MRI(Magnetic Resonance Imaging)

核磁気共鳴画像装置/超電導式磁気共鳴画像診断装置/永久磁石型磁気共鳴画像診断装置

人間の成人は約60%が体液であり、そのほとんどが水であることから、水に含まれる水素原子の原子核の磁気共鳴を利用して画像を抽出する装置で、水素原子核はさまざまな方向に向かって回転しているが、強力な磁場に置くとその磁場に向かって方向を変え、ふらふらした独楽のように味噌スリ運動を始める。そこに垂直に高周波をかけると、水素原子核は新しい磁場の方向に倒れ込み、高周波を切ると水素原子核も元に戻るくせがあり、その元に戻るときに弱い電磁波を出す。ただし、元に戻るまでの時間は周囲にある他の原子核の状態によって異なるため、電磁波を検出することでこの時間差を割り出して画像にすると、病変した部分が判明する。オランダのフィリップス・エレクトロニクス(Philips Electoronics)社は、ファンクショナルMRIを利用して、脳卒中で言葉を発することも、体を動かすこともできなくなったジョージア州の全身まひの男性が脳の動きでコンピューターを操作し、外部とコミュニケーションすることに成功したことを1998年11月29日に発表した。また視覚障害者のための文字コードの歴史についてはURL(http://www.nyise.org/blind/)にHistory of Reading Codes for the Blindというホームページがある。東芝メディカルは、1999年9月に発売した「MRT-2000」をベースに、傾斜磁場システムの性能を約3倍に高める(当社比)とともに、コンピュータシステムを高性能化し、画像データの処理速度を約5倍に高速化(当社比)することなどによって、画像診断能と検査スピードの向上を図り、検査の際に発生する騒音を聴感で90%カットする独自の静音化機構Pianissimo(ピアニシモ)を搭載し、1.5テスラMRI(超電導式磁気共鳴画像診断装置)EXCELART(エクセラート)シリーズの最高級モデル「MRT-2001」を商品化し、2000年3月10日に発売した。詳細情報はURL(http://www.toshiba-medical.co.jp/)で知ることができる。通信総合研究所は、北里大学、慶應義塾大学、東京都立大学大学院との共同研究でMRIを利用して、男性で866枚、女性で804枚のデータから、日本初の平均的日本人全身の数値モデルを作成した。このモデルは、小さなブロックにより人体を形成し、さらに各ブロックには、1つずつ脳、筋肉、骨、内蔵といったような、人体を構成する50種類以上の組織情報を対応づけ、人体の情報を完全に数値化したモデルとなっている。また、NASAでは、MRで発生する流体の力学的作用を建築や工作物に利用する実験について情報を公開している。詳細情報はURL(http://science.nasa.gov/headlines/y2002/23aug_MRfluids.htm?list73602)で知ることができる。経済産業省は2003年8月18日に、平成15年度「医科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について、平成15年度「歯科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について、平成15年度「薬科分野の情報システム構築事業」の公募の結果についてを公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/information/data/c30818aj.html)または、URL(http://www.meti.go.jp/information/data/c30818bj.html)または、URL(http://www.meti.go.jp/information/data/c30818cj.html)で知ることができる。New Scotsman / Natureは2005年9月22日に、イギリスの科学雑誌「journal Nature」からの情報としてMRIを使った嘘発見器は犯人を確定するのに十分信頼できる結果を得たと報告した。この研究は、MRI(magnetic resonance imaging/磁気共鳴映像法)を使って脳の前頭葉をスキャンし、神経科学者は嘘を真実から切り離すために近い100%の正確な方式を開発したと報告している。科学者によれば、人がうそを言うとき前頭葉をより活発にするという。その脳活動をMRIでスキャンして分析することで、99%トの精度と同一視することができるアルゴリズムを開発したというのである。詳細情報はURL(http://news.scotsman.com/scitech.cfm?id=1975472005)で知ることができる。またnatureの「後悔を避ける脳機能」はURL(http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/nn.php?id=1284)にある。オランダのRoyal Philips Electronics社は2006年6月15日に、MRIやRF(Radio Frequency)技術で知られるIntermagnetics(Intermagnetics General Corporation)社の1株当たりUS$27.5(US$総額13億)の現金を支払うことで、買収することに満場一致で合意したと報告した。詳細情報はURL(http://www.newscenter.philips.com/about/news/press/article-15447.html)で知ることができる。newscientistは2006年6月27日に、新しい研究によると、母国語が脳でどのように数学の難問を解決するかを決定するかもしれないと報告した。脳キャンは、数を比較して合計するとき、中国語を話す人が英語を話す人より視覚領域を当てにするのを明らかにした。研究者は、私たちの母国語が私たちの脳の問題解決サーキットが展開する方法に影響を及ぼすかもしれないことを提案した。しかし、彼らは、文化、または遺伝子によって異なった教授法や方程式が異なって解決するために中国人と英語を話す人の脳を比較してしまったかもしれないと言い足している。しかし、調査結果は、教育者が若い学生に数学を教える最も良い方法を特定することを助けることができるかもしれない。 ただし、北米の工業学校と技術会社のリーダーは、中国と日本の子供と比較してコンピュータ能力で遅れることを心配している。この研究は2001年に出版されたJournal of Experimental Psychology, vol 130, p 299で最初の研究を知ることができ、最新の研究では、中国の大連工業大学でYiyuan Tangの指導で、20代男女12人の中国語を母国語とする地元大学生と、米国、オーストラリア、カナダ、およびイギリスから英語を母国語とする20代男女12人を募集し、最初にアラビア数字2つを提示し、その合計が3番目のケタで提示された数字と同じかどうかを英語でテストし、その反応をMRI (Magnetic Resonance Imaging)でスキャンしてテストした結果を紹介し、アリゾナ州フェニックスのBanner Good Samaritan Medical Centerに所属するEric Reimanは、「英語を母国語とする人は単語の意味にかかわる追加脳の周辺をさらに当てにしているが、中国語を母国語として話す人は視覚外観と数の物理的な操作にかかわる追加脳の周辺をさらに当てにして答えていた」と報告している。明確に、中国語を話す人はvisuo-premotor協会ネットワークと呼ばれる視覚的、そして、空間的な脳のセンターにより多くの活動を持っていました。 英語を母国語とする人は脳の左の半分のperisylvian皮質として知られている言語ネットワークで、より多くの活動を示しました。明確に、中国語を話す人はvisuo-premotor association networkと呼ばれる視覚的、そして、空間的な脳の中央部より多くの活動をし、英語を母国語とする人は脳の左の半分のperisylvian皮質として知られている言語ネットワークで、より多くの活動を示していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article/dn9422?DCMP=NLC-nletter&nsref=dn9422)で知ることができる。疲れたコンピュータ・ユーザーのために、いつやめるかを指示してくれる「はちまき」をInformationWeekが2007年10月12日に紹介してきた。詳細情報はURL(http://www.informationweek.com/news/showArticle.jhtml?articleID=202401723&subSection=News)で知ることができる。タフツ大学(Tufts University)のコンピュータ・サイエンスロバート・ヤコブ(Robert Jacob)教授と医用生体工学セルジオ・ファンティニ(Sergio Fantini)教授チームは脳の感情的な状態を測定するため、近赤外分光法センサーを使用して、脳で血液酸素処理レベルをモニターするハイテク鉢巻きを開発した。タフツ大学(Tufts University)チームが開発した「はちまき」を利用することで、パソコンを使っている人のストレス尺度を測定し、ひどく疲れているか、意識散漫になり始めているか、まだ明確に反応できるかを示してくれ、この研究は「 ACM Symposium on User Interface Software and Technology」として、NSF(National Science Foundation/米国科学財団)からUS$445,000の交付金を受けて開発された。この技術は、脳の感情的な状態に関するリアルタイムの洞察を獲得するためにMRIのような「はちまき」の使用が伴い。この技術は、研究の長期目標として、普通のコンピュータ・ユーザーのためにユーザー・インタフェースを改良することで、コンピュータ・ユーザーだけではなく、もちろん航空管制官、軍事作戦本部、パイロットなどにも利用できるかもしれない。技術解説は、URL(http://www.cs.tufts.edu/~jacob/papers/uist07.poster.pdf)で知ることができる。チームは、機能的な近赤外分光法(fNIRS)を使用して、技術が安全で、携帯用の非観血であると言っている。「はちまき」の上のセンサは追跡されるために額への赤外光、そして、可能な酸素処理を送るレーザー・ダイオードが取り付けられている。


