RSA-129


RSA Security社の開発者達が生存中には解けないと宣言していた、雑誌Scientific America1977年8月号に暗号の検証問題として掲載された129桁の合成数でしたが、解答が発表された1994年には、ハッカーの中に正解者がいたことを認めました。

>> さらに詳細な情報はこちら