802.11v

IEEE802.11v


無線LANの信頼性、スループット、サービス品質の向上につなげる目的で、2002年から標準化が進められている802.11kで規定される測定情報を無線環境の管理に利用する方法を規定している規格の名称。802.11vにより、APがステーションにコマンドを発行し、別のAPまたはAP群のいずれか1台に接続するよう指示できるようになり、ステーションがサポートする無線チャンネルの報告に加え、出力範囲やデータレート、サポートされている認証タイプの通知をAPがステーションに要求するためのコマンドも提供される。また別のコマンドでは、APは指定したイベントが発生した場合に報告するようステーションに要求できる。また、802.11vで提供されるコマンドには、ステーションの省電力に役立つコマンドも含まれている。さらに、802.11vはビーコンとプローブ要求の数を削減できる。複数の基本SSID(Service Set Identifier)をサポートするAPは、SSIDごとにビーコンを送信する代わりに、1つのビーコンでSSIDを一括して報告できる。また、SSIDごとにプローブ要求を出す代わりに、すべてのSSIDを1つのプローブ要求で調べることが可能になる。802.11v委員会は追加機能の検討をさらに続け、IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会)は、2009年に正式に承認することになっている。