Royal National Institute for the Blindが視覚障害者のために開発した初期の点字
電磁波の波長と技術開発
電磁波の種類
1840年〜1847年にLaas d'Aguanが製作した世界最初の視覚障害者用地図
オランダの若いインターネット・ユーザーの傾向
開発した全身数値モデル(左:成人男性、右:成人女性)の断層画像
開発した全身数値モデル
男性モデルを用いた携帯電話使用時の電磁界解析結果例
男性モデルを用いた携帯電話使用時の電磁界解析結果例
携帯無線機を胸ポケットに入れている場合の人体周辺の電界強度分布
SFSUが公開した身体的に不自由な人をサポートする歴史
MRの流体発生原理
MRの流体発生原理アニメーション-1
MRの流体発生原理アニメーション-2
NISTが触覚化したデジタル画像とディスプレイ
平成15年度「医科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「歯科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「薬科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
Illustrirte Zeitung1845年2月1日号に掲載されたLachmann教授が開発した点字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用幾何学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用数学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用計算機
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された視覚障害者用タイプライター
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された1838年崩壊したPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したAnton Dolezalek
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したValentin Hauy
再建されたPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-1
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-2
Illustrirte Zeitung1852年4月17日号に掲載された眼鏡
外務省が2004年7月9日に公開した障害者権利条約の作成議論概要
Illustrirte Zeitung1856年5月10日に公開された分解画像眼鏡広告
ステレオ眼鏡広告
厚生労働省が2005年5月10日に公開した「障害者自立支援法案について」
Stanford Universityが公開したMRIを使ったBIRN Image
オランダのRoyal Philips Electronics社が2006年6月15日に公開した3D MRI映像
「脳」の疲れを測定する「はちまき」の技術解説
シップ・オーシャン財団が配布した当時の資料写真と「超電導電磁推進船(Superconducting Electromagnetic Propulasion Ship)」という解説書