2008年、米国大恐慌!?

USA 2008: The Great Depression


Educational CyberPlayGroundは2008年4月3日に、「食糧切符(Food stamps)は米国貧困のシンボルです。」といい、貸し渋りの時代では、記録的な2,800万人の米国人が、現在、生き残るために「食糧切符(Food stamps)」を受けていると報告し、世界で最も豊かな国、米国が経済大恐慌に直面しているという確かな「USA 2008: The Great Depression(米国2008: 大恐慌)」の証拠であると報告した。
長年の軽微な景気後退は、特に自動車業界で産業基盤を潰し、ミシガン州でますます仕事から投げだされるようになっている。
現在、8人似一人が食糧切符を受け取り、それは2000年の2倍になった。
ミシガン州のプログラム・スポークスウーマンであるモーリーン・スーベルト(Maureen Sorbet)は「近年、急騰を見ましたが、それが最近の数カ月さらに上昇しているのを見ました。」「着実に、増加しています。」「プログラムがなければ、何人かの家族と子供が食料なしで済ませているでしょう。」
しかし、傾向は斜陽地帯の地域に制限されていない。
フロリダ、アリゾナ、およびメリーランドを含む少なくとも6つの州が、2007年に10%の増加した。
ロードアイランドでは、「食糧切符」の人口領域が2年間で18%上昇した。
40年前に、毎日の飢餓が多くの米国人で現実であったときに、食物プログラムは始まった。
最近の紙のクーポンからプラスチック・カードシステムへの変更は、食糧切符プログラムに関連している恥辱のいくつかを取り除くことを助けた。
銀行デビットカードと同じくらい容易にカードを利用できる。詳細情報はURL(http://blog.edu-cyberpg.com/2008/04/03/USA+2008+The+Great+Depression.aspx)で知ることができる。
米国では、大恐慌と認識したが、日本の福田政権はまだ認識していないようだ。
同じような光景は日本にもいっぱいある。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9341)で知ることができる。
2008年4月10日にCenter for Media Researchは、ミシガン大学(University of Michigan)が恒例として経済学の名誉教授ソール・ハイマン(Saul Hymans)と、同僚のジョーン・クラリー(Joan Crary)、ジャネット・ウルフ(Janet Wolfe)が米国経済について毎年春に本当の国内総生産によって測定されるように発表する国家の経済生産高の成長予測を発表し、四半期でUS$440億の低下で、1.5%の衰退を予測したと報告した。
しかし、自動車販売、非長期消費、住宅建設の小さい衰退のおかげで、希望の第2四半期に「成長なし」と報告した。
予測によると、2008年前半のGDP成長の弱いパターンのあと、後半に2.5%の成長率と続き、2009年に実質GDPでさらに強い2.9%は獲得する。
ハイマンは「この第2四半期改良のいくつかが確かに5月、6月に届く戻し減税チェックのためですが、財政面からの景気刺激には、今年の後半に、はるかに大きい効果があります。」「住宅産業は、経済へのかなりの抗力であり続けます」と言い続け、「経済状態がそこで、不況を宣言することができるくらい弱いと判明するかどうか、現在の経済が疑問であることができ、少なくとも短期間ほとんど標準以下であると感じられないでしょう。」と言っている。
さらに、
*成長パターンは、2007年の1610万ユニットから来年の2009年までの間で、2008年後半にどん底を打って、1982年以来で最もわずかな一戸建て住宅しなかった後に、30%以上の住宅着工の増加を通して1510万単位のペースで安定し、軽車両販売がサポートされる。
*全体的に見て、一戸建てと同様に数家族共用の住宅着工は2005年の200万以上から、2006年の181万、2007年の134万で、今年は100万未満の数になる。
2009年の住宅着工は、114万に上がると予測している。
*一戸建て住宅販売は2008年に、395万ユニットまで落ち、2009年には378万、昨年、エコノミストからの情報によれば、2007年より100万ユニット以上の損失になると言っている。
3年前に、米国では600万以上のホームを販売した。
*また仕事の成長予測では、あとに続いく夏を通して2008年の雇用喪失を続け、2008年後半から2009年にかけて上昇は期待できないことから、数として2008年の例年の仕事のカウントで、50万が失業し、2009年は、増加における利得を全くもたらさないことになる。
失業率は、現在に4.8%から約5.6%になり、2009年末には5.8%まで上昇する。
*ハイマンと同僚は、金利が続落すると言っている。
従来の抵当金利は2007年の6.3%から、2008年の5.9%、2009年の平均で5.7%になり、財務省短期証券は、2007年の4.4%から、2008年、2009年に2%未満まで下がると評価している。
概要としては石油の価格は現在の1バーレルあたりUS$110から、最終的に2009年に1バーレルあたり平均US$88まで引き戻すべきであると結論づけ、コア・インフレが今年と来年で、2.5%までに残るべき、と言っている。
また、個人消費は過去2年の支出における3%の成長から、2008年はほとんど1%成長まで落ち込み、低いままで残り、2009年に2%まで戻すと予測している。
