2次元アドレス空間


東京農工大の高橋延匡(Nobukiyo Takahasi)教授が1995年7月に開発した、マイクロカーネルで難しかった高速のデータ読み出しを実現するため、仮想的な記憶装置を作り、データの読み出しを高速にする手法です。

>> さらに詳細な情報はこちら