2008年Google大統領選

Googlection 2008


2008年の米国大統領選では、サーチ・エンジンを利用するようになり、候補がGoogleとYahoo!に関するキーワードを購入したと予想すると、1クリックあたりUS$0.10から0.25で候補が支持者からWebサイトまでを確実に管理できるようになることから、多くの民主党立候補者がサーチ・エンジンに関するキーワードを購入し始めたことから、呼ばれるようになった俗称。

>> さらに詳細な情報はこちら