まさに2008年のこれからさらに米国経済は悪化し、2009年に多少より戻すと予測してる。
そう言えば、パソコンから携帯電話の時代になってきているが、携帯電話にメーカーでは、米国のモトローラが身売りする噂が流れ、米国以外のノキア、ソニー・エリクソン、三星が好調で、話題の割にiPhoneは世界市場を揺るがすほど売れていない。
携帯電話向けのサービスも手がけ始めたばかりで、実績はまだ先でしょう。
といって、日本経済が良くなる可能性も低い。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1679)または、URL(http://www.ns.umich.edu/htdocs/releases/story.php?id=6415)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=937)で知ることができる。
2008年9月29日にCenter for Media Researchは、Nielsen Media Researchが収集した1976年以来のテレビ視聴者と金曜日の夜に5700万が見たテレビ視聴者を比較し、不安定な米国財政危機状態にあって、バラック・オバマ(Barack Obama)とジョン・マッケイン(John McCain)との最初の討論は、珍しい重要性を明らかにしたと報告した。
2008年の選挙で、この最初の大統領の勝負は、どのように最後の半世紀で最も見られた討論と比較されたか?
Nielsenが大統領候補討論のためにテレビの視聴率データを集めた最初の年であった、1980年のジミー・カーター(Jimmy Carter)とロナルド・レーガン(Ronald Reagan)の討論は、1976年以来最大のテレビ観戦者がいた。
1992年のジョージ H. W. ブッシュ(George H. W. Bush)、ビル・クリントン(Bill Clinton)、ロス・ペロー(Ross Perot)の討論、および1976年のジェラルド・フォード(Gerald Ford)とジミー・カーター( Jimmy Carter)の討論がトップ3であった。
また、1988年のジョージ H. W. ブッシュ(George H. W. Bush)とマイケル・デュカキス(Michael Dukakis)の討論と、1984年のロナルド・レーガン(Ronald Reagan)とウォルター・モンデール(Walter Mondale)の討論がトップ10をを形成した。
[大統領候補討論の聴衆ランキング・トップ10]
1位---1980年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Oct. 28
討論者:Carter - Reagan
視聴者数:8060万
2位---1992年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC, CNN
放送日:Oct. 15
討論者:Bush - Clinton - Perot
視聴者数:6990万
3位---1976年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Sept. 23
討論者:Ford - Carter
視聴者数:6970万
4位---1988年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Oct. 13
討論者:Bush - Dukakis
視聴者数:6730万
5位---1984年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Oct. 21
討論者:Reagan - Mondale
視聴者数:6730万
6位---1992年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC, CNN
放送日:Oct. 19
討論者:Bush - Clinton - Perot
視聴者数:6690万
7位---1988年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Sept. 25
討論者:Bush - Dukakis
視聴者数:6510万
8位---1984年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Oct. 7
討論者:Reagan - Mondale
視聴者数:6510万
9位---1976年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Oct. 6
討論者:Ford - Carter
視聴者数:6390万
10位---1976年
放送ネットワーク:ABC, CBS, NBC
放送日:Oct. 22
討論者:Ford - Carter
視聴者数:6270万
