1999年3月15日に発表したルール&マナー集/目次


目次
総則各論

1 基本事項
1.1 一 般的な注意☆
1.2 自己責任が原則であること★
1.3 文字による通信が主体となること★
1.4 会員規定をよく読むこと☆
2 セキュリティ
2.1 パスワードを管理すること★
2.2 パスワードの管理方法★
2.3 他人のユーザIDを使わない★
2.4 プライバシーの守り方★
2.5 コンピューターウィルスに注意する★
2.6 コンピューターウィルスへの対策★
2.7 不正なネットワーク利用はしない☆
3 関連法規
3.1 著作権の侵害
3.2 商標の使用
3.3 肖像権の侵害
3.4 プライバシーの侵害
3.5 他人の社会的評価にかかわる問題
3.6 わいせつな文書や画像の発信
3.7 風俗営業
3.8 ねずみ講
3.9 未承認医薬品等の販売、広告
3.10 通信販売
3.11 個人情報の保護
4 電子メール
4.1 通信の注意★
4.2 電子メールのチェック☆
4.3 通信相手を選ぶ☆
4.4 電子メールの文章の書き方☆
4.5 題名(タイトル、サブジェクト)のつけ方☆
4.6 使用する文字やメール形式の注意☆
4.7 宛先を確認する☆
4.8 ファイルを添付する☆
4.9 チェーンメールに注意する☆
4.10 セキュリティに気をつける★
4.11 虚偽の情報に注意する★
4.12 返事が遅くても怒らない☆
4.13 不愉快な電子メールへの対処 ★
4.14 受信した電子メールを公開しない☆
4.15 ダイレクトメールに関して☆
5 電子掲示板・ニュースグループ・メーリングリスト
5.1 利用の注意☆
5.2 はじめての参加にあたって☆
5.3 題 名(タイトル、サブジェクト)のつけ方☆
5.4 発言には責任を持つ☆
5.5 初心者の失敗には寛容に☆
5.6 アドバイスは謙虚に聞く★
5.7 相言をよく読む★
5.8 他の発言にコメントするときの注意☆
5.9 メーリングリストでの返信☆
5.10 質問をする時の注意☆
5.11 多様性を認める☆
5.12 一方通行の書き込みはしない☆
5.13 マルチポストをしない☆
5.14 議論が沸騰している時ほど冷静に☆
5.15 誹謗・中傷しない☆
5.16 個人情報に注意する★
5.17 他人のプライバシーに配慮する☆
5.18 わいせつな画像や文章を載せない☆
5.19 運営管理に協力する☆
5.20 メーリングリストの購読中止☆
6 ホームページ
6.1 内容の信頼性★
6.2 有料か無料かの確認★
6.3 有害なホームページ★
6.4 ホームページ閲覧における法律上の注意★
6.5 作成したホームページの内容に責任を持つ☆
6.6 ホームページの更新日を表示する☆
6.7 作成者の連絡先★
6.8 ホームページ上の電子掲示板★☆
6.9 著作権を侵害しない☆
6.10 誹謗・中傷しない☆
6.11 個人情報に注意する★
6.12 他人のプライバシーに配慮する☆
6.13 わいせつな画像や文章を載せない☆
6.14 ホームページの表示☆
6.15 ファイルサイズの表示☆
6.16 リンクの取り扱い☆
7 オンライン・ショッピング
7.1 オンライン・ショップの注意★
7.2 トラブルの相談窓口★
用語解説総則

(c)1999 Electronic Network Consortium


Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
NCLのプライバシー問題報告
1998〜2003年の電子メール広告の効果結果と予測
オンライン・ショップと中卸業
オンラインの冷やかしと商人の戦い
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
タイプ別オンライン・ショップの割合
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
2000年年末商戦のカテゴリー別販売実績
Price water Houseの2000年年末オンライン・ショッピング調査結果
2000年と2001年の業種別オンライン・ショップ低迷現象
E-Mailと著作権
米国のNPRCの個人情報アーカイブ構築タイムライン
オンライン・ショッピングを利用する層と販売商品ランキング
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
ユーザーがオンライン・ショッピングを止めた理由(Vividence社調査)
Websense社が2001年11月29日に発表した不愉快サイト調査結果
コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポート
コンピュータ・セキュリティの進化にともなう批判とリスク
Net Imperativeが2004年7月に公開したE-tail Report