
他にもジョージW.ブッシュ大統領(President George W. Bush)自身の行動の中に、多くの問題があるだろうに、ジョージW.ブッシュ大統領(President George W. Bush)の政権下では、こんなくだらないことで最高裁判所を混乱させている。
イギリスは判決で、「F単語(F*ck)」を米語と認め、釈放している。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/article/rbssTechMediaTelecomNews/idUSN0454129720081104?sp=true)で知ることができる。

[Vチップのレベルとフィルタリングのパーセンテージ]
Sレベル:Sex関連の92%のサイトをフィルタリングする。
Vレベル:暴力シーンの79%のサイトをフィルタリングする。
FVレベル:暴力シーンの81%のサイトをフィルタリングする。
(1998年9月25日のKaiser Family Foundation reportsより)

[FCCが規定しているテレビ向け「V-Chip」の種類]
URL(http://www.fcc.gov/vchip/)
TV-Y (All Children -- This program is designed to be appropriate for all children.) Whether animated or live-action, the themes and elements in this program are specifically designed for a very young audience, including children from ages 2-6. This program is not expected to frighten younger children.

TV-Y7 (Directed to Older Children -- This program is designed for children age 7 and above.) It may be more appropriate for children who have acquired the developmental skills needed to distinguish between make-believe and reality. Themes and elements in this program may include mild fantasy or comedic violence, or may frighten children under the age of 7. Therefore, parents may wish to consider the suitability of this program for their very young children. Note: For those programs where fantasy violence may be more intense or more combative than other programs in this category, such programs will be designated TV-Y7-FV. For programs designed for the entire audience, the general categories are:

TV-G (General Audience -- Most parents would find this program suitable for all ages.) Although this rating does not signify a program designed specifically for children, most parents may let younger children watch this program unattended. It contains little or no violence, no strong language and little or no sexual dialogue or situations.

TV-PG (Parental Guidance Suggested -- This program contains material that parents may find unsuitable for younger children.) Many parents may want to watch it with their younger children. The theme itself may call for parental guidance and/or the program contains one or more of the following: moderate violence (V), some sexual situations (S), infrequent coarse language (L), or some suggestive dialogue (D).

TV-14 (Parents Strongly Cautioned -- This program contains some material that many parents would find unsuitable for children under 14 years of age.) Parents are strongly urged to exercise greater care in monitoring this program and are cautioned against letting children under the age of 14 watch unattended. This program contains one or more of the following: intense violence (V), intense sexual situations (S), strong coarse language (L), or intensely suggestive dialogue (D).

TV-MA (Mature Audience Only -- This program is specifically designed to be viewed by adults and therefore may be unsuitable for children under 17.) This program contains one or more of the following: graphic violence (V), explicit sexual activity (S), or crude indecent language (L).
TV-Y7 (Directed to Older Children -- This program is designed for children age 7 and above.) It may be more appropriate for children who have acquired the developmental skills needed to distinguish between make-believe and reality. Themes and elements in this program may include mild fantasy or comedic violence, or may frighten children under the age of 7. Therefore, parents may wish to consider the suitability of this program for their very young children. Note: For those programs where fantasy violence may be more intense or more combative than other programs in this category, such programs will be designated TV-Y7-FV. For programs designed for the entire audience, the general categories are:

TV-G (General Audience -- Most parents would find this program suitable for all ages.) Although this rating does not signify a program designed specifically for children, most parents may let younger children watch this program unattended. It contains little or no violence, no strong language and little or no sexual dialogue or situations.

TV-PG (Parental Guidance Suggested -- This program contains material that parents may find unsuitable for younger children.) Many parents may want to watch it with their younger children. The theme itself may call for parental guidance and/or the program contains one or more of the following: moderate violence (V), some sexual situations (S), infrequent coarse language (L), or some suggestive dialogue (D).

TV-14 (Parents Strongly Cautioned -- This program contains some material that many parents would find unsuitable for children under 14 years of age.) Parents are strongly urged to exercise greater care in monitoring this program and are cautioned against letting children under the age of 14 watch unattended. This program contains one or more of the following: intense violence (V), intense sexual situations (S), strong coarse language (L), or intensely suggestive dialogue (D).

TV-MA (Mature Audience Only -- This program is specifically designed to be viewed by adults and therefore may be unsuitable for children under 17.) This program contains one or more of the following: graphic violence (V), explicit sexual activity (S), or crude indecent language (L).