Source: Nielsen Media Research, September 2008 (There were no televised Presidential debates for the years 1972, 1968, and 1964.)詳細情報はURL(http://www.mediapost.com/blogs/research_brief/?p=1802)または、URL(http://blog.nielsen.com/nielsenwire/)または、URL(http://blog.nielsen.com/nielsenwire/debate1/Debate_NewsSegment.wmv)または、URL(http://blog.nielsen.com/nielsenwire/wp-content/uploads/2008/09/nielsencbsdebateanalysis.ppt)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11143)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月30日に、RCD(Retail Consumer Dynamics Study)による「厳しい経済に対する消費者レポート」を紹介し、ほとんどすべての消費者が不安定な経済に直面しているが、しかし、経済的困難への彼らの対応は異なると報告した。
Acxiomによる消費者の買い物行動と態度の産業特有の分析研究調査は、消費者セグメントが、経済を知覚するか、そして、その知覚から、訪問する店のタイプ、一般にどう自分達の毎日の買い物に取り組んでどのように支出へ延長し、どのように影響するかという変化を見つけていると報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/study-segments-consumers-by-spending-behavior-in-tough-economic-times-6519/)または、URL(http://www.acxiom.com/184076/retail_consumer_dynamics)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/study-segments-consumers-by-spending-behavior-in-tough-economic-times/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月3日に、米国商務省(Commerce Department)のBEA(Bureau of Economic Analysis/経済分析部)による「米国のGDP四半期レポート」を紹介し、高価な大型商品の購入をためらっている米国の消費者は、2008年9月に支出を削減し、ここ4年間で最も低い月間個人消費であったと報告している。
2008年第3四半期の国民総生産は0.3%の年率で縮まったと、商務省の経済分析部は報告している。
総経済活動のおよそ2/3を構成する個人消費(Consumer spending)は、GDPレポートが見つけた2008年第3四半期が年率で3.1%下がっていた。これは1991年以来の最初の四半期衰退で、28年間の最大四半期衰退であったと報告している。
28年間で個人消費が最大の衰退だったということは、すでに米国では大恐慌が確実に始まっているということになる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/financial/biggest-consumer-spending-drop-in-4-years-1st-gdp-quarterly-decline-since-91-6643/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/biggest-monthly-consumer-spending-drop-in-four-years-first-gdp-quarterly-de/)または、URL(http://www.marketwatch.com/news/story/Biggest-drop-consumer-spending-4/story.aspx?guid=%7B9E671F65%2D645B%2D4B51%2DAE58%2D9CDEE09B3C20%7D)または、URL(http://www.bea.gov/newsreleases/national/pi/pinewsrelease.htm)で知ることができる。
また、Allen & Gerritsen (a&g)によるホリデーの消費者動向予測「お母さんと経済レポート」を紹介し、アメリカ人のお母さんがどう現在の経済危機に対処するかに関する調査から、ほとんどのアメリカ人が持っている米国決定権の80%であるオンラインお母さんが支払能力以上の債務を負うよう奨励され、完全に、平均的なアメリカ人の58%は考えが貪欲過ぎる(too greedy)と報告した。
アメリカ人のお母さんは、家庭の経済を抑制する方法を探して、調査された3人のお母さんのうちの2人(65%)は、絶対に必要でない購買を削っているか、約半分(52%)を排除していたことが判ったと報告した。
まさに、アメリカ人のお母さんが財布の紐を確実に握っていたことが明らかにした。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/moms-scale-back-greedy-behavior-rein-in-finances-6633/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/moms-rein-in-greed-era-of-financial-overextension-over/)で知ることができる。
