MA(Multi Audio)

エム・エー

ビデオのような映像には通常、L・Rというステレオの音声トラックがある。しかし、ビデオ作品などをつくりあげる段階では、フィルムに合わせたセリフや音楽、サウンド・エフェクト(効果音)など音声素材がたくさんあり、とてもステレオの音声トラックだけでは足りなくなってしまう。そこでVTRから同期信号をもらい、音声トラックだけをトラック数の多い別なマシン(MTR)で編集しようとする考え方。同期させるMTRのトラック数や台数によって、数多い音声トラックをもつことができる。最近では音声の記録媒体に、従来のアナログテープではなく、ハードディスクのようなコンピュータ関連機器を使う、デジタル・オーディオでシステムを構築する場合が増えてきている。本来、MAという言葉はマルチ・オーディオを指す和製英語で、海外ではサウンドあるいはオーディオ・ポストプロダクションと表現される。とくにMA作業のことをオーディオ・スイートニングと呼ぶこともある。