3G CDMA


ITU(International Telecommunication Union/国際電気通信連合)が主張した第3世代CDMAの名称。米国のクアルコム(Qualcomm)社は、世界で初めてデータ通信速度153kbpsの3G CDMAシステム(MSM5000 Mobile Station Modem)向けチップセット(3G chipset)とソフトウェア(3G CDMA Multi-Carrier)の出荷を2000年2月1日に開始した。詳細情報はURL(http://www.qualcomm.com/cdmatechnologies/)で知ることができる。
2001年11月15日に片山虎之助総務相とフィンランドのヘイノネン(Olli-Pekka Heinonen)運輸・通信(Minister of Transport and Communications)は、第三世代携帯電話で、端末や携帯インターネットサービスに関する仕様標準化を両国で進めることに合意したと発表した。また、第3世代の携帯電話についてはURL(http://www.cdg.org/3GPavilion/overview.asp)で知ることができる。総務省は2000年3月27日に、第125回電気通信技術審議会で、3G CDMAなど、IMT-2000に関する答申をした。詳細情報はURL(http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/japanese/teletech/00327b01.html)で知ることができる。
Nick Farrellは2003年1月21日に、vnunet.comで第2世代携帯電話は出会い系が大問題になったが、「第3世代携帯電話をポルノが殺す(Porn will be 3G's killer app)」と予測するレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.vnunet.com/News/1138157)または、URL(http://www.vnunet.com/forums/forum.jsp?forum=2)で知ることができる。New Media Ageは2003年7月24日に、Bango社が事故さえなければイギリスで初めて携帯電話向けに、プロテクトをかけてポルノ情報を配信する有料サービスを開始すると報道した。詳細情報はURL(http://www.newmediazero.com/nma/story.asp?id=243092)で知ることができる。
米国のStrategy Analytics社は2004年2月12日に、携帯電話ユーザーのオン・デマンド・アプリケーション導入に対する動向として、2001年と2003年を比較したレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.strategyanalytics.com/press/PR00099.htm)で知ることができる。
米国のSpirent Communications社は2004年3月29日に、1つのアンテナで、「CDMA2000」「1xEV-DV」「WCDMA」「HSDPA」「UMTS」「FCCのE911(Enhanced 911)を採用したローカル・サービス」「WLAN」を送受信できる未来に向けたソリューソン実験を実施し、成功したと報告した。詳細情報はURL(http://www.spirentcom.com/wireless/newsletter.asp)で知ることができる。
cellular-newsは2005年3月18日に、Strategy Analyticsが2005年3月17日に発表した新しいレポート「MOBILE ADULT SERVICES JUST A SIDE SHOW?」は携帯電話のポルノ市場への重大な挑戦であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/12336.shtml)で知ることができる。
Strategy Analyticsは調査レポート「MOBILE ADULT SERVICES JUST A SIDE SHOW?」で、インターネット上のWebで優れたユーザー経験が、マルチメディア化された携帯電話のポルノ市場として、そのより大きい有用性から、Private Media GroupやPlayboyなどの増強された参加企業、オフネットの入り口への導入、および満足されている証明認証と時間検証システムの実装などを含んで、そのままで残ると結論を下し、2008年に携帯電話のポルノ市場がUS$10億、2010年にはUS$50億市場になると予測している。詳細情報はURL(http://www.strategyanalytics.com/press/PR00160.htm)で知ることができる。
Private Media Groupが2003年1月23日に公開した第3世代携帯電話でのポルノ映像配信リリース「Adult Material To Lead 3G Take Up」はURL(http://www.3g.co.uk/PR/Jan2003/4749.htm)で読むことができる。
