2008年、米国大恐慌!?

USA 2008: The Great Depression


「食糧切符(Food stamps)は米国貧困のシンボルです。」といい、貸し渋りの時代では、記録的な2,800万人の米国人が、現在、生き残るために「食糧切符(Food stamps)」を受けていると報告し、世界で最も豊かな国、米国が経済大恐慌に直面しているという確かな「USA 2008: The Great Depression(米国2008: 大恐慌)」の証拠とEducational CyberPlayGroundが報告しています。

>> さらに詳細な情報はこちら