さらに、Deloitteによる今年のホリデーシーズン小売り販売レポート「23rd Annual Holiday Survey」を紹介し、経済が重く彼らの心に伸しかかって、多くのアメリカ人が、今年のホリデーシーズンの間は、これまでと異なって、より慎重になり、それほど費やさないで、買い物をすることを計画していると報告した。
調査結果の中で、
* 記録的な数の消費者は、経済に関して悲観的であると言った。
o 半数以上(53%)は、2009年に弱める経済(この質問では過去10年間以上の応答で最高)が、2007年は43%であった。
o およそ5人の消費者似1人(19%)は、仕事が非常に不安定か、または全く安全でないと感じると言った。 この割合は1997年から2008年で最高値に達した。
* 10人の消費者の約6人(59%)は、今年のホリデーシーズンに支出を下げると予想した。
* より高い食品価格(73%)と、より高いエネルギー価格(69%)は、それほど費やさないトップ2の理由で、経済(61%)と雇用不安(18%)をしのいでいた。
* 何人かの消費者には、出費を切り詰める別の十分な理由があり、11%は2007年から休日債務をまだ返済していると言った。
* 小売業者はより積極的な雰囲気で、基金が休日購買に利用可能であることを意味し、2008年の夏に連邦政府刺激チェックを受けた消費者は平均的に、必要になったら使うので、チェックの20%をまだ費やしていなかったと言った。
これは、麻生首相が年末に配布するというクーポンにも言えることだろう。
国民は、政治家のロボットではない。
みんな考える頭脳を持っている。
しかし、小泉首相の暴走が、これまでに悲惨な2人の首相を辞任させ、つくづく小泉首相は、再考のタイミングで辞めたと言える。
されに、政治家まで引退した。
運のいい人である。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/traditional/pessimistic-consumers-seek-sales-and-value-for-holidays-6588/)または、URL(http://deloitte.com/dtt/press_release/0,1014,sid%253D2281%2526cid%253D230055,00.html)または、URL(http://www.deloitte.com/us/2008HolidaySurvey)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月4日に、comScoreによる「米国の電子商取引小売の売上レポート」を紹介し、オンライン支出は2008年第3四半期に2007年第3四半期より6%伸びたと報告した。
しかし、2008年第1四半期から2007年第1四半期の12%成長から、スリーダウンしていると報告した。
comScoreは、総米国のオンライン小売(旅行を除いた)が2008年第3四半期に約US$300億ドルであったと報告した。
毎月の成長遅延として、2007年第4四半期の18-20%のレベルから電子商取引が下落し、 4月以来、成長率は、前の月より遅くて、毎月低くなっていると報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/us-retail-e-commerce-sales-growth-slows-to-6-in-q3-6651/)または、URL(http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2560)で知ることができる。
DemocracyInAction.orgは2008年11月5日に、今日の進歩的なバラック・オバマ(Barack Obama)の歴史的な勝利を祝っていますが、スローガンだけではなく、「change(変化)」を確実にするためには進行中の圧力を1月まで保つことが必要があると報告してきた。
オバマ管理の最初の100日間、健康管理、イラクの戦争を終わらせて、経済を再規制する気候変動などの問題で批判的な法案を可決する主要な圧力で、できるだけ多くの進歩的な声が聞かれることを確実にしたいと考えているといってきた。
DemocracyInActionは、オンライン支持の主なプロバイダと、400以上の非営利団体が、彼らの支持者とコミュニケートするのにSalsaプラットホームを利用して、彼らが行動を取るよう奨励している進歩的な運動でツールを組織化している。
まだそれらのグループの1つではないが、新年に記述される緊急の進歩的なプライオリティを代表して働く気なら、DemocracyInActionに、「Empowers Grant(権限を与える)」 プログラムを承諾するように求めてきた。
このプログラムは、オンライン結団を使用するために議会とオバマ大統領に、一般民衆の運動をするために彼らの支持者を動員して、メール爆破(email blasts)、陳情(petitions)、新聞編集者への手紙(letters to the editor)、公選職へのメッセージ(messages to elected officials)など、民間非営利組織にツールを許容している。
そして、DIAスタッフは、2009年1月から4月まで、主に自由な進歩的なオーガナイザーの共同体から、彼らの努力の戦略支援を受けていると報告した。
選挙結果に浮かれるのは、昨日の夜だけで十分であると言うことでしょう。
勝って兜の緒を締める!
