US$2000億スキャンダル

The $200 Billion Scandal


米国の「ネット中立」に絡んだスキャンダルとして、米国を騒ぎの渦に巻き込んでいるBruce Kushnickが書いて、TeleTruthで出版された406ページの電子の本のタイトル。Multichannel Newsは2006年7月10日にKent Gibbonsの書評「Making Book on the Bells' Promises」を公開し、議会に約束された高度な広帯域ネットワークを増設する「Telecom Act of 1996(1996年のテレコム条例)」を通過させ、地方のレートをより高くすることを承認したが、そこで監視委員が述べていない、最も大きな米国の地方電話プロバイダが増税でどう何US$10億を抽出したかに関して、Bruce Kushnickは「US$2000億スキャンダル(The $200 Billion Scandal)」で、議会が電子通信法を考えるとき、ネットの中立は潜在的にその請求を逸脱させる問題で、すでに進行している遍在している広帯域ネットワークを増設するために、少しの追加誘因も与えられていないと元ベビー・ベル一家が言うか否かに関係なく、既に隠し金を使うことが既に約束されていると書いていると報告している。詳細情報はURL(http://www.multichannel.com/article/CA6350480.html?display=Opinion)で知ることができる。「US$2000億スキャンダル(The $200 Billion Scandal)」の詳細情報はURL(http://www.newnetworks.com/broadbandscandals.htm)または、URL(http://www.newnetworks.com/BroadbandScandalIntro.htm)または、URL(http://www.newnetworks.com/scandalcover4.htm)または、URL(http://www.muniwireless.com/community/1023)または、URL(http://blogs.siliconvalley.com/gmsv/2006/02/the_united_stat.html)または、URL(http://theheadlemur.typepad.com/ravinglunacy/2006/06/200_billion_bro.html)または、URL(http://www.tispa.org/node/14)で知ることができる。Kushnickは、「私たち(人々)は電話会社にではなく、これらのネットワークに対価を支払い、そして、電話会社にではなく、私たちがこれらのユーティリティの方針を決めるべきで、振り子はすでにはるかに大きく揺れ動き出していて、そして今、テークバックする時期にきている。」と書いている。彼は、米国の消費者が今ごろ8600万のホームに配送するとまとめて約束されたベル会社が計算している光ファイバーに基づいて、広帯域サービスを確保するため、上下45Mbpsの高いサービス料を承認するか、または州と引き換えに現状を維持する意外にないと書いている。ケーブル会社との競争で、ビデオサービスを提供すると約束する長距離電話事業は、ベル一家を参加させることにした。ベル一家には、要求する条件でビデオ競争するために、無条件で連邦と州法を修正する仕事が残っている。Kushnickは、電話サービスでのケーブルとの競争を考えた場合、ベライゾン(Verizon)社は今回の光ファイバーベースでのブロードバンドとホーム・ビデオサービスに関して。構造的に重大な問題を抱えることになると書いている。つまり、長距離電話事業は、ベル一家を参加させることで、一気に有利にしようとしているということになる。