PPP

Point to Point Protocol

ピー・ピー・ピー

公衆回線を用いてインターネット・サービスを受けるためのプロトコルの1つ。類似のプロトコルにSLIPがある。SLIPは公衆回線接続とはいってもネットワーク間接続であり、自分のIPアドレスが必要である。これに対してPPPは接続時にIPアドレスを割り当てることができるので不特定多数の端末にサービスを提供しやすい特徴がある。プロバイダ経由でパソコンをインターネットに接続する時はPPPを用いるのが一般的である。