政治家という動物は、選挙に勝つためなら何でもするが、選挙に勝つととすぐ裏切る!詳細情報はURL(http://salsa.democracyinaction.org/o/103/t/113/tellafriend.jsp?tell_a_friend_KEY=3561)または、URL(http://100days.democracyinaction.org/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月5日に、hoenix Marketing Internationalによる「大金持ち投資家が短期的の危機を引き起こした」を紹介し、現在の経済状況はある支流で、大金持ち投資家の中で信用の短期的な危機を引き起こしたと報告した。
およそ2/3は、彼らが国際長期投資戦略を変えるようなことを何もしていなかったと、レポート「Affluent & Millionaire Sentiment: A Crisis of Confidence」で報告してる。
最近の経済事件の結果、株式市場に投資しながら、より少ない信用を持っているUS$999,000〜US$250,000の投資資産家の4分の3が述べていると報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/affluents-millionaires-lose-short-term-investing-confidence-6703/)または、URL(http://www.phoenixmi.com/index.php/site/news_content/?news_id=939&cat_id=13&sub_cat_id=)で知ることができる。
また、E-consultancyとDoubleClickによる「現金が欠乏する消費者レポート」を紹介し、かれらがオンラインで掘り出し物を求めるとき、オンライン小売業者はますます買い物比較サイト・マーケティングから、製品を選んでいることが判ったと報告している。
調査された小売業者の約43%は、ここ12カ月でCSEs(comparison shopping engines)を経由するオンライン販売の割合を増やしたと言い、 平均的に、小売業者は、彼らがこのチャンネルでオンライン販売の10%を手に入れると報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/comparison-site-sales-increase-as-consumers-hunt-for-deals-6669/)または、URL(http://www.e-consultancy.com/news-blog/366628/retailers-invest-in-comparison-engines-but-opportunities-missed.html)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/sales-via-comparison-sites-increase-as-consumers-hunt-for-deals/)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月11日に、Nielsenによる「米国人の不況感覚レポート」を紹介し、米国の大部分(86%)が、不況と感じ、半数以上(54%)の消費者が、この不況は12カ月以上続くと感じていたと報告した。
不況の終わりを予測することとなると、ほとんどの消費者が悲観的であることを示し、18%だけがこの不況は1年以内に終わると答えた。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/us-consumers-see-recession-for-long-haul-6797/)または、URL(http://www.nielsen.com/media/2008/pr_081110.html)で知ることができる。
また、US Censusによる「ホリデー2008レポート」を紹介し、2008年のホリデー・シーズンの支出が2007年より5%下がって、平均US$775になると報告した。
Brand Keys社の社長Robert Passikoffは、「予期された支出の増加が今年ない。小売業者が、より少ない消費者を競争しているのを見るでしょう。」と言っている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/holiday-2008-sales-to-fall-5-6502/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/holiday-2008-sales-to-fall-5-survey/)で知ることができる。
Yahoo! Newsは2008年11月24日に、グローバルな財政危機がさらに悪化したので、ロシアでウオッカ売れていないと報告した。
2008年11月の始め、ロシアの国民的飲み物ウォッカの生産をより高速化していることから、備蓄工場が1年前の同時期より6倍多かったと、とアルコール産業のロビーと研究グループが2008年11月24日月曜日に報告した。
ロシアのNAA(National Alcohol Association)プレジデントPavel Shapkinは、「人々の可処分所得への財政危機の影響から、国民はお酒を含んで生活をセイブし、お金を残しておかなければならない」とロイターに言った。
NAAの調査によると、2008年9月にアルコール中毒による死者が1,458まで増加し、彼らが酔うために、より安い方法を見つけようとして、何人かのロシア人が危険なウオッカ代用品に変わったことで事故が多発していると言っている。
ロシア経済は、グローバルな財政危機から最大の被害者の中の1カ国になっている。
2008年5月のピーク以来株式市場は下落を続け、価値の約70%が消えた。
