SmarteCD


米国のSSI(Smarte Solutions)社が開発した、CDをコピーできるが、コピーされたCDの機能を制限したり、時間が経つと動作を停止したり、合法的な製品版の購入を薦めるメッセージを掲載できるなど、提供側で制限できるコピー・コントロール技術の名称。また、Smarte Solutions社では少量で使用するためのライセンス条件によって利用できる「SmarteManager」、インターネットなどでソフトを配信する場合の「SmarteSecure」、CDやパソコンベースでコンテンツに利用キーを提供する「SmarteKEY」なども提供している。さらに今後CDなどのマスターに利用できる「SmarteMASTER」、コンテンツ・デリバリー向けに「SmartePAY」、また、磁気デスクやRAMなどにも利用できる「SmarteMEDIA」を提供する予定である。詳細情報はURL(http://www.smartesolutions.com/)で知ることができる。また、SmarteCDに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389103530767)で、SmarteManagerに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389118831007)で、SmarteSecureに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389110330838)で、SmarteKEYに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389122831032)、SmarteMASTERに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389132831088)で、SmartePAYに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389125131042)で、SmarteMEDIAに関してはURL(http://www.smartesolutions.com/solution_detail.tmpl?SKU=310389135231345)で知ることができる。米国のParks Associatesは2005年2月24日に、コピープロテクトが掛かった音楽CDと掛かっていない音楽CDについて、PCユーザー・コンシューマーが反応した調査レポートを公開した。コピープロテクトが掛かった音楽CDを、コピープロテクトが掛かっていない音楽CDよりUS$5値下げして販売されたが、調査結果によれば音楽CDをコピーしたことが無い人の33%の人はコピープロテクトが掛かった音楽CDを希望し、67%の人がコピープロテクトが掛かっていない音楽CDを希望した。音楽CDをコピーしたことがある人は27%の人はコピープロテクトが掛かった音楽CDを希望し、73%の人がコピープロテクトが掛かっていない音楽CDを希望したと報告した。詳細情報はURL(http://www.parksassociates.com/)で知ることができる。