SEOチャレンジ

SEO Challenge competition


ダークブルー(DarkBlue)社と、「SEO」に関するオンラインフォーラム「SearchGuild.com」が主催して開催した「Google」で検索した結果、どれだけ上位に表示されるかを競うコンテストの名称。ラテン語の「nigritude ultramarine」という造語をGoogleで検索した結果での1位を競い合った。詳細情報はURL(http://www.darkblue.com/seochallenge/)または、URL(http://www.searchguild.com/)で知ることができる。
The Guardianは2008年5月22日に、イギリスの全国紙のWebトラフィックでTelegraph.co.ukが2カ月で630万人のユニーク・ユーザーを加えるという劇的なトラフィックの成長に、多くの疑問が噴出し、ABC electronicがWeb測定標準を見直すことになったと報告している。
SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)技術だけで、実際にはほとんど内容のないURLが検索エンジンでトップに登場し、トラフィック数を稼いでいるが、実際に利用する側からすると、邪魔なだけである。
このようなサイトは排除しないとサーチ・エンジン文化が崩壊しかねない!
とくにSEOでは、元社員などがトラフィック数だけを目的に利用しているようだが、元の会社に対する攻撃ともいえる。
一時期、そのような技術を使うことが頭脳的と考えられ、検索エンジン会社には褒める人までいたが、攻め込まれていると考えないのか不思議であった。
この流星のようなユニーク・ユーザーの成長は、イギリスで4月の数字として最もポピュラーな全国紙 WebサイトがWebトラフィック測定本体ABCeで木曜日をリリースし、guardian.co.ukに追いつくTelegraph.co.ukで終わった。
ライバルの新聞グループによって高められた関心によって、JICWebS(the Joint Industry Committee for Web Standards)が測定方法に関してABCeにアドバイスし、2008年5月22日木曜日に新聞社が使用するツールと規格のレビューを一致させた。
JICWebSは、委員会が「全国紙のために分析法方法論の戦略レビューを実行している。」と言った。
委員会は、異なった新聞社によって使用された分析ツールで、「小さい方の変化」を記述したことがWebトラフィックを測定すると認め、さらにレビューが「これらの潜在的変化を記述することによって既に強健な業界基準の比較可能をさらに改良することを目指す。」と言い足した。
新聞社は、WebTrends、HBX SiteCatalyst、およびIntellitrackerの提供者を含むトラフィック・モニターにさまざまなソフトを使用していると報告している。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/media/2008/may/22/abcs.telegraphmediagroup)または、URL(http://www.abce.org.uk/cgi-bin/gen5?runprog=abce/abce&noc=y)または、URL(http://www.jicwebs.org/)で知ることができる。
アクセス数を伸ばしたいという考えは理解できるが、内容が伴わない場合は、利用者のことを考えて、自己中の詐欺的な考えは遠慮して欲しい。
文化破壊者を温存する検索エンジン会社の考えも理解できない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9832)で知ることができる。