Vチップ用コメント例
Parental Guide社のVチップ・マーク
Parental Guide社のPGチップとVチップ
Parental Guide社のPG Plus
Parental Guide社のPG Plus用リモコン
Parental Guide社のPG One
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
米国における8〜12歳の子供とインターネット
ImageFilterのチェックの流れ
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
2000年末の米国少年少女インターネット利用状況
米国のConsumer Reportsが調査したAOLとフィルタリング・ソフト評価
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
FCCの米国電話線環境調査報告
eMarketer Dailyがまとめた2001年9月時点での教育とインターネット
GAOが2002年2月1日に公開したJim Giboonsによる「School Dropouts」
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
LOCの情報管理と警察機構
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
U.S. Copyright Law
健康関連情報のエラー・リリース
健康関連情報のエラー・チャート
健康関連情報のエラー・トップライン
Pornography-Blocking Software Block Access to Health Information
WIPOが2002年12月16日に公開した「INTELLECTUAL PROPERTY ON THE INTERNET」
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
FCCが2004年7月28日に公開した子供への悪影響番組調査開始報告書
FCCが2004年9月9日に公開したリリース
Powell長官のステートメント
Abernathyのステートメント
Coppsのステートメント
Martinのステートメント
Adelsteinのステートメント
FCCが2004年9月9日に発表した、「KIDSZONE」提供のリリース
FCCが2004年9月22日に公開したリリース
FCCが2004年9月22日に公開した命令書
Powell Statement
Copps Statement
Martin Statement
Adelstein Statement
Kaiser Family Foundationが2004年9月23日に公開したレポート
American Idolのロゴ
ABCが放映したNicolette Sheridanのバスロープ落とし事件の画面
ABCが放映したNicolette Sheridanのバスロープ落とし事件のFCC判定依頼
ABCが放映したNicolette Sheridanのバスロープ落とし事件のFCC判定リリース
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載されたカントの考える石
カント風の店
Multicultural Kids Study 2005
New Report on Educational Media for Babies, Toddlers, and Preschoolers
ICANNが2006年5月4日に公開したICMからの「.xxx」申請報告
ICANNが2006年5月10日に公開した「.xxx」の否決報告
New America Foundationが公開した2006年6月7日のパネル・ディスカッション情報
Association Between Television, Movie, and Video Game Exposure and School Performance

子供が使うと楽しいページ
クリッパー・チップ計画
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
メガ・キャリア
米国内の通信改革法案
PG
R
連想メモリ
電子ネットワーク協議会
電子ネットワーク協議会のルール&マナー集
倫理問題に係る自主ガイドライン
電子ネットワーク協議会の倫理綱領
倫理綱領とルール&マナー集の要点
「『倫理綱領』に抗議します」
ドイツ新テレコミュニケーション法案
ドイツ・マルチメディア規制法
電子取引法制に関する研究会
SafeSurf
SurfWatch
コンピュータ不正アクセス対策基準
コンピュータ緊急対応センター
サイバー・テロ
組織的な犯罪に対処するための刑事法の整備について
ネオ・ラッダイト運動
盗聴法案
EPIC(Electronic Privacy Information Center)
ムミア・ルール
ゴア副大統領(当時)の暗号化キー関連政策
KES
フィルタリング機能の検討案
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Safety-Net
RSACi
性とメディア
Cyber Patrol Coporate
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
米国の電子暗号化技術国外輸出
「組織犯罪対策」に反対する刑法学者の声明
フィルタリング・システム
メリーランド州のネットハラスメント防止法案
ワイヤー・タップ
国際暗号協定
サイバー法
Manhattan Cyber Project
個人情報の保護に関するガイドライン
Privacy Assured
情報システム安全対策指針
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
レイティング・データを知るための方法
風営法改正
米国の過激な学校のフィルタリング規制法案
ネットワーク犯罪防止法
CALEA
FCCのVチップ規則
プライバシーマーク制度
ebase
メール脅迫者
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-1
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-2
盗聴法案の国会審議入りに抗議します
1998年5月14日のゴア副大統領(当時)の講演
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-1
スウェーデンのElectronic Bulletin Boards
Online Privacy Alliance
ネットワーク上の人格
米国の法律関連のURL
青少年と放送に関する調査研究会のアンケート報告
NAB
One for All
Click Learn
オーストラリア1999年放送サービス修正法案
NAAL 2002
インターネット利用のルールとマナー集
CCIPS
ES@SCHOOL
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
盗聴法を直ちに廃止することを強く訴える(声明)
教科書とURL
バーチャルタレント・オーディション2001
World Summit on Media for Children
Cafe Digital
chatterbot
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
メディア規制3法案
Digital Pearl Harbor
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
Censorship
インターネット協会
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
NDIIPプログラム
アカウンタビリティ
Operation E-Con
2004年スーパー・ボールのJanet Jackson記事タイトル
ワードローブの誤動作
Operation Peer Pressure
Intelligent Island
Telecommunications Act of 1996
不謹慎立法
不謹慎立法/2005年
不謹慎立法/2006年
不謹慎立法/2007年
著者と出版社の力関係と著作権
自由の要塞
CTA(The Children's Television Act of 1990)
ロックフェラー-ハチソン法案
Family Entertainment and Copyright Act
NCTA(National Cable & Telecommunications Association)
XXX
どの情報が子供にとって、アダルト過ぎるのか?
the Communications Opportunity, Promotion, and Enhancement Act of 2006