PostPet

ポストペット

ソニーコミュニケーションネットワークが開発した、ユーザー・フレンドリーでビギナーでも使用でき、サイバー・ペットを飼うことができる電子メール・ソフトの名称。原画と全体のディレクション・企画は、九州芸術工科大学画像設計学科を卒業した八谷和彦(Kazuhiko Hachiya)が担当している。PostPetでは、テディベアやミニウサギ、カメ、ネコなど4種類のペットから選択して、1匹だけ飼うことができる。ペットは使っているうちに成長し、メールを頻繁に出すと言葉を覚えて、手紙を書いたり、変な踊りを踊ったりする。また、メールを送信する相手もPostPetを使っていれば、自分のペットが相手の画面に現れて電子メールを届け、相手のペットと喧嘩したり仲よくなったり、メールを届ける途中で変な物を拾ったりもする。ただし、ペットは一度に1つのメールしか運べないし、運ぶためにしばらく帰ってこないこともある。ペットが不在のときには、ポストマンがメールを運ぶことになる。その他、ペットハウスなどのアクセサリーも、プラグインとして供給される。Macintosh版が1997年2月、Windows版が1997年9月に正式にリリースされた。また、1997年10月23日から11月19日まで、展示会「PostpetEX」が、表参道にあるアートショップ「NADiff」で開催された。ソニーコミュニケーションネットワークは1997年11月27日に、パソコンショップでWindows 95とMacintosh対応のPostPetをパッケージ化して発売した。パッケージ版には、ソネット(So-Net)への入会金2000円が無料になる入会申込書も添付されている。PostPetは1997年11月26日に通産省らが主催する「マルチメディア・グランプリ'97」のグランプリを取得し、1997年11月27日からCD-ROMが2枚入って、PostPetを持っていない友人にプレゼントできるようになっているPostPetDX」のパッケージ販売を開始した。また、今回の販売により無料のダウンロードは終了した。1998年1月10日付でPostPetが満1才になり、1月10日は「ポストペットの日」として、専用のホームページを公開した。PostPetのモモがドイツのハノーバーで1998年3月19日から25日まで開かれた世界で最大規模という情報関連メッセCeBITに登場した。ソニーコミュニケーションネットワークは次期バージョンとして、テディベアの「モモ」、「ミニウサギ」の「ミッピー」、雑種ネコの「フロ」、「オカガメ」の「スミコ」4種のペットに新たにひみつメカの「シンゴ」、雑種犬の「ジョン」、フクロペンギンの「ウシェ」、ビッグマウスハムスターの「じんぱち」の4種を加えると発表した。ドイツ語サイトで配布されていたドイツ語版のPostPet にあげる「おやつ」がWindows 95/98に感染するPE_CIHウイルスに感染したことが1998年9月に判明した。1998年9月1日にポストペットパークの「てんとうメッセのふるさと物産フェア」に茨城と福岡のおやつが登場した。また、オムロンはコードネーム「たま」というネコ型ペットロボットを開発している。「たま」は、人から受ける刺激に反応し、生き物のように感情や性格があり、眠くなったり、甘えたりする。名前を呼ばれる事で、主人を認識することもできる。ソニーコミュニケーションネットワークは、WORLD PC EXPO 98に合わせ、これまでのキャラクターに加え、4体のキャラクタが追加された「PostPet2001」を発表した。1998年10月30日に、ビッグコミックスピリッツの「おごってジャンケン隊」第1集発売記念として、PostPetのサイトでは「じゃんけんおやつ」のダウンロードサービスを開始した。1998年11月16日に「ポストペット2001のごあんない」のページにMacintosh版とWindows版に必要なマシンの環境の情報が掲載され、T・ZONE新宿ソリューションセンターで1998年12月12日の深夜0時よりパッケージが発売された。気温はなんと7度と寒く、別に昼間に売り出しても何も問題ではなく、T・ZONE(CSKエレクトロニクスは東京秋葉原の主力店舗「T・ZONE.本店」を2002年5月31日に閉店した)のサディスティックなユーザーを苦しめるイベントになった。このようにユーザーを馬鹿にしたイベントで客寄せを続けると、いつかしっぺ返しを食らうことだろう。PostPet2001を発売したばかりの1998年12月15日に、PostPetチャットに入れない、入っても「チャネル変更」ができないという不具合が発生した。詳細情報はURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/info/news_arc/199812/913723328.html)で知ることができる。1998年12月16には「PostPet ver2.0お試し版」のダウンロードが開始された。1999年4月にはWindows CE版のPostPetが発表された。これで、日立「PERSONA」、コンパック「Cシリーズ」、NEC「Mobile Gear」、ヒューレット・パッカード「HP 620LX Colour」等でもPostPetが楽しめるようになった。So-netは声でPostPetが操作できるViaVoice対応のPostPetを開発し、1999年9月7日から幕張メッセで開催される「WORLD PC EXPO99」で先行販売することを発表した。ソニーコミュニケーションネットワークは、子供向きにカスタマイズしたPostPet「PostPet kids」を2000年7月18日に発売した。日本アイ・ビー・エムは2001年2月14日に、最新の音声認識ソフト「ViaVoice for Windows , Standard V8 日本語版」に、ソニーコミュニケーションネットワークと共同開発したインターネット用愛玩電子メールソフト「ポストペット(PostPet) ViaVoice対応版」の最新版をセットにしたソフトウェア・パッケージ「ViaVoice Standard V8 with PostPet ViaVoice対応版(ViaVoice V8 with PostPet)」を発表した。高木浩光@独立行政法人産業技術総合研究所が2002年5月24日に、ソニーコミュニケーションネットワークが販売するWindows版「PostPet」で、添付ファイルが強制実行されるセキュリティ・ホールを発見したと発表した。詳細情報はURL(http://memo.st.ryukoku.ac.jp/archive/200205.month/3953.html)で知ることができる。ソニーコミュニケーションネットワークもURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/up206/index.html)で、「PostPetのセキュリティに関する重要なお知らせ」を公開している。So-netは2007年1月10日に、「PostPet」誕生10周年を迎えたと発表した。 詳細情報はURL(http://blog.so-net.ne.jp/sns_topics/2007-01-10)または、URL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/10th/dl/index.html)で知ることができる。
ソネットエンタテインメントは2008年5月8日に、TOB(株式公開買い付け)で2008年4月に連結子会社化したゲームポットと共同で、「ポストペット」を使ったポストペットのキャラクターが暮らす三次元仮想世界「ポストペット・タイプM(仮称)」を提供すると発表した。

