VoWLAN

Voice over Wireless Local Area Network

VoWLAN携帯電話サービス

無線LANでVoIPを実現させるシステムの総称。富士通、富士通アイ・ネットワークシステムズ、アクセンス・テクノロジー、米国のAruba Wireless Networks社、東京エレクトロン、東陽テクニカ、日商エレクトロニクス、ネットツーコム、ネットマークス、日立電線、マクニカネットワークスの11社は各社は自社製品の無線LANスイッチ、無線LAN−IP電話機、VoIP呼制御サーバー、認証サーバー、PoE対応Ethernetスイッチのほか無線LAN測定器を持ち寄って接続し、基本接続(無線LAN上の認証および暗号化を行った上での疎通検証)、無線LAN―AP間ローミング(無線LANアクセスポイント間の移動時に発生するVoIP通信への影響度解析)、無線LANのスケーラビリティ(無線LANにおけるVoIP端末の同時接続および負荷分散機能の検証)、QoS(VoIP通信確保のためのQoS機能の効果検証)、認証連携機能(認証VLAN/認証サーバからの情報をもとにバーチャルLANを決定する機能の検証)、無線LAN通信特性(無線LANテストシステムを利用した無線LAN通信特性の測定)の6項目を検証する「VoWLAN」の相互接続/運用実験を2004年5月中旬から6月11日まで実施し、2004年6月21日に実用レベルの稼働に成功したと発表した。詳細情報はURL(http://pr.fujitsu.com/jp/news/2004/06/21.html)で知ることができる。この実験の成功により、「携帯電話と無線LAN」の融合が可能になり、これまでの低速で高額な携帯電話通信料からの解放が可能性になった。問題は無線LAN接続ポイントの数と携帯電話のアンテナの数の差であるが、自動販売機の維持・管理サービスを提供しているホーキングとIRIコミュニケーションズ、タケショウは2004年5月31日に、全国に260万台設置されている自動販売機にモデムや2.4GHz帯の無線アクセス・ポイントを取り付け、半径50m以内で無線LANが利用できる「無線LANスポット」の実験を2004年夏に名古屋地区で開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.iri-com.co.jp/pr20040531.html)で知ることができる。同様の考え方は、例えば日本全国に1500万人以上が利用しているFTTHやDSL、CATVなどブロードバンド・サービスを利用しているユーザーのアンプなどのコンバーターとルーターの間にに、2.4GHz帯の無線アクセス・ポイントを取り付けることで、1500万以上の無線アクセス・ポイントが確保でき、無線LAN環境のバックボーンは一気に全国で構築されることになる。また。無線LANとVoIPを利用することで、現在の高額な携帯電話に接続する場合や一般電話と接続する場合は、別料金で、無線LAN同士またはIP電話の場合は少額定額制で利用する環境を構築することも不可能ではない。また、これまで携帯電話で提供されてきた付加価値サービスを高速で提供できるようになり、携帯電話の形態にもこだわる必要性もなくなり、自由な発想のデバイスが登場することになることだろう。平成電電とドリームテクノロジーズは2004年8月12日に、キューウエーブが開発した無線技術「QW-MIMO」を使い、2005年末から広域無線LANサービスを開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20040812.html)または、URL(http://www.iri-com.co.jp/pr20040812.html)で知ることができる。平成電電は2005年10月3日に、東京地方裁判所に民事再生の手続を開始する申し立てを行なったと発表した。負債額は1200億円に上る。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20051003.html)で知ることができる。平成電電は2006年4月18日に、スポンサーのドリームテクノロジーズが支援を中止し、資金繰りがつかなくなったため、再生を断念すると発表した。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20060418.html)で知ることができる。米国の下院司法委員会(House Judiciary Committee)は2006年5月25日に、20対13で高速インターネット・ネットワーク・プロバイダが属しないサービス、コンテンツ、およびアプリケーションを差別するのを防ぐ法律「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」を承認したと発表した。詳細情報はURL(http://judiciary.house.gov/media/pdfs/Ifreedomcmtepass52506.pdf)で知ることができる。cellular-newsは2007年1月3日に、In-StatのレポートからVoWLAN携帯電話サービス計画について消費者の関心は高いが、実際のサービスの提供は受話器の提供の遅れでゆっくりになっていると報告した。ハイテク市場調査会社が提供するいくつかの最近の調査では、携帯電話にWi-Fi接続など、特別なモバイル技術の導入は、消費者が求めているにもかかわらず、これまではほとんど見ることができなかったと結果報告している。In-Statのアナリストデヴィッド・チェンバレン(David Chamberlain)は、「ホームゾーン価格設定は空前の関心があります。」といい、顧客がホームWi-FiアクセスポイントかWi-Fiホットスポットを使用すると、無制限な地方、そして国内の長距離通話の提供価格設定は均一料金になる。「この概念はただ一点に集められたVoWLAN/携帯電話技術から可能なサービスの1つです。」ユーザーが一点に集められるためにインストールする「Femtocells」と呼ばれるミニチュアのセルサイトからのアクセスで、ここで技術競争に直面しているのが現状といわれている。チェンバレンは、「たった今利用可能な多くのWi-Fi/携帯電話が存在していません。」と指摘し、「Femtocellsは専門化しているセル受話器を必要としません。」と、Femtocellsの有用性を訴えている。これだけユーザーがすでにFTTHを実現したにも関わらず、現在の通信スピードが非常に遅い携帯電話が高すぎる大きな要因は、VoWLANであるVoFiの実現が遅れていることが大きい。携帯電話会社が現状の収入を継続するために、操作しているのではなきか?とまで噂され始めている。しかし、その携帯電話会社の怠慢部分が、新規参入携帯電話事業者が一気に優位になるチャンスでもある。つまり、「2006年から2012年の、無線電信市場の機会、戦略、および予測」などで、ユーザーが求めるサービスを提供することが2007年以降の無線電信市場の戦略として大きなテーマであり、企業中心のマーケットの終焉が叫ばれはじめ、古い金の亡者主義は、ユーザーからの信頼をなくし、「携帯電話番号ポータビリティ」が一過性のブームではなく、ユーザーの独立性を育て!簡単に携帯電話事業者の移動を可能にした。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/21195.php)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=5033)で知ることができる。もし、新しい「VoFi(Voice over Wi-Fi)」を開始するときに、「携帯電話番号ポータビリティ」開始時に各携帯電話事業者が実施した限定サービスを再度実施したとしたら、そこには「新しい嵐」が到来する。

