SEO(Search Engine Optimization)

Search Engine Optimaize

検索エンジン最適化

米国で1996年頃から騒ぎはじめた、「goo」や「Infoseek」「Lycos Japan」などが導入している「ロボット型」検索エンジン「WiseNut」や「Google」が採用している「PageRank」などの構造を知ることで、サーチ・エンジンの検索結果上位にいつも掲載ことを可能にする、検索結果を利用した効果的なマーケティング手法の総称。ウェブサイト・ユーザビリティと共に、Webデザイナーがサイトを構築するときに注意する必要がある手法といえる。米国のSEOファーム、米国のiProspect社の CEO Frederick Marckiniが監修をしてFirstPlace Software社が発行する検索エンジンの最新ニュースやSEOのテクニック等の情報を掲載した英語メールマガジン「MarketPosition」が発行されている。詳細情報はURL(http://www.marketposition.com/)または、URL(http://www.seoglobal.com/seo/index.html)で知ることができる。イー・プロモートはFirstPlace Software社より日本語版「MarketPosition」の編集・発行の許可を取り、公開していた。また、「Google」をうまく利用する方法100を紹介している「Google Hacks!」という本も登場している。詳細情報はURL(http://tinyurl.com/9mwd)または、URL(http://www.buzztoolbox.com/google/)または、URL(http://www.oreilly.com/catalog/googlehks/)で知ることができる。
ただし、Net Artistがすでに多く実施している事例がほとんどで、よく知られている方法が多いといえる。NTTデータは2004年7月7日に、SEO/SEM(Search Engine Optimization/Search Engine Marketing)に対応したECサイト構築トータル・ソリューションの提供を開始したと報告した。詳細情報はURL(http://www.nttdata.co.jp/release/2004/070700.html)で知ることができる。
Pew Internet & American Lifeはサーチ・エンジンの2005年11月レポートを公開し、サーチ・エンジン使用は、主要なインターネット・アプリケーションとして昨年と比較して急上昇し、サーチ・エンジンは、米国のインターネット・ユーザーのオンラインでますます重要な部分になり、ごく最近のcomScore Media Metrixの消費者調査結果から、約6,000万人の米国の大人が典型的にサーチ・エンジンを使用していることを示したと報告している。集計された調査結果は、2004年中頃ではサーチ・エンジン利用者が30%であったのが、2005年9月には41%と急激な増加を示し、これは平均毎日サーチ・エンジンを使用している数が2004年6月の約3800万から2005年9月に約5900万まで成長したことを示し、別途調査した comScore データでは、2004年9月から2005年9月までのサーチ・エンジンの一日平均使用が4930万人のユーザーから6070万人のユーザーと23%も増加していたとも報告し、この結果から、サーチ・エンジンの活用法が、主要なインターネットとして利用されてきた電子メールににじり寄っていることを意味している。
しかし、The Pew Internet Project dataによれば、インターネットの毎日の利用で電子メールはまだ一番上位で、2004年6月の45%から、約52%の米国インターネット・ユーザーは、電子メールを毎日送受信していると報告している。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/167/report_display.asp)または、URL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_SearchData_1105.pdf)で知ることができる。
San Francisco Chronicleは2008年4月2日に、クラッカーはコンピュータに侵入する最新の試みとして検索エンジンを使って探していると報告した。
過去数週間で、何千ものサイトを感染させるのに不当にJavaScriptを使用するWebページ、インタラクティブ地図のような特徴で使用されるコンピュータ言語を利用した。
WhiteHat Securityによると、サンタクララで10のWebサイトのうちの7は、これらの欠点で傷つきやすい状態であると報告している。
しかし、多くのユーザーは、感染していたとわからないので問題がどれくらい広範囲であるかは、不明瞭であると言っている。
スポークスマンは、Googleがそのような悪意があるWebアドレスに当たって、自動的に妨げるフィルタに取り組んでいると言った。
差し当たり、どうそれらのサイトの脆弱性を修正するかに関して、それらにアドバイスするために影響を受ける組織に連絡している。
最新の攻撃では、クラッカーがポピュラーな探索語に伴うWebアドレスに悪意がある検索用語を植えたので、サイトはGoogle検索で高く格付けされる。
例えば、チャペルヒルのノースカロライナ大学(University of North Carolina)TalkingBizブログは、アメリカ領サモアでホスティングされたサイトから悪質なコードをダウンロードしようとした。
しかし、そのサイトは、ハッカーの居場所ではなかった。
大学は、サイトをどのように感染させたか、そして、またはだれが攻撃に責任があるかを知らないと言っている。
独立セキュリティ・コンサルタントのDancho Danchevによると、金曜日に指定された小売店の中では、Wal-Mart、Target、Sears、Bloomingdaleが犠牲者になっている。
Danchevによって指定されたメディアでは、USAToday、ABCNews、Forbes.com、およびNews.comを含んでいた。
つまり、クラッカーはWebサイトに侵入し、Googleの検索率をSEO(Search Engine Optimization)などを使って高くし、またはすでにGoogleの検索率を高い有名なWebサイトに侵入し、悪質なコードを別のサイトからダウンロードさせるJavaScriptを埋め込み、そこにユーザーが行くと、悪質なコードをダウンロードさせている。
そのダウンロードさせる別のサイトには、クラッカーが存在していないで、そこも侵略されたサイトであったと言うことである。
