900i


NTTドコモが2003年12月18日に発表した、「iアプリ」や、505iシリーズの最大30Kバイトから約3倍となる最大100Kバイトに、データ記憶領域(スクラッチパッド)は従来の最大200Kバイトから最大400Kバイトに大容量化し、「Macromedia Flash」、全端末が有効100万画素以上のカメラを搭載するなど、「FOMA端末」の総称。2003年12月18日に発表された「900i」は、有効100万画素スーパーCCDハニカムを採用し、記録画素数は200万画素相当になり、最大24フレーム/秒の動画撮影・再生が可能で、静止画と動画は別売りケーブルで家庭用TVに出力でき、メモリースロットには「メモリースティックPRO Duo」に対応させたことで、「メモリースティックDuo(メモリースティック・デュオ)」にビデオ機器で録画した動画を再生することも可能にした三菱電機製の「D900i」、指紋センサーを装備し、有効128万画素CCDを搭載し、別売りのUSBケーブルでPCと接続でき、スケジュールや電話帳データを同期させることが可能富士通製の「F900i」、有効100万画素スーパーCCDハニカムを採用し、記録画素数は200万画素相当になり、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」を移植した「iアプリ」がプリインストールされるNEC製の「N900i」、AF機構搭載の有効128万画素CCDを搭載し、AF機構で接写時もピントが合った画像を撮影でき、静止画・動画のTV出力や、miniSDカードに外部機器で録画した動画の再生も可能にした10種類にカスタマイズできるパナソニックモバイルコミュニケーション製の「P900i」、AF機構付き有効202万画素CCDを搭載し、ピントの合った接写が可能なほか、最大20倍ズームや最大25連写、ピクチャーライトの色を変えて9枚連写ができる「ブラケット連写」、5枚の連写画像を重ねて合成する「オーバーラップ連写」、「Word」「Excel」などのファイルを閲覧できる「ドキュメントビューア」機能も備えたシャープ製の「SH900i」の5種類であった。詳細情報はURL(http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/03/whatnew1218.html)で知ることができる。また同時に、ドコモの音声端末で初めてメインディスプレイにタッチパネル液晶を使い、Bluetoothも搭載した「F900iT」や、液晶が回転してムービースタイルで撮影できる「P2102V」をベースに、カメラを2Mピクセル化した「P900iV」も将来登場すると紹介した。