[実験対象と提供ベンダー]
無線LANスイッチ:
Airespace社AS-4012-PoE (マクニカネットワークス)
AirFlow社AirSwitch1211 (東京エレクトロン)
Aruba2400 (アルバワイヤレスネットワークス)
Meru Networks社MC-1100 (日商エレクトロニクス)
無線LAN-IP電話:
Pocket LOOX(富士通)
GeoServe SIP/IM Client(富士通)
SIP-Wi600 (ネットツーコム)
WIP-5000 (日立電線)
VoIP呼制御サーバ:
GeoServe (富士通)
IP Pathfinder (富士通アイ・ネットワークシステムズ)
認証サーバ:
IP-Processor (富士通)
Safeauthor (富士通)
fullflex EG (アクセンス・テクノロジー)
ステラクラフト社 Enterpras (東京エレクトロン)
POE(注4)対応イーサネットスイッチ:
iS2124vp (富士通アイ・ネットワークシステムズ)
測定器:
Azimuth社800W (東陽テクニカ)
NetIQ社Chariot(東陽テクニカ)


携帯電話と無線LANの融合
VoFi(Voice over Wi-Fi)
Wi-Fi電話
Femtocell
自動販売機「無線LANスポット」
VoIP
IP移動通信
IP携帯電話サービス
IP電話
Telephony
Telephony Gateway
Internet Voice Mail
インターネット・フォン
マルチメディア・ルーター
コンピューター・テレフォニーワールドエキスポ
日本コンピュータテレフォニーフォーラム
インターネットFAX
テレフォン・バンキング・システム
H-323
CTI
TSAPI
TAPI
ViewPhonica
Latcall
AT&T @phone
ストリーミング・メディア
スマート電話
IPテレフォニー
インターネット国際電話
イスラエルのソフトウェア
CATV電話
デガルス
WEBダイレクト
ActiveX CT研究会
VON Coalition
コンパクトCTI
POSIP
Speech API
半音節認識方式
VoiceDo
CATV電話
NTTの通信サービス
オールネット
ボイス・データ・コンバージェンス・サービス
D1 over IPシステム
IP Telephony
NetVision Phone
ポップアップウインドウ
HazAlert
NTT接続料
MGCP(Media Gateway Control Protocol)
マニフェスト
Internet2
H.350
NLR(National LambdaRail)
050
FWD(Free World Dialup)
性とメディア
性とメディア2000年
性とメディア2001年/2002年
性とメディア2003年
性とメディア/2004年-1
性とメディア/2004年-2
スポーツ・コンテンツ
スポーツ・コンテンツ/2001年
スポーツ・コンテンツ/2002年
スポーツ・コンテンツ/2003年
スポーツ・コンテンツ/2004年
QoS
PoE(Power over Ethernet)
バーチャルLAN
Wi-Fi
WPA(Wi-Fi Protected Access)
Wi-Fi Alliance
WAP(WLAN Authentication and Privacy Infrastructure)
WiFi Finder
Mzone
ホットスポット
スペクトルの豚
無線受信に関するURL
FSS(Frequency Selective Surface)
QW-MIMO
Wireless Leiden
Hotspot Amsterdam
マルチホップ型無線LAN
FMC(Fixed Mobile Convergence)
携帯IP電話
Washington Postの提言「ネット中立」
ネットワーク・アーキテクチャと価格
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
もつれたWeb!?
第2世代インターネットの未来
帝国のインターネット!?
携帯電話番号ポータビリティ
Curn Cellphone契約