O2ワークステーション

O2 Workstation


SGI社が、64ビットMIPSプロセッサR5000とR10000を採用し、2.1Gバイト/秒のシステム・バス経由で、SDRAMに直接アクセスできるように設計され、Indyの後継機種として開発し、1996年に発表したUNIXワークステーションです。

>> さらに詳細な情報はこちら