100Mbps街路灯インフラの提供計画


これまで、携帯電話に視点が向きすぎてきたが、欧米でも第2次広帯域革命(第2次ブロードバンド革命)時代に突入したことから、街路灯に帯域幅100Mbpsの通信キャビネットを設置し、ブロードバンド・サービスを提供する計画の総称。本格的な公共サービスとしての街路灯とインフラの合体計画として、暗い夜道を無くすことは、同時にインフラも整備されたことになる。このような一石二鳥の計画には、同時に多くの落とし穴があることも注意する必要がある。電子通信規制者Ofcomは2007年9月26日に、ネットワーク速度を上がらせるようにファイバーオプティックに投資する「次世代アクセスネットワーク」のために提案「Future broadband - Policy approach to next generation access」を発行し、多くの圧力をBTにかけている。詳細情報はURL(http://www.ofcom.org.uk/consult/condocs/nga/)で知ることができる。イギリスのPC Proは2007年9月25日に、BT(British Telecommunications)のOpenreach事業部がBT交換から街灯柱までの接続と、街路灯に帯域幅100Mbpsの通信キャビネットを設置し、サービスを提供する計画をしていると報告した。BTは、街灯柱と、その付近の家庭や企業にイーサネット接続で、高速ネットワークを提供すると言っている。BTのOpenreach事業部とは、エンドユーザーを交換機に接続するネットワーク・サービスを提供するBTアーム事業部で、通りを利用したアクセス・サービスには、高速インターネット接続を提供することと同様に、交通渋滞モニターなどのリモート遠隔情報の提供、スポーツ大会、音楽祭、および同様のイベントに提供する接続サービスなど、多くの用途があると分析している。ただし、今回の計画で、家庭や企業に通りとプラグを直接迂回させることは除外された。市内交換では、すべてのストリート・ファニーチャに隠された小単位で、インターネット・サービス・プロバイダが自社で、または賃貸されたBTハードウェアを使って繊維状に接続ネットワークを構築するすることが包括されている。そして、プロバイダには、これを販売するためのいくつかのオプションがある。 例えば、最も明白無線電信は、また、高速VDSL2ブロードバンドの提供に、ワイヤードなイーサネットかサブ・リングのアンバンドリングのオプションなどを用意している。Thinkbroadbandは、30人単位のユーザー・サービス間で共有されるなら、レンタルが1カ月あたり£9.50のような低額にできるかもしれないと見込んでいる。これは、£200で提供されてきた2MbpsのSDSLに十分対抗できる。ただし、このサービスでは最大20kmという制限があり、多くの農村地域が除外される。それにもかかわらず、イギリスの競争力のため活動しているスティーブン・ティムズ(Stephen Timms)が最近言った高速ブロードバンド・サービスが「不可欠である」を確実に開始したかもしれないという証拠になっている。しかし、Ofcomはアップグレードの費用を負担をそれほど多く国民にかける気はなく、その代わりに都市部で最速22Mbpsと、平均速度ははるかに低くなるが「21st Century Network」から、資金を捻出することにしている。しかし、イギリスのケーブルテレビ業者Virgin Mediaは、すでに先週、50Mbpsのサービスを提供すると発表している。詳細情報はURL(http://www.pcpro.co.uk/news/126258/bt-plugs-in-the-100-megabit-lamppost.html#)で知ることができる。