Monetization

収益化


「monetization」とは本来、「貨幣鋳造」「通貨制度」という意味であったが、Web2.0の登場で、お金を稼ぐという直接的な考えではなく、お金が湧き出て来るような仕組みを構築し、自然に収入につながるようにすることで、これまでのように単価の高いビジネスではなく、細かい部分で収入を確保し、それが繰り返されることで意識しないまま収入につなげるようにする。例えばGoogleの「AdSense」やアフィリエイトなどを利用し、お金を支払ってくれる人を知らないまま、収入を確保することで、PaidContent.orgは2006年3月28日に、MediaPostが主催したOMMA Hollywood conference(OMMAハリウッド会議)で、EVP, Digital Media, ABC Television GroupのAlbert Chengがパネルで基調講演をし、さまざまなことについて話したが、その半分は問題発言でほとんど役に立たなかったが、YahooとGoogleのディストリビュータとしての役割についての話しは、面白かったということでMP3で公開した。そのスピーチでは、「これまでのように広告代理店が中間マージンを抜いてきたことを、YahooとGoogleは許さず、広告市場を細かく断片化し、さいの目状態で広告を販売し、コンテンツに広告主が直接広告を掲載することを可能にしたことで、正しい消費者を対象にした広告を提供できるようになった。」「しかし、ここで大きな問題はビデオ広告を可能にすることで、それができなければ広告主にとって救世主にはなれない。だからこそ、YahooとGoogleはブロードバンド・インターネット接続で、参入を求めている。」「しかし、満足できる環境を得るために投資することは非常に高価であり、それら自身を生産する代わりに、彼らはその環境の借りたがっていて、私たちがそのくだらない問題を抱えてしまった理由です。」「広告で支持されたプログラミングサービスでは、私たちは、中抜きするのを許容しないことを好むでしょう。私たちのコンテンツからの広告主。 私は、エンターテインメント媒体の中で包装された広告主が結局検索を支払うより有能であると信じています。」とスピーチしたと解説している。大手広告主の中間マージンを無くし、広告を細切れにして、将来は、ビデオ広告も配信できるようになるということは、大手広告代理店から反発を受けるか?それともテレビの広告に参入したように、それらも大手広告代理店が管理し、やはり中間マージンをむさぼり続けることができるか?が大きなテーマであるが、非常に面倒なことを大手広告代理店が求められるようになり、大手広告代理店が、インターネット広告に参入しないのは、その面倒さを嫌ってのことであるが、これまでと違って、そろそろ明確でない広告から、広告効果にしたがって広告料を支払う時代が求められ始めるようになる。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/audio/albertabc.mp3)で知ることができる。ブロードバンド関連のブログを書いているOm Malikが「Om Malik's Blog」で、マウンテンビューのMetroFiの代表で共同設立者のChuck Haasが5年後には全米の主要な地下鉄や都市とその郊外でWi-Fiが利用できるようになると予測したと報告した。さらに10年後には全米のほとんどの地域でWi-Fiが利用できるようになると解説している。さらに、Business 2.0に向けてのストーリーとして、The Google Netがmonetizedされるようになっていると予測している。 詳細情報はURL(http://gigaom.com/2006/03/27/5-years-for-nation-wide-wifi/)で知ることができる。