REACH規則案

REACH(Registration, Evaluation, Authorisation of Chemicals)


既存化学物質の安全性評価が進まないことなどを克服するため、2001年よりEUが新たな化学物質規制への取組を始め、既存化学物質に係るリスク評価の実施を産業界に移行させ、製造・輸入業者に加えて、ユーザー業界にも、一部リスク評価を義務付け、製品中の化学物質についても一定の条件でリスク評価を義務付けるため、EU内部での法制化審議手続が行われている規則案の名称。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/comm/environment/chemicals/reach.htm)で知ることができる。外務省は2006年2月16日に、「EUの新たな化学物質規制(REACH規則案)の動向」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/reach_0602.html)で知ることができる。EUでは、「新規化学物質」と「既存化学物質」を分類して、1967年に導入し、数次の改訂を経て実施されている既存の化学物質規制制度もあるが、新規化学物質については、EU指令 67/548/EECに基づき、製造・輸入業者が行った安全性評価を基に行政が審査を行い全ての物質の安全性を確認している。一方、約3万種類が市場に流通しているとされている既存化学物質については、EU規則 793/93に基づき、行政が安全性評価を行い規制等の措置をとっているが、行政側が規制措置の妥当性を業者に対し証明する必要があることや、他のEU加盟国との調整に時間を要すことなどから、ごく僅かな数の物質についてしか安全性評価が実施されていないことから、既存化学物質についての安全性評価が進まないという問題点等を克服するため、2001年2月から欧州委員会は、「今後の化学品政策の戦略白書」を発表し、工業用化学物質の審査及び規制の仕組みを大幅に見直し、リスク評価・管理を強化する方針を発表、新たな化学品規制として、REACH規則案の導入を提案した。ENS(Environment News Service) World Newsはは2006年7月15日に、人々にではなく、今年は車が、世界のトウモロコシ消費の増加の大部分を占めることになると報告した。米国農務省は2006年にのトウモロコシを2000万トン使用する市場を作り上げる。 このうち、世界の増加している食物需要を満たすために600万トンだけを残して、1400万トンは米国の車のための燃料のために作り出され、使用されると報告している。自動車の燃料のための世界食欲は強欲で、エタノールで25ガロンのSUVガスタンクを満たすのに必要であるトウモロコシは1年間1人の人に食べさせることができる。1台の車が2週間毎にタンクをいっぱいにするトウモロコシ1年分は26人を満腹にさせることができる。米国のエタノール蒸留所で使用されるトウモロコシの量は5年間で3倍になり、2001年の1800万トンから、2006年には約5500万トンに増えている。米国は、米国の車を走らせることがメインで、世界中で飢餓に苦しんでいる人を見捨てたことになる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jul2006/2006-07-15-insbro.asp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年12月14日に、欧州議会(European Parliament)が2006年12月13日(水曜日)に製造されるか、または1年あたり総量1t以上輸入されたすべての化学物質を示し、3万種類の化学物質を規制する新しい規則「REACH for Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals」を承認したと報告した。 その多くは化粧品、おもちゃ、建築材料など、日常の製品の中に使用された化学物質で、より安全な代替手段が存在していると、非常にしつこいものや食物連鎖に蓄積するものなど、最も危険とされる物質は認可されない。また、製造会社はこれらの有毒化学物質をより安全なものに取り替える代替計画を提出しなければならない。代替手段が全く存在していないと、製造会社は1つを見つけることを目的とする研究プランを提示しなければならない。ただし、代替測定では、約3,000の最も危険な化学物質をすでにカバーしている。この規則は現在、EU(European Union/欧州連合)で化学物質を治める40の立法上のテキストに置き換えられる。欧州議会の議長ジョセップ・ボーレル(Josep Borrell)は、「この票は化学物質のリスクから国民の健康と環境を保護するためにEUの歴史で最も複雑なテキストの1つであり、ヨーロッパの競争力を脅かさないために、法律で不可欠な要素をすべてセットアップし、ヨーロッパの日常生活で多数の有毒物質に対する本当の保護をEU市民に提供します。」と言っている。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/dec2006/2006-12-14-01.asp)で知ることができる。


RoHS指令
地球科学関連のURL
ACTE(Accelerated Corrosion Test for Electric Appliances)
クロメートフリー表面処理鋼板
ガイア
Ecotourism
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
地球科学と災害関連のURL
地球科学と海・水関連のURL
地球科学と空・空気関連のURL
地球科学と宇宙関連のURL
地球科学と気象関連のURL
リモート・センシング
未来科学技術情報館
COSMIC
JPL(Jet Propulsion Laboratory)
森林火災情報システム
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
Kyoto Protocol
Ikonos
QuickBird
QuikSCAT
GRACE(Gravity Recovery and Climate Experiment)
EARTHDAY
循環型社会
NEPTUNE Project
EPC(Economic Policy Committee)
GEF(Global Environment Facility)
エントロピー
関東全域での大停電
OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)
Kids For Saving Earth
化学天気予報システム
ESMF(Earth System Modeling Facility)
バイオレメディエーション
トウモロコシから作られた塗料
Biopolymer
バイオ・プラスチック
トウモロコシから作られた筐体
ペーパーディスク
MildDisc
commodity
バイオ燃料電池
有機トランジスタ
Biopolymer
Mobion
Edenプロジェクト
エコ・エコノミー
WEEE(Waste of Electrical and Electronic Equipment) law
炭素万博 2005
CCB Standards
CloudSat
CCSM(Community Climate System Model)
ESMF(Earth System Modeling Facility)
SECOQC
100万人のキャンドルナイト
Ecotourism
エコロジカル・フットプリント
気候変動に対応するための長期的協力の行動に関する対話
ロハス