SEO(Search Engine Optimization)などを使っていることから、かなり、サーチ・エンジンに精通したクラッカーが登場したことになる。詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/04/02/BU77VU1VU.DTL)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9339)で知ることができる。
The Guardianは2008年5月22日に、イギリスの全国紙のWebトラフィックでTelegraph.co.ukが2カ月で630万人のユニーク・ユーザーを加えるという劇的なトラフィックの成長に、多くの疑問が噴出し、ABC electronicがWeb測定標準を見直すことになったと報告している。
SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)技術だけで、実際にはほとんど内容のないURLが検索エンジンでトップに登場し、トラフィック数を稼いでいるが、実際に利用する側からすると、邪魔なだけである。
このようなサイトは排除しないとサーチ・エンジン文化が崩壊しかねない!
とくにSEOでは、元社員などがトラフィック数だけを目的に利用しているようだが、元の会社に対する攻撃ともいえる。
一時期、そのような技術を使うことが頭脳的と考えられ、検索エンジン会社には褒める人までいたが、攻め込まれていると考えないのか不思議であった。
この流星のようなユニーク・ユーザーの成長は、イギリスで4月の数字として最もポピュラーな全国紙 WebサイトがWebトラフィック測定本体ABCeで木曜日をリリースし、guardian.co.ukに追いつくTelegraph.co.ukで終わった。
ライバルの新聞グループによって高められた関心によって、JICWebS(the Joint Industry Committee for Web Standards)が測定方法に関してABCeにアドバイスし、2008年5月22日木曜日に新聞社が使用するツールと規格のレビューを一致させた。
JICWebSは、委員会が「全国紙のために分析法方法論の戦略レビューを実行している。」と言った。
委員会は、異なった新聞社によって使用された分析ツールで、「小さい方の変化」を記述したことがWebトラフィックを測定すると認め、さらにレビューが「これらの潜在的変化を記述することによって既に強健な業界基準の比較可能をさらに改良することを目指す。」と言い足した。
新聞社は、WebTrends、HBX SiteCatalyst、およびIntellitrackerの提供者を含むトラフィック・モニターにさまざまなソフトを使用していると報告している。詳細情報はURL(http://www.guardian.co.uk/media/2008/may/22/abcs.telegraphmediagroup)または、URL(http://www.abce.org.uk/cgi-bin/gen5?runprog=abce/abce&noc=y)または、URL(http://www.jicwebs.org/)で知ることができる。
アクセス数を伸ばしたいという考えは理解できるが、内容が伴わない場合は、利用者のことを考えて、自己中の詐欺的な考えは遠慮して欲しい。
文化破壊者を温存する検索エンジン会社の考えも理解できない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9832)で知ることができる。
The Detroit NewsはAP通信からの情報として2008年11月20日に、Googleが役に立たない検索結果を送るなら、ただそれらを消すことで、再びそれらを見ないようにできるサービスを開始したと報告した。
それはGoogle が木曜日に公開した新しいシステムで可能になった。
Googleは現在、ユーザーにより個人的な接触をサーチ・エンジンに与えることを望んでいて、好きなWebサイトが人気のトップに立って、嫌な目的地の要求を入力すると、次の時に捨てられるという、検索結果を改造させることができる。
これは、SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)を無効にする最大の武器になることだろう。
今までのように、SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)にGoogleの検索結果が左右されていれば、いつかはユーザーがGoogleから離れていったことだろう。
聴衆がインターネットで最もポピュラーなサーチ・エンジンから検索結果の注文を変更できた初めての機能であり、革命的とも言える。
また、この機能を利用するには、編集機能を利用する個人的なログインを必要とする。
しかし、インターネットを捜すアルゴリズムをひねるために群衆の集合的な知恵に軽く打ち込むのを除外していないと言っている。
当分、Googleは単に特定の結果をサーチ・エンジンに来る各個人に、より役に立つようにしたいと考えている、と検索製品を監督するマリサ・マイヤー(Marissa Mayer)は言ったと報告している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11657)で知ることができる。
ロイターは2008年11月28日に、中国のインターネット検索リーダー「Baidu」が金曜日に、国営メディアが指摘した、無免許の医療業務でより多くの顧客を得るために、高い検索ランキングを買うことができると言った後に、すべてをオーバーホールすると言ったと報告した。
無免許のサービスがP4P(pay-for-performance/ペイ・フォー・パフォーマンス)が支払われ、検索プラットホームで際立った位置になるので、ナスダックに記載されたBaiduは2008年11月が、高価な、しかし、役に立たない処理のために、より多くの'クリック'をそれらにネットで覆っていると、国営テレビ番組で起訴された。
このクレームは、中国の検索巨人に対して広範囲で世論の批判を引き起こし、株価の転落につながった。
そして、現在のBaidu最高経営責任者ロビン・李(Robin Li)は修正を約束した。
李は、「私たちは、レポートで言及された4つのすべてのクライアント・キーワードを取り除いて、顧客リストで他のすべての病院と薬局の免許を再確認し始めた。」と国営新華社通信に言っている。
彼は、会社がスキャンダルでスタッフを解雇したと言い、そして、解雇はさらに続くかもしれない。
このスキャンダルは、サーチ・エンジンの危険性を浮き彫りにした。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11762)で知ることができる。