1xEV-DV(1x Evolution Data and Voice)

CDMA2000 1xEV-DV


米国のクアルコム(Qualcomm)社が提唱している、CDMA技術を応用した携帯電話方式「CDMA2000」規格に含まれる「CDMA 2000 1xMC」仕様を改良した「CDMA 2000 1xEV」仕様の一部技術で、「CDMA 2000 1xEV-DO」がデータと音声を分けているのに対し、ほかの「CDMA 2000 1x」と同じ1.25MHz帯域を用いながら、音声通信とデータ通信を共存させる方式の規格の名称。最大5.2Mbps、平均1.2Mbpsの速度を実現し、QoS(通信品質)を保証するタイプのパケット転送(リアルタイム・パケット通信)で、1xEV-DVをサポートする「MSM7600」は2006年頃に出荷される予定である。 CDG(CDMA Development Group)はブラジルのリオデジャネイロで開催される「2005 CDMA Latin America Regional Conference」に向け、2005年4月19日にカリブとラテンアメリカの第3世代CDMA2000普及状況レポートを公開した。カリブとラテンアメリカでCDMAは急速に普及し、毎年30%の伸びを記録し、加入者ベースはすぐにTDMAに移行すると楽観的な憶測を報告している。また、カリブとラテンアメリカの18カ国には、31のCDMA2000事業社があり、それらの多くが1xEVへ移行する準備段階にあり、すでに6つ社が1xEVへ移行して提供を開始していると報告した。詳細情報はURL(http://www.cdg.org/news/press/2005/Apr19_05.asp)で知ることができる。2005 CDMA Latin America Regional ConferenceについてはURL(http://www.networkeventos.com.br/cdma_conference/)で、GSM Leads CDMA Wireless in Latin AmericaについてはURL(http://www.3g.co.uk/PR/August2004/8194.htm)で知ることができる。米国のBroadcom社は2007年6月7日に、ITC(米国国際貿易委員会/United States International Trade Commission)がQualcomm chipsの製品がライバルのBroadcom社によって所有されていた特許を侵害していることを明確にしたことから、米国で販売される新しい携帯電話はQualcomm chipsを使用することができなくなったと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcom.com/press/release.php?id=1013134)で知ることができる。ただし、ワシントンポスト(WashingtonPost)は2007年6月7日に、携帯電話のためのチップ・メーカークアルコム(Qualcomm)社によって作られた半導体は、既に市販されている受話器での販売は継続できると、ITCは言っている。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/06/07/AR2007060702245.html)で知ることができる。informationWeekは2007年6月28日に、Qualcomm社が禁止令と戦い、ITCオーダーの実施を延滞するように米国控訴裁判所に頼むと報告している。詳細情報はURL(http://www.informationweek.com/news/showArticle.jhtml?articleID=199902834)で知ることができる。
cellular-newsは2008年9月7日に、RNCOS(Research & Consultancy Outsourcing Services)からのレポートによると、WCDMAとCDMA2000を使用している3G加入者の総数は2007年前年に45%成長し、6億を越えたと報告した。
2007の間の3G加入者の数の上昇は、3G技術の魅力的な特徴のためで、速度とワイヤレス・インターネット・アクセス、ビデオ会議などを含ん、さまざまなモバイル・アプリケーションが提供した有効で高いデータ・サービスであったと報告している。
レポートによると、日本、韓国、および米国が、総3G加入者ベースの加入者の大多数のためのを占め、CDMA2000アカウントは急速に技術を受け入れた。
同じ傾向は近い将来、WCDMAだけを支えるために予期され、加入者ベースの中で、より高い成長率を目撃すると報告している。
世界中でCDMA2000技術を使用している3G加入者の総数が、2008年から2010年に、CAGRで23%の成長が予想されている。
レポートには、CDMA2000規格における成長は、明らかに、グローバルな3G加入者市場を支配し続けるが、西欧ではWCDMA技術が3G市場の焦点のままで残っているため、異なった傾向を示すと書いている。
そのうえ、HSDPA(High Speed Downlink Packet Access/ハイスピード・ダウンリンク・パケット・アクセス)のWCDMAネットワークのダウンリンク性能を向上させる技術が近い将来本格化され、 WCDMA技術の需要を増強しそうであると報告している。
CDMA加入者の数は、2008年から2010年まで、CAGRで50.7%の成長を予測している。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/33474.php?source=newsletter)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10985)で知ることができる。