そして、労働者は一時解雇と賃金滞りで被害を受けている。
ロシア経済は、以前からバブリーであったと指摘されてきたが、ここに来て最悪になっている。
中国も大変な状況であるが、世界の携帯電話新機種採用が急速に遅くなり、世界の携帯電話の90%以上を作ってきた中国の経済は、さらにこれから悪化し、携帯電話大恐慌が来る。詳細情報はURL(http://news.yahoo.com/s/nm/20081124/od_nm/us_russia_alcohol;_ylt=Ajtb.9VwdiupKmQSr.MAmMgSH9EA)で知ることができる。
Bentonが2008年11月25日に、The Nationが2001年12月20日に発表し、2002年1月7日に公開した、トップ10の多国籍企業が、経済力と文化的な支配のために、宇宙を作り上げていると報告した「What's Wrong With This Picture?(どこに、この構造で問題があるのか?)」を紹介し、まさにこの構造が世界的に大きな問題を引き起こし始めていると報告した。
2001年12月20日当時のトップ10の多国籍企業には、Google社が無く、AOL Time Warner社、Disney社、General Electric社、News Corporation社、Viacom社、Vivendi社、Sony社、Bertelsmann社、AT&T社、Liberty Media社であった。
完全に我々を楽しませて、永久に半分知らせておくメディア・カルテルは、常にここで成長して、そこで無力になって、他のものがゆっくりバラバラに壊れるか、または新しい仲間としてメンバーに加えられる。
しかし、このトップ10プレーヤーが行ったり、来たりしている間−常に2、3の例外と共に−その他のトップで、無数の家庭、あらゆる通りで、全体的なLeviathan自体はより大きく、さらに拡大し、より明るく、常により多くの時間と空間をとり続けている。
これらのメディア・カルテルの高まりは、そして、そにはまた長い期間、若干の方法で行ったり、来たりしている。
それは異種で、米国文化産業の壮大な収束を意味し、世界的なスーパー産業になって、彼らの多くがすでに我々の大部分を独占していると報告した。
ところが、世界中はチェンジと言いだしている。
古い、もう読まれなくなったコラムの中で、この現在、起こっている構造的大問題を指摘している。詳細情報はURL(http://benton.org/node/19249)または、URL(http://www.thenation.com/doc/20020107/miller/print)で知ることができる。
CNNは2008年11月23日に、ガソリン価格は過去2週間で約33セント低下し、全米調査の結果、2005年3月以来初めにUS$2未満に下がった。
Trilby Lundbergが調査した「Lundberg Survey」によれば、米国の2008年11月21日金曜日の無鉛ガソリンはUS$1.97であった。
Trilby Lundbergによると、2005年3月4日が、US$2以下になった最後の時であった。
ガソリンが最も高かったのは2008年7月11日で、そのときはUS$4.11であった。
そして価格はそれ以来下がり続けている。
それでもガソリン価格高騰時に決めた値上げが2009年2月から始まる。
リアルタイム変動相場制を取れない業界団体は、国民に頼りっぱなしである。
この現象が、馬鹿げたことと考えない政治家がいたら、次の選挙で落選させるべきである。
どこかに、大悪党が隠れ、金をむさぼっている!
いくつかの業界団体は、補助金を受けている。詳細情報はURL(http://edition.cnn.com/2008/US/11/23/us.gas.prices.lundberg/)または、URL(http://www.gasbuddy.com/gb_retail_price_chart.aspx)で知ることができる。
cellular-newsは2008年12月1日に、電子通信市場は、経済苦難を提示するために免疫がない。
しかし、Frost & Sullivanの主席アナリストSharifah Amirahは、リアルタイム・コミュニケーションがビジネスでより必須になって、私たちの社会的な存在の不可欠部分のままで残っているのに応じて、機会は不気味に迫ってくる言ったと報告した。
Sharifah Amirahは、Telecoms産業は厳しい経済で、下降からおそらく獲得することになっている強い脚で立ち上がることができるわずかな産業の1つであると、指摘している。
Sharifah Amirahによって、「エンタープライズは危険を最小とし、経営効率を改良する。」
「中核業務と運用コストを下げる焦点は、ITと電気通信サービス・プロバイダーのためにドアを開ける。」と報告している。
失業率の上昇と、GDPの成長降下によって、エンド・ユーザーはやむを得ずエンターテインメントとディジタル通信により少ないお金を使っている。
アナリストは「減少している個人消費の観点から」「サービス・プロバイダのための短期間優先としての価格設定」を求め、中期、そして、付加価値が付いたサービスと革新的な配信は、成長モデルとして主要になる。
焦点が何年もの次のカップルより長生きすることにおいて、大変な状況のママ継続し、一層の地平線の光景はまだ保有されている。
この長い期間で、主要なテーマ移動性、コンテンツ、および帯域幅は拡大される。
Sharifah Amirahは「研究開発へのダイベストメント、強化、共同、および、より大きい投資」に近づく産業について見通し、堅固な原理があるサービス・プロバイダは、暴風雨を乗り切って、より流線型の実体に変形する。
まさに、進化できない動物が絶えていったように、ダーウィンの進化論が、通信事業者に起こると言うことになる。
