60GHz帯


60GHz帯の電波は、大気中の酸素分子に吸収されやすく、長距離伝送に不向きであるが、逆に、他システムとの干渉が抑えられるメリットがあり、短距離通信には有望である。郵政省(当時)は2000年8月9日に、60GHz帯(59〜66GHz)を利用するシステムの実用化を促進するため、電波法施行規則、無線設備規則等の省令を一部改正した。米国では、59〜64GHzが免許不要の帯域(Unlicenced-Band)として割り当てられている。
cellular-newsは2008年11月6日に、ABI Research研究による情報として、4つのクラスでワイヤレス・オーディオの出荷とホーム・ビデオ接続性製品は2008年に1億5000万に達し、 2013年には世界で7億まで増加すると予想したと報告した。
問題の技術は、ブルートゥース(Bluetooth)、Wi-Fi、UWB(Ultra-WideBan/超広帯域)と、ハイデフィニッション・ビデオのワイヤレス配信で起こりそうな旗手「60GHz」になる。
ABI Researchは長い間、ワイヤレス・ホームエレクトロニクス市場が発展するのに応じて、これらの技術が共存し、それらの強さと専門に従って密接に統合するようになると主張している。
先任アナリストのDouglas McEuenは、「ホームの中のワイヤレス・ビデオとオーディオの接続性は初期採用者の市場です。」
「ホームのマスメディア・ネットワークの問題で、同じくらい一般的なことになり、それはワイヤレスの接続性がホームにあるよりさらに小さい。」「しかし、これらのシステムが消費者のホームに現れ始めるのに従って、承認レベルを上げて、利益を拡大するでしょう。」と言っている。
先取りが非常に難しい市場で、早すぎると通信環境がネックになり、遅すぎると乗り遅れることになる。
ブルートゥースとWi-Fi市場は、既に大きく、安定しているが、UWBと60GHz、特に後者はまだ揺かご期で眠っている。
「60GHz」は、60GHz帯の電波は、大気中の酸素分子に吸収されやすく、長距離伝送に不向きであるが、逆に、他システムとの干渉が抑えられるメリットがあり、短距離通信には有望といわれ、ホワイトスペース周波数帯(white space spectrum/white space airwave/空白周波数帯)で注目されている。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34519.php?source=newsletter)で知ることができる。
FCCは2008年11月4日に、未使用テレビ周波数帯「余白(ホワイトスペース周波数帯/空白周波数帯/white spaces)」の開放を決定 した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-286566A1.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/(http://googleblog.blogspot.com/2008/11/vote-for-broadband-in-white-spaces.html)で知ることができる。
eSchool Newsは2008年11月5日に、ブロードバンド・インターネット・サービスの普及を全国的に進め流目的で、FCC(連邦通信委員会/Federal Communications Commission)が2008年11月4日に「余白(white spaces)」として知られているテレビ電波未使用部分を無免許でオープン使用できる投票を実施したと報告した。
投票結果は、Google社やMicrosoft社が要求していた通り、公共利益団体のための大勝利で、ブロードバンド・インターネット・サービスとして「余白(ホワイトスペース周波数帯/white spaces)」を使用できることに投票された。
委員会の2人の民主党員のひとりJonathan Adelsteinは、「余白は私たちが望んでいるブロードバンドの未来を書く印刷していないページです。」と言い、「余白が今日のブロードバンド市場でのプライマリ競争を表す電話とケーブルネットワークを超えて消費者に届くように「3番目のチャンネル」にできる。」と言い足した。
4人の委員の中で共和党員デボラ・テイト(Deborah Tate)だけが、潜在的干渉問題がどう扱われるかに関する疑問を挙げたが、プランを承認するのに投票した。
FCCの決定に対し、NAB(National Association of Broadcasters/全米放送協会)が訴訟に出るかもしれないが、即座のコメントはなかったと報告している。詳細情報はURL(http://www.eschoolnews.com/news/top-news/index.cfm?i=55900)で知ることができる。