UAAG

User Agent Accessibility Guidelines

ユーザー・エージェント・アクセシビリティ・ガイドライン

WWWの標準化団体W3C(World Wide Web Consortium/ワールド・ワイド・ウエーブ・コンソーシアム/ワールドワイド・ウェブ国際コンソーシアム)が2001年9月13日に、身体が不自由な人や高齢者にやさしいWebアプリケーションを設計するためのWAI(Web Accessibility Interface)実装を促進するために勧告候補として公開した、キーボード操作やマルチメディア描画制御、オプション設定、オンラインマニュアル、音声合成や拡大表示を行うソフトウェアとの通信などのユーザー・インターフェース機能が、視覚障害、聴覚障害、肢体障害、認識障害、神経障害を持つ人々にとってどのように役立つかを説明しているソフト開発者向けドキュメントの名称。詳W3Cは2002年12月17日に、UAAG 1.0を勧告した。詳米国の調査会社ニールセン(Nielsen-Netratings)社は2003年11月20日に、「米国の年代別インターネット・ユーザー」を発表し、55 64歳のユーザーが前年同月比15%増加し、65歳以上の高齢者ユーザーは25%増加し、インターネット・ユーザーのうち65歳以上の人の割合は前年同月の5.9%から7%に上昇したと、発表した。65歳以上の男性と女性を比較すると、男性が495万人で同20%増だったのに対し、女性は460万人で30%増を記録したことを報告した。詳細情報はMediapost.comが2003年11月21日に報道した「Old Is New For Online User Base」のURL(http://www.mediapost.com/dtls_dsp_news.cfm?newsID=227164)で知ることができる。で知ることができる。

[関連サイト]
●''U.S. Law Aims at Helping Disabled'' New York Times, November 1999のURL(http://www.nytimes.com/library/tech/99/11/cyber/articles/12access.html)
●Yahoo! News on the Disabled and the InternetのURL(http://fullcoverage.yahoo.com/fc/World/Disabilities_and_the_Disabled)
●CPB/WGBH NCAM(National Center for Accessible Media)のURL(http://main.wgbh.org/ncam)