Cellular Newsは2007年4月2日に、EUのテレコム市場に関するEC(European Commission)がEurope's Information Society Thematic Portalで2007年3月29日に第12回レポートを公開し、ヨーロッパ人の消費者は、ヨーロッパのテレコム規則の実装における好ましい進歩の結果、下値と革新的なサービスの利益を得続けていると発表したと報告した。情報通信のEUコミッショナーヴィヴィアーヌ・レンディング(Viviane Reding)は、「確かに、競争への情報通信市場の始まりは関税と、より良いサービスにおける下落傾向で見ることができ、EUのサクセスストーリーの1 つです。しかし、5%追加出資で2.3%の成長である間は、彼らがヨーロッパの競争力で良いとは言えないと分析した。
これはEUの情報通信規則に関する今年の改革が競争がまだ有効でない規則の焦点を主要なボトルネックに合わせなければならない理由です。セクターで監視委員は、技術が国境を越えるところで事業者と消費者の両方のために汎ヨーロッパの規模の経済へ道を開くべきです。」と言っている。3Gとデータサービスでは、3Gの周辺装置が増加しているという兆候があり、70の事業者が現在商業ベースで3Gを提供し、3Gサービスは現在、すべての加盟国で利用可能になっている。
日本は最も高い3Gサービスの浸透を保有しているが、ヨーロッパは現在、加入者数での最も大きい。EUには約4500万人の3G加入者がいると予測され、購読でヨーロッパがリーダーとして日本に追いついたことを示していると報告した。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/22924.php)または、URL(http://ec.europa.eu/information_society/policy/ecomm/implementation_enforcement/annualreports/12threport/index_en.htm)で知ることができる。米国のBroadcom社は2007年6月7日に、ITC(米国国際貿易委員会/United States International Trade Commission)がQualcomm chipsの製品がライバルのBroadcom社によって所有されていた特許を侵害していることを明確にしたことから、米国で販売される新しい携帯電話はQualcomm chipsを使用することができなくなったと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcom.com/press/release.php?id=1013134)で知ることができる。ただし、ワシントンポスト(WashingtonPost)は2007年6月7日に、携帯電話のためのチップ・メーカークアルコム(Qualcomm)社によって作られた半導体は、既に市販されている受話器での販売は継続できると、ITCは言っている。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/06/07/AR2007060702245.html)で知ることができる。
informationWeekは2007年6月28日に、Qualcomm社が禁止令と戦い、ITCオーダーの実施を延滞するように米国控訴裁判所に頼むと報告している。詳細情報はURL(http://www.informationweek.com/news/showArticle.jhtml?articleID=199902834)で知ることができる。
cellular-newsは2008年7月24日に、2008年6月末に中国の携帯電話契約者数が5億8,396万人になり、第3四半期の終わりまでに6億人を越えると予測した。
2008年6月だけで、864万人が新規登録した。
これは2008年に入って毎月800万人ずつ新規登録が行われたと報告している。
2008年の前半だけで5,352万人が新規登録し、それはフランスの総顧客数より多いことになった。
中国モバイルは、2008年6月の終わりに4億1,319万人の顧客で国内最大事業者で、シェア70.8%を確保している。
文句なしに、世界一である。
一方、中国ユニカムは1億7,077万人の顧客がいて、シェア29.2%で、シェアが衰退している。
1億7077万人の顧客がいても---?
中国モバイルはGSM技術だけで、ユニカムの顧客で4分の1以上がCDMAを使用している。
しかし、CDMAは25.3%まで下がった。
2008年6月の終わりに、合計で 5億4,079万人のGSMと比べて、4,317万人のCDMA顧客がいた。
中国全土では、昨年6月の8.2%から、7.4%まで落ちた。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/32638.php?source=newsletter)で知ることができる。
まさに、世界の携帯電話市場を動かすだけの力が中国にはあり、中国のこの結果が世界中の携帯電話市場に波及している。
中国市場が、世界でCDMAを殺そうとしている。
残るは、インドへの期待だけである。
もし、インドがCDMAを捨てたら、世界市場からCDMAが抹殺される。
CDMAは、米国で開発されたが、ここでは米国の権威が無視されている。
以前から言っているが、武器に頼る時代は終わった。
消費社会が、世界の経済を動かしている。
それは、WiMAX、LTEなどにも大きく影響することだろう。
米国の思惑通りに行くのか?
それとも----詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10472)で知ることができる。