The World Print(Graphic Art) Festival

世界版画芸術フェスティバル

AGART Art Associationの主催で世界規模で開催される版画芸術フェスティバルの名称。7つあるアートセンターが世界中からのグラフィック・アーティストの展示会を同時開催し、それぞれのギャラリーがリトグラフ、エッチング、メゾチント、アクアチント、ウッドカット、セリグラフィー、ドライポイント、ミニポイント、コンピュータグラフィックス、モノタイプに分類され、アーティストはそれぞれのギャラリーが発表した版画技術を選択し、それぞれのカテゴリーで賞を競うフェスティバルが開催される。詳細情報はURL(http://www.src.si/)で知ることができる。一昔前なら、CGを版画の世界で評価することを拒絶してきたが、時代の流れでCGも認められるようになってきたが、問題はCG技術に判定にある。米国で開催されるアカデミー賞では、CGの技術評価をする専門部隊が正式審査前にチェックし、その評価を前提に審査することで問題を回避しているが、ときどき単なるフィルタを重ねただけの作品が大賞を撮るなど、審査員のCGに対する知識の無さが大きな問題になったことがある。最近では審査員にCG技術者を加える傾向が多く見られるようになってきているが、CGの場合は見た目のきれいさと、その技術的背景をどのように評価するか、慎重に審査する必要がでてきている。


Splitski filmski festival
The12-hour ISBN JPEG Project
ロッテルダム電子アート・フェスティバル
フォトグラフィック・ビエンナーレ・ロッテルダム
アート・オン・ザ・ネット
アート・センター
インターネット・アート
オークション・オン・デマンド
オークション・オン・デマンド/2000年〜2003年
オークション・オン・デマンド/2004年
マルチメディア・アート
メディア・アート
テクノ・アート
コンピュータ・アート
ビデオ・アート
クリップ・アート
連画
マルチメディア・アート・メッセ
ArtMarket
芸術家村オン・デマンド
Kyas Art Planet
電脳市場・マルシェ
Internet Graphic Design Competition
Ars Electronica
IPC1996
machines d'architecture
Images du Futur
ネットワーク・ミュージアム&マガジン・プロジェクト
VideoFest Berlin
le Deleuze
CHEZ MOI/CHEZ L'AUTRE
LOD
DEAF
Low Res Film and Video Festival
ヨーロッパのマルチメディア・アートの歴史的背景-1
ヨーロッパのマルチメディア・アートの歴史的背景-2
Anatolia 2000 project
Arts Education Week in New York
アート・オン・ザ・ネット
NetAction
VITORIA-GASTEIZ VIDEO FESTIVAL
London Electronic Arts
Sensorium
Burning Man
ISEA
boop!
Cut'n'Mix
AiR
東京ビデオフェスティバル
この2000年で最も大事な発明はなにか?
ConceptLAB
EMAF
RGB Gallery
Metasystemik Ink
Digital Be-In
Visualmuzic.com
International Mobius Award
CYBERBUSS
メルマガCMエクスチェンジ
Da-Da-Net
A.T.E.プロジェクト
FCMM
onedotzero
ASCI(Art & Science Collaborations, Inc.)
the Boston Cyberarts Festival
X-99
Art Futura
アートポート99
CRAC
Stunned
artmargins
United Art Space
Cartier fundation for contemporary art
RESFEST
EUROGRAPHICS 2000
EGUK
WSCG
VRST
MEDI@TERRA
DATABASE OF VIRTUAL ART
Trusted Auction
Machinima
No/e.html
ネット・アートのゴールドラッシュ
JPEG-2000
WWVF(World Wide Video Festival)
ユーロ表記文字のどたばた劇
知識鉱脈
エントロピー
情報エントロピー