4次元デジタル宇宙プロジェクト

4D2U


国立天文台が実施している、空間的にも時間的にも膨大で実感しにくい宇宙を、観測や計算機シミュレーションによって得られたデジタルデータを基に再構築し、それを立体映像に表現することで宇宙の理解を進める開発研究です。

>> さらに詳細な情報はこちら