21世紀における情報通信ネットワーク整備


総務省の懇談会が2001年8月3日に発表した、最終報告としてe-Japan戦略の目標を達成するためには、過疎地域で「公共投資による光ファイバー網整備の推進が望ましい」として、光ファイバー・ネットワーク整備の公共事業化に踏み込んだ「高速・超高速インターネット全国普及推進プログラム」のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら