UniS system


サリー州大学(University of Surrey)のAhmet Kondoz教授のチームが開発したと2004年9月27日に発表した、携帯電話及びlandlineの技術が両方受け入れる可聴周波の流れに暗号化されたスピーチパターンを調整して、会社及び組織でGSM対応携帯電話での会話を安全、機密であることを保障する技術の名称。このような携帯電話暗号化システムは世界で始めてであり、このシステムはMulSys社によって、バリエーションを考慮しながら成長させていくと報告した。詳細情報はURL(http://portal.surrey.ac.uk/press/sep2004/270904/)または、URL(http://www.cellular-news.com/story/11987.shtml)または、URL(http://www.physorg.com/news1338.html)で知ることができる。New York Timesは2004年9月28日に、FBIがAl Qaedaのテロリスト関連テープが120,000時間以上あり、テープを翻訳している間に、テロは起こってしまうと話していることを報告した。英語以外の言語は、米国にとってそのまま暗号化されたデータになっていることが判明したと報告しているが、今後は翻訳だけではなく、暗号解読も必要になり、さらに遅れることになる。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2004/09/28/politics/28fbi.html?th)で知ることができる。また、米国の上院陪審団「US Senate Committee on Commerce, Science, & Transportation」で2004年9月21日に、投票によりS.1963が12:10で承認された携帯電話の通信傍受法「無線通信411Privacy法」も暗号化により、さらに新しい問題が噴出したことになる。