TEO


故手塚治虫の長男で映像作家の手塚真と富士通研究所の村井公一が開発した、パソコンのプログラムが作りだす人工の生命体が住む架空の世界(惑星TEO)です。

>> さらに詳細な情報はこちら