MUSEデコーダー

MUltiple sub-nyquist Sampling Encoding decoder

ミューズ・デコーダ

アナログ信号をデジタル信号にする信号復調機の総称。日本のハイビジョンは画像信号をすべてデジタルに変換すると信号量が膨大になるため、画像の信号を電波に変換して離れた場所に飛ばす伝送工程だけをアナログ方式にしている。テレビに入力したこのアナログ信号をデジタル信号に戻すときにMUSEデコーダーを使っている。欧米などの次世代高品位テレビ(HDTV)は、すべてにデジタル方式を採用することが決定したため、日本でもすべてデジタル方式にすることが検討されている。日本ビクターは、第4世代MUSEデコーダーLSIにより、ハイビジョン映像も色ずれを抑えて鮮明に再現でき、水平解像度約450本の高画質で表示するM-Nコンバーター機能を内蔵し、ハイビジョン放送を現行のテレビ放送信号に変換するMUSEデコーダーHV−MD2を1996年12月に発売した。またインターネット上には、「放送業界用語辞典」のURL(http://www.sakai.zaq.ne.jp/plaza_hoso/gyokai%20.html)がある。