2036年問題

西暦2036年問題

インターネットで繋がれたコンピュータ同士の時刻を同期させるために使われているNTPが32ケタまでしか経過時間を表現できないため、2036年2月6日午後3時28分16秒に0に戻り、1900年1月1日午前0時00分00秒になって、インターネットを利用した時間調整が全くできなくなる問題です。

>> さらに詳細な情報はこちら