RC5-64クラッキング

RC5-64 Secret-key Challenge


RC5の特許を持つRSAデータ・セキュイティ(RSA Data Securithy)社が実施している暗号破りコンテストの名称。これまでは、dsitributed.netというプロジェクトが、可能な鍵を片っ端から試してテストして、ことごとく解読してきた。ただし、これはクラッカー養成のためではなく、セキュリティの安全性を確認するためのコンテストで、イベントでもある。また、米国のオンライン・ショップのアマゾン・ドット・コム(Amazon.com)社がユーザーを対象に、5行の数字の裏に隠された意味を解読するコンテストを1999年10月18日から2週間の予定で問題を掲載して開始したところ、途中でヒントを出すこともなく、数時間でボストンのソフト・エンジニアのフィンケルスタイン(Seth Finkelstein)が、ISBNを元にした解答を見つけて、オンラインで投稿した。ハッカーの登場は、多くの暗号ゲームを数時間で解読することを実証したことになる。数学の世界では飛躍的に発達したことになるが、秘密の世界では、どのように評価するのか疑問である。ただし、米国ではこのようなコンテストが盛んなようで、電子メール・ファイアウォール製品メーカーのGateKeeper社は2001年4月2日に、自社製品のセキュリティを打ち破るウイルスを最初に作成できた人に$100ドル、そのウイルスの作成方法を教えれば、さらに$9900ドルを支払うことを発表した。コンテストのルールはURL(http://www.emailgatekeeper.com/challenge.html)で読むことができる。ただし、倫理違反という声も高い。また米国のアーガス・システムズ・グループArgus Syatems Group)社がCeBITで実施したCeBIT Hackin Challenge 2001「オープンハック3(Argus' ballyhooed OpenHack III)」というコンテストでは、4万人が挑戦し、Blandezと名乗るハッカーが終了時間を間違えて、成功したにも係わらず、タイムオーバーで賞金3000ポンド受け取ることができなかったとWIRED NEWS Mail P1(2001/04/04)が報道している。詳細情報はURL(http://www.hotwired.co.jp/news/news/20010404307.html)で知ることができる。学生や生徒の技術リテラシー向上のためにIETE(国際技術教育財団/International Society for Technology in Education)が提供する教育と標準技術の情報があるサイトを公開している。詳細情報はURL(http://cnets.iste.org/index2.html)で知ることができる。また、McRelでは標準技術やベンチマーク情報をサイトマップのURL(http://www.mcrel.org/about/sitemap.asp)から検索すると簡単に知ることができる。米国のNCES(National Center for Education Statistics)は2003年3月31日に、教育関連のセキュリティ・レポート「Weaving a Secure Web Around Education: A Guide to Technology Standards and Security 」を公開した。RSA Securityは2004年2月23 27日に開催されたRSA Conferenceで、第2回目となる2004年のインターネット危険度指数「Internet Insecurity Index」を発表した。詳細情報はURL(http://www.rsasecurity.com/company/news/releases/pr.asp?doc_id=3389)で知ることができる。

[関連URL]
●distributed.net Project Bovine RC5 EffortについてのURL(http://www.distributed.net/rc5/)
●Yahoo!JAPAN「セキュリティと暗号化」のURL(http://www.yahoo.co.jp/Computers_and_Internet/Security_and_Encryption/RSA/RSA_Secret_Key_Challenge/)
●Team MAGI's OfficialのURL(http://www.hal.ne.jp/hiroyk/teammagi/index.html)
●RC5-64 StatisticsのURL(http://rc5stats.distributed.net/)
●ベンチマーク登録のURL(http://www.orange.co.jp/~masaki/rc5/)


RSA方式
デジタル・キャッシュ
パブリック・キー方式
クリッパー・チップ計画
シークレット・キー方式
PGP
ゼロ知識証明
MISTY
KPS
カオス
BOS
MY-ELLTY
怪文書/BRUTE-FORCE CRYPTANALYTIC ATTACKS
サイバー・テロ
キー・リカバリー方式
プロトコル
カオスインフォガード
WebTV
KES
フィルタリング機能の検討案
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Safety-Net
RSACi
性とメディア
Cyber Patrol Coporate
vPOS Merchant Software
Merchant Server
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
米国の電子暗号化技術国外輸出
Infoket
MULTI
暗号技術
Lotus Notes
フィルタリング・システム
Security-Key Challenge
RC
国際暗号協定
PC SunScreen SKIP E+
Manhattan Cyber Project
デジタル時代におけるオンライン商取引の推進案
McCain-Kerrey法案
S/MIME
FBI長官の不安と願望
NCSA(National Computer Security Association)
DNSsafe
マーストリヒト条約
富士銀行方式
Truster
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
高度通信分野の規制緩和に関する報告書
レイティング・データを知るための方法
PCAPI
distributed.net
RSA DES Challenge
イスラエルのソフトウェア
FCCのVチップ規則
「コロンバス」計画
BocaVision
NCTV
戦略物資該当・非該当の判定書
EPOC(Efficient PrObabilistiC public-key encryption)
NSAFER
ebase
VerSecure
Platinum Collection Awards
データベース保護法案
オールインワン
RSA-129
ネットワーク上の人格
米政府の暗号輸出規制緩和
プライベート・ドアベル方式
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
ニフティサーブホームページグランプリ
Cybersufari contest
政府の高度情報通信社会推進に向けた基本方針
インターネット接続機能付きテレビ
DES Challenge IIIの結果報告
ディープ・クラック
Twinkle
関西テクノアイデアコンテスト
キヤノン・デジタル・クリエーターズ・コンテスト
Dynamic DNS Network Services
バーチャルタレント・オーディション2001
ArtByteへのOpen Letter
電子通販
chatterbot
PS-Linux
3DMark
ENIAC-on-a-Chip Project
デファクト・スタンダード
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
メディア規制3法案
パスワードをクラックしてみませんか?
Digital Pearl Harbor
distributed.net
FISA
NIFL(National Institute for Literacy)
放送倫理・番組向上機構
E-tail
巨大メディアと下品番組の関連性
暗号の2010年問題