T9


AOLの子会社で米国のTegic Communications社が開発し、北米やヨーロッパ、中国などで採用されている携帯電話向け文字入力システムの名称。英語版、チェコ語版、中国語版、フランス語版、ドイツ語版、イタリア語版、スペイン語版のほか、日本語版もあるが、日本ではT9を採用した携帯電話はない。ただし、AOLとNTTドコモは、AOLジャパンの伸び悩みで事業提携しているので、今後日本でもT9を採用した携帯電話が登場する可能性もある。詳細情報はURL(http://www.tegic.com)または、URL(http://www.t9.com)で知ることができる。「あかさたなはまやらわ」の入力キーからそれぞれの言葉の「あ段」を入力し、「゛」と「OK」ボタン、矢印で修正して、前後でその言葉を組み立てる予測システムが導入されている。例えば、「遅くなります」と入力するとき、「あさかならまさ」とキーを選択すると、「遅くなります」に自動変換する。ただし、「もどり(戻り)ます」と「みだれ(乱れ)ます」は両方とも「また゛らまさ」と入力し、下矢印で選択して「OK」ボタンを押すことになる。選択を間違えると、大変な誤解をされる可能性もある。合理的で、日本語を理解できない人にとっては気にならないが、この入力システムを日本人が受け入れられるかどうかは疑問が残る。また、この誤解を逆手に取った暗号化という方法も考えられる。