3D model recognition


3次元形状そのものを比べて相似度を比較することができる技術で、モノリスでは、物体表面上の点の間の距離を元にした位相構造を表すモース関数を使って、物体の骨格を一意に表現できるレーブ・グラフという3次元形状のスケルトン構造を抽出することとで、3次元形状の認識を可能にする技術を開発しました。

>> さらに詳細な情報はこちら