2004年のCATV再編に伴う7つの現象

seven things that will change cable TV in 2004


Broadcasting&CableのJohn M. Higgins, Allison Romano, Bill McConnellが2004年5月2日にコラムで掲載した、米国の連邦政策に伴って2004年に行われるCATV再編について、考えられる7つの現象。巨大CATV企業は、さらに巨大化し、中小のCATVは消え、新しいCATV以外からのサービス競争が激化し、米国国営放送のNBCによる全米ネットワーク化を実現し、ゴールデン・アワーの視聴者数を倍加し、政府は倍加されたゴールデン・アワーを利用することになり、何100万の家族は、新しいDVRの購入を強要されることになるように仕組まれていると指摘した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA414509?display=Top+of+the+Week)で知ることができる。FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2005年5月17日に、CATVのオーナー・シップで矛盾が発生してきていることから、実証的証拠と理論上の正当化を求めて、「CATV所有権の実質的な枠組みの調査」「持続可能なCATV所有権限界と開発から、影響する可能性がある産業開発の調査」「CATV企業整理の関連、地理的な市場、特定のCATVで確立される経済基礎、直接な所有権の限界、潜在的利益、および害について調査」「制限を加えるための提案として、2001年の規則策定に添った生存力の調査」など、ルールを作成するためのプロセス調査を開始すると発表した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-258699A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-05-96A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-05-96A2.pdf)で知ることができる。

1) Some big cable companies will get bigger as they buy Adelphia, Cablevision Systems and/or Insight Communications.
2) A la carte pricing may mean the demise of some networks and increased costs to consumers for popular networks.
3) Increased competition from DirecTV with services like digital video recorders and Interactive-TV capabilities.
4) NBC's takeover of USA network.
5) With ''Queer Eye'' helping to double Bravo's prime time audience, all networks are trying to find the next big hit that will put them on the map.
6) Congressional pressure will get cable to reign in indecent programming.
7) By pushing new digital video recorders (DVRs) into millions of homes, cable operators are giving subscribers a degree of control that threatens to dramatically disrupt broadcast-network business.