[その他のPostPet関連URL]
●PostPetホームページのURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/index_j.html)
●PostPet 情報局のURL(http://www.jonasun.com/postpet/)
●PostPetClubのURL(http://webs.to/postpetclub/)
●PostPet ver2.0お試し版のダウンロードができるMac版のURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/dlcenter/ver20/mac/)、Windows版のURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/dlcenter/ver20/win/)
●ポストペットチャットのURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/park/meeting/ppchat/)
●「ポストペットEXPO'99」のURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/fun/report/parco_expo99/)
●任務を終えたβ版のペットたちがひっそりと集まる惑星「MOON」のURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/moon/index.html)
●Macintosh用PostPetメール管理ツール「PM_Reader」のURL(http://hp.vector.co.jp/authors/VA012800/works/PetTool.html)
●「PostPet2001」Macintosh版とWindows版に必要なマシンの環境情報があるURL(http://www.postpet.so-net.ne.jp/2001/info2001.html)
●中国版、英語版のPostPet情報があるURL(http://www.ap.sonystyle.com/postpet%20/)


子供が使うと楽しいページ
人工生命
人工知能
人工環境
遺伝的アルゴリズム
画面の中のペット
センサー・フュージョン
Whizzkids Club
fin fin
テクノスフィア
バーチャル水族館
リアル・ワールド・コンピューティング
ゲノム分析
Lシステム
電子メール
MIME
たまごっち
ポケモン
TEO
ふくおかマルチメディア研究会
セル・オートマトン型人工脳
COMA
CeBIT
なんでもバトラー
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
BioPunX
Dancing Baby
トリホーメール
きゃらぷっしゅ
VIRTUAL WORLDS 98
ペット・ロボット
Digital Biota
ラッキー
フィンフィン・エージェント
PowerPointウイルス
Officeアプリケーション感染型ウイルス
JiJiBaBaPet
てくてくエンジェル
マルチメディア・コンテンツにおけるムーアの法則
SRL(Survival Research Laboratories)
バボット
知的車椅子
完全自律搬送車
進化するエビ型歩行ロボット
MiMIC
Khepera
EMRoS
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
タッチおじさんメール
A.T.E.プロジェクト
ジャマー
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
SYNWORLD
バイオニクス
バイオテクノロジー
日常活動型ロボットコンソーシアム
利己的な遺伝子
ミーム
Life 3.0
VoiceEnnea
ViaVoice
電子メール
Aaron
バーチャル・ブレイン・ヘッド
歪シリコン・トランジスタ
ペタ・コンピューティング
ゲノム分析/DNA/遺伝子/アトム関連のURL
RWC(Robotic Work Crew)
シンギュラー・ポイント
スーパーコンピュータ
バイオテクノロジー戦略会議
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
ウイルス作成罪
インターネット隔離
NueROMA
ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所
遺伝子工学
Geographic Project
Little Computer People
Cube World
Robot Hall of Fame