ビジネス危険を共有し、より速攻投資収益率を保証すると、業者とサービス・プロバイダの両方が新しい機会で「monetise(貨幣化)」できる基礎が提供されると予測している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34898.php?source=newsletter)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年12月11日に、Fitch Ratingsによる「米国メディア、エンターテインメントの2009年予測」を紹介し、メディアとエンターテインメント産業の見通しは、2009年が特に暗く、景気後退、地方と国家の広告弱点が結合された効果、すべての主要な広告カテゴリーで広い弱点が表面化し、広告目録の増加であおられると予測した。
フィッチは、マクロベースで世界経済が2009年に厳しい世界的景気後退に直面していると予測した。
財政的な格付け会社は約-1%で、集合の主要な先進経済の中で、収縮が第二次世界大戦以来最も急な衰退を表すと予測した。
フィッチは、米国の実質GDPがおよそ1.2%減退すると予想し、インフレーションは2.7%になると予測している。
フィッチは、経済的弱点が2010年にまで広げるかもしれなくて、累積が影響するこの下降が2001のレベル(実物称呼で6%9%下がっている)にアプローチするかもしれないと予測した。
最悪経済時代の到来に、どのように対処するか!
最大の防御は、攻撃である!
経済状況と共に潰されないためには、今こそが、最大の攻撃時期といえる。
新しいビジネス・モデルは、このような時期に誕生する。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/television/fitch-grim-2009-outlook-for-us-media-entertainment-7148/)または、URL(http://www.businesswire.com/portal/site/google/?ndmViewId=news_view&newsId=20081203005695&newsLang=en)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11874)で知ることができる。
さらに、Maritz Research Canadaによる「Wal-Mart Canadaの買い物客レポート」を紹介し、オンラインで約2,000人のカナダ人を調査した結果、カナダ人の3分の2(66%)は、ウォルマートでホリデー商品を購入することを計画していると報告した。
また、カナダ人は2008年のホリデーシーズンに平均カナダ$571を費やす計画で、これは2007年の平均カナダ$663から、14%減っていると報告した。
そのうえ、70%のカナダ人は、購買の代価を払うためにデビットカードを含んで、現金を使用する。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/malls-cause-frustration-boredom-for-80-of-shoppers-7145/)または、URL(http://www.businesswire.com/portal/site/home/template.NDM/news/more/?javax.portlet.tpst=0b2c9a4dd5f89b80977dd367cc87b42f_ws_MX&javax.portlet.prp_0b2c9a4dd5f89b80977dd367cc87b42f_viewID=news_view_popup&javax.portlet.prp_0b2c9a4dd5f89b80977dd367cc87b42f_newsLang=en&javax.portlet.prp_0b2c9a4dd5f89b80977dd367cc87b42f_ndmHsc=v2*A1226408400000*B1229047606000*DgroupByDate*J2*L1*N1000837*Zwharton%20verde%20group&javax.portlet.prp_0b2c9a4dd5f89b80977dd367cc87b42f_newsId=20081209005982&beanID=202776713&viewID=news_view_popup&javax.portlet.begCacheTok=com.vignette.cachetoken&javax.portlet.endCacheTok=com.vignette.cachetoken)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11874)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年12月12日に、RBCによる消費者感覚「CASH(Consumer Attitudes and Spending by Household) Index」を紹介し、米国で、荒涼な経済ニュースで砲撃され続けていたとき、消費者感情は最安値に突入したと報告した。
総合的なRBC CASH Indexは12月に15.3になり、11月の34.7レベルから19.4ポイント下げ、2008年7月に達した最安値14.6に近づいていると報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/dec-consumer-confidence-near-six-year-low-7146/)または、URL(http://rbc.com/newsroom/2008/1211-cash-december.html)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/dec.-consumer-confidence-near-six-year-low-expectations-again-negative/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11885)で知ることができる。