Sun Microsystems Finance


米国のサン・マイクロシステムズ(Sun Microsystems)社が1999年2月16日に発表した、カスタマーがSun Microsystems社のワークステーション、サーバー、ソフトウェアを購入する際に便利な、コンピュータ会社による融資サービスを提供するビジネス・ユニットの名称。Sun Microsystems Financeは、GE(General Electric)社の子会社であるGEC(GE Capital)社のVFS(Vendor Financial Services)が提供するビジネス・ユニットで、成長が見込めるビジネスに対しては、国境を超えて資金が即座に融資される。日本でも自由民主党は1999年2月15日に、個人やSMB(中小企業/Small and Medium Business)の破産回避を目的とした「金銭債務調停促進法案」(仮称)を国会に提出することを決定したが、日本の場合は政府主導で、血税を流用した方策が多く、すぐに学識経験者という不明瞭な言葉で表現された審査員の名前や融資額も伏せて自己責任を回避し、不透明で、中途半端な専門知識による散蒔き予算と批判を受けることも多いようであるが、米国の場合は専門知識で訓練されたコンピュータ会社による融資サービスであり、コンパック・キャピタル(Compaq Capital)社も1998年11月30日にVFSのDFS(Digital Financial Services)社を買収するなど、「自己責任」が基本原則で、全情報を公開した合理的で無駄の少ない活発な動きを見せている。このような土台の違いが、ベンチャービジネスを育てたり、苦しめたりする要因になっているようである。また、このような融資が、メーカー自身を将来に向けて育てることにもなっている。